【スタッフの愛用品】平日夜はもっと気軽に料理がしたい。そんな時にぴったりの小さい包丁

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

ささっとご飯を済ませたい。そんな時は

実家をでたばかりの頃は、凝った料理をつくることに憧れがあり、平日深夜にもかかわらず突然「中華のおこげ」をつくったこともあります。(とにかく何事にもチャレンジしたい!という若気の至りですねぇ。思わず遠い目……)

でもそこから7年近く経ったいま、工程が多いこと(時間をかける)ことと、ご飯がおいしいかどうかは、決してイコールとは言い切れないのかもと思うようになりました。

カンタンに調理したものでも私はおいしいと感じられるので、無理せず自分ができる範囲で料理をしていきたい。

例えば平日の夜、忙しい朝、さっと作れて食べられたら。

そんな気持ちになってきた今日この頃、一番気分にそぐわなくなったのが包丁だったんです。

 

小さめだから、気負わず使える!

▲パン切り包丁は大きすぎて出すのがたいへんなので、パンをこれで切る時も

今まではずっと、牛刀1本で調理をしてきました。けれどそれだと大きさも重さも、さっと作りたい時はなんだか物々しくて気分に合わないんです。

そんな時にぴったりだったのが、「ゆり」のペティナイフ

軽くて、大きさも14センチと小さめ。でも小さすぎもしないから、数人分くらいの材料であれば切りづらいということはありません。

よく外国の映画を見ていると、すべてハサミで調理していたり、小さめのナイフで調理していたり、そのやり方はさまざま。

「おー、そんなざっくばらんにいっちゃいます?」と思うほど、カジュアルさが印象的。その気軽な雰囲気に、ちょっとした憧れも抱いています。

 

でも、正直そこまでは……。
だからこそ、このビジュアルに助けられるんです!

でもでも、やはりカジュアルに料理をしすぎるのにも、ちょっとだけ馴染めない。

そんな時、このナイフの見た目にとても助けられるんです。

確かに手軽でさっと調理ができたらうれしい。でも、そこにちょっとだけ素材や食べることへの愛しさを込められたらなおうれしい。

手に優しく馴染む木の持ち手と、すっきりきれいな刃の雰囲気は、まるで和包丁のよう。

カジュアルすぎず、かといって物々しくもないから、ちょうど良い心持ちで楽しく料理ができる気がします。

今やこちらの包丁の方が出番が多いかも、と思うほど、お気に入りになってしまいました。

 

本日紹介したアイテム

ゆり/ペティナイフ(14cm)


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
変わりばえのない「ふつう」の毎日は、こんなにも愛おしい

最新の再入荷情報!
毎年大人気USVAのリネンブランケットが今年も再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像