【缶詰があれば】第3話:これ1品で家族も満足。「さんまの卵とじ丼」

編集スタッフ 松田

缶詰があればできる!簡単お助けレシピ

定番の缶詰+冷蔵庫にあるような食材を使った、簡単で栄養満点のお助けレシピを全5話でご紹介しています。

教えてくれたのは、料理研究家の枝元なほみさん。第3話は、さんまの蒲焼き缶をアレンジした、卵とじ丼です。

 

材料(2人分)

さんまの蒲焼き缶 … 1缶(80g)
卵 … 3つ
細ねぎ … 6本
めんつゆ … 大さじ2
揚げ玉 … 1/2カップ
ごはん… 2膳

 

作り方

1. さんまの蒲焼き缶を汁ごと温める

フライパンに水1/4カップ、さんまの蒲焼き缶を食べやすい大きさに箸でほぐしながら汁ごと入れ、弱火にかける。

 

2. めんつゆで味を調整する

めんつゆを入れる(好みに合わせて味の濃さは調整)

 

3. ねぎ、揚げ玉を入れる

4cmの長さに切った細ねぎ、揚げ玉を入れる。

 

4. 卵でとじる

卵をといておき、半量をフライパンの真ん中から外側へ向かってまわし入れて中火にかける。半分ほど火が通ったら、残りの卵を外側からまわし入れ、蓋をして火を止め蒸らせば完成(好みで紅ショウガを添えても)。

 

意外と使える揚げ玉!残ったら冷凍で保存

枝元さん:
「さんまの蒲焼きに加えて、揚げ玉を一緒に卵でとじることで、よりふんわりした仕上がりに。ボリュームもアップして、満足感のある卵とじ丼になります。揚げ玉だけで卵とじ丼を作っても、実はなかなか美味しいですよ。

揚げ玉はお好み焼きやうどんで使う以外にも、お味噌汁の具にしたり、ごはんに混ぜたりなど色々と活用できます。余ったら冷凍でストックしておくと便利です」

そのまま食べることが多い蒲焼き缶も、卵でとじれば立派な丼ものに。蒲焼き缶はもともと味付けされているので、材料も少なく、フライパンひとつでできるのも嬉しいポイントです。

つづく4話は、ツナ缶でつくる「ツナと茄子のおかず味噌」をご紹介します。


もくじ

profile_futura_lineblack

料理家 枝元なほみ

料理研究家。大学卒業後、劇場の研究生になり役者をしながらレストランで働き、劇団解散後、料理研究家に。料理本の執筆の他、料理番組への出演多数。農業支援団体「チームむかご」を立ち上げ、現在は一般社団法人「チームむかご」の代表理事を務める。http://mukago.jp/

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像