【スタッフコラム】会いたい人に会うということ。

編集スタッフ 松田 編集スタッフ 松田

以前、こんなコラムを書いたことがありました。

「引っ越しと忘れられない思い出。」

前に住んでいた家のお隣で、いつも笑顔で優しい声をかけてくれたおばあちゃん。わたしを娘か孫のように思ってくださっていたのか、近所や家の前ですれ違うたび「最近寒くなったけれど、身体はだいじょうぶ?元気にしてる?」と心配してくれました。

昨年わたしが引越しをして離れてしまってからも、そのおばあちゃんのことが忘れられず、手紙を送ったところ、嬉しいことにお返事を書いてくださいました。

それから数回、手紙や絵葉書をやりとりし、先週末の三連休で会いにいくことになりました。

「会いたいので遊びに行かせてください!」と、半ば押しかけるようにお邪魔したのにも関わらず、温かく迎えてくれ、娘も抱っこしてもらいました。

ハツラツとしていて、佇まいもさっぱりと小綺麗で、気さくで相変わらず笑顔がとっても素敵なおばあちゃん。

勢いで会いに行ったものの、わたし自身が口下手なため、気の利いたおしゃべりがたくさんできたわけではないのです。

それでも「お手紙嬉しかった。そしてわざわざ会いにきてくれてありがとう」とすごく喜んでくれて、その笑顔に、行ってよかったとしみじみ思いました。

正直に告白をしますと、これまでの自分の人間関係を振り返ったとき、必ずしも出会いや縁を大切にできなかったことが幾度かありました。

「お互い忙しいから、落ち着いたら(会おう)」「会いたいけれど口実がない」と、出不精な性格も手伝い、会いに行くのを先延ばしにしてしまう悪いクセがあるのです。

あんなに親しくしていたのに、たくさんお世話になったのに、会わないうちに、手紙を書かないうちに、メッセージを送らないうちに、連絡をするのさえ躊躇するように。そしていつの間にか疎遠になってしまった……

そんな風に、今でも後悔している出会いは、1つや2つではありません。お隣のおばあちゃんに会いに行ったのは、そんな後悔をもうしたくない!という気持ちもあったからなのかもしれません。

立派な口実やお土産話がなくても「会いたいから、会いに行く」。縁を大切にするというのは、時にごくシンプルなことでいいのかもしれない。おばあちゃんの笑顔を通して、そんな風に思ったのでした。

 


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像