【BRAND NOTE】後編:落ち込んだとき、答えが見つからないとき、ヒントをくれる『PEANUTS』の世界

編集スタッフ 寿山 編集スタッフ 寿山

IMG_0019_trim

スヌーピーの魅力を全2話でお届けしている、BRAND NOTE「PEANUTS」編。

前編では、スヌーピーが登場するコミック『PEANUTS』のおもしろさや、スヌーピーのキャラクターとしての魅力について、イラストレーターの平澤まりこさんをゲストにお迎えして対談しました。

後編では、スヌーピーをもっと知りたいと思った方に、ぜひ見ていただきたい「スヌーピーミュージアム」のハイライトをお届けします。

前編に続いて、自他ともにスヌーピーファンと認める平澤まりこさんと一緒にミュージアムを巡ります。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

マンガを読むように楽しめるミュージアム

IMG_0335_trim▲このミュージアムは、アメリカにある「チャールズ M. シュルツ美術館」の、世界初の分館です

私は「スヌーピーミュージアム」を初めて訪れたとき、 “マンガを読んでるみたいで、楽しかった” という所感を抱きました。

展示されていたのは「もういちど、はじめましてスヌーピー。」というコミック『PEANUTS』の原画展です。

“原画展” と聞いて「素人が見ても理解できるのかな?」と、どこか遠い存在に感じていました。

ところが私の安易な想像をよそに、展示は誰もが楽しめる、シンプルでワクワクする内容だったのです。

 

もっと「スヌーピー」のことを知ってもらいたくて。

IMG_0029_trim

「スヌーピーミュージアム」の仕掛け人は、書籍の出版や展覧会の企画を手がける「ブルーシープ」代表、草刈大介(くさかりだいすけ)さん。

過去に「ミッフィー展」や「エリック・カール(『はらぺこあおむし』作者)展」などの絵本展のほか、デザイン関係の展示から絵画展の企画まで、広く活躍するプロデューサーです。

草刈さん:
「スヌーピーファンでも、実はよくスヌーピーのことを知らないケースが多い。キャラクターとして好きでも、コミックはあまり読まれていないようです。

そんな人も含めて、たくさんの人にスヌーピーやコミックのことをよく知ってもらって、もっと好きになってもらいたい。そんな想いで企画しています」

仕事を通してコミック『PEANUTS』の深い魅力に気付いたという草刈さんに、館内をガイドしていただきます。

 

これがチケット?そのまま飾れそうなデザインです

IMG_0022_trim

まず嬉しかったのが、受付でもらうチケットに、来館日と同じ日の新聞に掲載されていた4コマ漫画が描かれていること。

「私の好きなチャーリー・ブラウンが登場する回だ」と、平澤さんもテンションが高まります。

最初の展示スペースで迎えてくれるのが、4コマ漫画を用いた立体アート。モノクロの濃淡を駆使して、スヌーピーとチャーリー・ブラウンが描かれています。

IMG_0050_trim▲約4500枚の4コマ漫画を立体的に組み合わせて作られたアート

_MG_2765▲立体アートに使われている4コマ漫画

IMG_0068_trim▲前出の立体アートと犬小屋とスヌーピーの展示は、撮影可能スポットです

 

スヌーピーを、あまり知らなくても大丈夫。誰もが楽しめる原画展

IMG_0072_trim

それから原画の展示がはじまる前に、ミニシアターへと案内されます。

そこで上映される、原画をつなぎあわせて作られた3分間のアニメーションで、一気に『PEANUTS』の世界へと引き込まれてしまいました。

私は取材の前に、コミックの知識がまったくない状態で展示を見たのですが、『PEANUTS』というコミックを読むように原画を楽しめたことが新鮮でした。

さらに作者であるチャールズ M. シュルツが幼少期に飼っていた、風変わりな犬のエピソードなども紹介されていて、スヌーピーの原点を垣間見ることができます。

IMG_0085_trim

平澤さん:
「直筆の原画には、描いたときの作者の情熱がこもっています。たとえ絵の知識がなくても、そのパワーは感じられるのではないでしょうか」

草刈さん:
「僕もはじめて原画を見たときの驚きと感動は、今も忘れることができません。

想像をはるかに超える大きな紙に、濃淡のある伸びやかな線で、墨絵のような原画が描かれていて。

スヌーピーをはじめとしたキャラクターのデザインも、シンプルですばらしかった」

原画3_フライング・エース
原画1_プレーリードッグのまね

草刈さん:
「2013年に六本木の森アーツセンターギャラリーではじめてスヌーピーの原画展をやったときは、あらゆる年代の客層から、予想以上の反響がありました。

今回の展示は、そのときよりクオリティも上がっているし、もっと良くできています。ぜひ多くの人に見てほしいです」

IMG_0100_trim▲「ごはんをもらったときに踊るスヌーピーの “ハッピーダンス” が大好きです」と平澤さん

原画をただ見せるだけでなく、その横に大きなアニメーションが映し出されていたり、30〜40代の女性であれば、どこかで見たことがある懐かしいグッズの展示があったり。

見る者を飽きさせない工夫も感じました。

IMG_0126_trim

平澤さん:
「原画はもちろん、どこにも発表されていない作者のスケッチまで展示してあって、見応えがありました。

それにワクワクする演出もいっぱい。ぜひスヌーピー好きの母と一緒に、また訪れたいです」

 

子どもがよろこぶ仕掛けも随所に

IMG_0168_trim

さらに、館内には子どもと一緒に楽しめそうな要素も。ぐるぐる迷路のように回遊できるパーテーションや、どこからかスヌーピーが現れそうな足跡。

IMG_0131_trim_2

スヌーピー型のぞき窓の向こうにあるユニークな展示など、「うちの2歳の娘もきっとよろこぶ!」と思えるユーモアが、随所に感じられました。

IMG_0155_trim

草刈さん:
「僕もじつはスヌーピーの大ファンというわけではなかったんです。

仕事を通じて、コミックに登場するスヌーピーをはじめとしたキャラクターたちのこと、それに作者のことも深く知って、もっともっと好きになりました。

スヌーピーのキャラクターとしての魅力はもちろん、コミックで描かれているユーモアや人の弱い部分、人生で向き合わなければならないテーマなど、人間味あふれるストーリーの面白さも知ってもらいたい。

世界を見渡しても、これほどまでに愛された漫画はありませんから」

IMG_0142_trim▲インパクトのあるスヌーピーのぬいぐるみで作ったシャンデリア

 

「スヌーピーと出会えてよかった」と、大人が思うのはどうして…?

今回の取材で、さまざまな立場からスヌーピーのことを想い、大切にされている方々と時間を共にしました。

皆さん “スヌーピーと出会えてよかった” と口々に話していたことが印象的。私も似たような気持ちでこのひと月を過ごしています。

どうして大人たちはスヌーピーを知って、よかったと思うのでしょう?

IMG_0167_trim

前編で対談した原作の内容で、平澤さんが励まされた「上を見続ける……それが人生のコツさ」。私が勇気をもらった「正しい答えが人生のすべてじゃないでしょう?」。

どちらの考えにも、落ち込んだときに力づけてくれたり、ずっと抱えてきた悩みを晴らすきっかけをくれたり、人生を生き抜くヒントが秘められていました。

家族や友人に言われたら素直に受け止められないことでも、スヌーピーや子どもたちの言葉だと、不思議なくらい腑に落ちる。

すべては作者であるチャールズ M. シュルツの綿密なからくりなのかもしれません。その手のうちで、どれだけの人が幸せになったのだろう……そう思うと、偉大な作品と思わずにいられないのでした。

 (おわり)

[information]
スヌーピーミュージアム
東京都港区六本木5-6-20
10:00~20:00(入場は19:30まで)
会期中無休(12/31、1/1・2をのぞく)
Tel. 03-6328-1960(10:00-20:00)

4/22(土)より開館1周年を記念した新しい展示がスタート。ミュージアムやショップ、カフェの詳細はこちら↓
http://www.snoopymuseum.tokyo/

IMG_0335_trim▲2018年9月までの期間限定のミュージアムです。半年ごとに入れ替わる展示は、どれも見逃せない内容。

© Peanuts Worldwide LLC

【写真】平本泰淳(6、10枚目以外)


もくじ

第1話(3月29日)
平澤まりこさんの心を動かす、スヌーピーと小さな子どもたちの世界。

第2話(3月30日)
落ち込んだとき、答えが見つからないとき、ヒントをくれる『PEANUTS』の世界

 

profile_futura_lineblack

profile_hirasawasan

平澤まりこ(イラストレーター)

雑誌や書籍などで、挿絵や装画などを描く一方、その暮らしぶりやセンスが見込まれ、自身のエッセイや単行本も手がけている。近著『しろ』(ミルブックス)は、モデルの浜島直子さんなどとの共著で、銅版画による大人の絵本。

 

profile3

草刈大介(「ブルーシープ」代表)

プロデューサー。新聞社で展覧会事業を担当。「ミッフィー展」などの絵本展、「スヌーピー展」「機動戦士ガンダム展」などの漫画やアニメーション関係、「ブルーノ・ムナーリ展」などのデザイン関係、そのほか「マウリッツハイス美術館展」などの絵画展を担当。2015年「ブルーシープ」を設立。

brandnote_B_3

brandnote_A_3


本日の編集部recommends!

これからの洗剤選び
一番よく着る服が、一番きれいにしたい服。 [SPONSORED]

本日の再入荷
マリメッコのミニトートが再入荷!炊飯用土鍋やすり鉢などキッチンアイテムも入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像