文字の少ない本屋

2017年8月16日(水)

【文字の少ない本屋】今月の一冊は、「迷子のススメ?」

編集スタッフ 斉木 編集スタッフ 斉木

DF2_0027_title

いらっしゃいませ。「文字の少ない本屋」へ、ようこそ。

この本屋では、毎月、わたしたちがいま読んでほしいと思う一冊をご紹介しています。

読みたいときにさっと手に取れるほど気軽だけど、読み終わったあとじんわりとこころに沁みてくる。

お届けするのは、そんな言葉と出逢えるたった16ページのリトルプレスです。

 

さて、今月の一冊は……?

DF2_0120_1

最後に迷子になった日のことを、憶えていますか?

目の前のものを夢中で追いかけていただけなのに、気づいたらひとりぼっちになっていた、あの心細さ。

子どもだけでなく、オトナだって、迷子になります。そして、オトナの迷子は、ときに予期せぬプレゼントをもたらすことも。

今回ご紹介する1冊は、オトナのおしゃべりノオト「迷子のススメ?」。

実際にこの本を読んだ、年齢も性別も違うスタッフ3名のこころには、どんな言葉が響いたのでしょう。それぞれに気になった言葉を教えてもらいました。

 

type_green_01

DF2_0150_1−どんな仕事に臨むときも、自分の内側にはその裏テーマを持っていよう−

お客様係 上山(45歳・地図が読めない)
「大事なのは、自分独自のモノの見方や考え方を、どんな場面でも持ち続けること。それが個性となるのだから」

 

type_green_02

DF2_0146_1迷ったとき、行くのは右でも左でもいいんだよ−

スタッフ 山根(31歳・迷宮には率先して入る)
「『絶対右だ!』とか『左には行きたくない』という気持ちのせいで、迷子になっていたことが僕にもあったなぁ」

 

type_green_03

DF1_6690_1_1_1−変わることも大事だけど、変わらないことも大事−

編集スタッフ 斉木(28歳・よく外国人に道を聞かれる)
「前に進むためには変わらなきゃと思い込んでいた、わたしの肩の力を抜いてくれました」

 

言葉との偶然の出逢いを求めて

これを知りたい!と、本腰を入れて開く本もいいけれど、偶然手に取った本の中で、その時の自分にぴったりな一言と出会えるのも、読書の楽しみのひとつです。

あなたのこころに響く、言葉との出逢いがありますように。

また来月、「文字の少ない本屋」でお待ちしております。

DF2_0079_1

(本のより詳しい中身はこちらをご覧ください)

 

▼当店の書棚はこちらhonya_shodana_170816

▼開店までの想いはこちらからhonya_pro_170816


本日の編集部recommends!

当店でもいよいよ発売スタート!
開店10周年を記念して、店長の初の書籍ができました。

BRAND NOTE
食パンはまだまだ楽しめる!「厚さ」で変わるアレンジレシピ。

10周年キャンペーン
数量限定「当店オリジナルの手帳」をご注文者さま全てにプレゼント!


CULTUREカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像