【失敗しないごちそう】第1話:味付けは生ハムにお任せ。巻いて焼くだけの「サルティンボッカ」

編集スタッフ 小林

難しいことをしなくても、気負わなくても「ごちそう」は作れる

年末年始といえば、久しぶりに会う友人たちや、家族みんなで食卓を囲むことの多い季節。

そんな特別な日に食べてもらうごはんは、やっぱり「おいしいね!」って喜んでもらいたい。だからこそ、腕によりをかけて、私たちはちょっとした「ごちそう」を用意する。

けれどいざ、「ごちそう」をつくろうとすると、誰だってドキドキして気負ってしまうもの。

失敗するのが怖いのは、きっと楽しい時間を過ごしたいという気持ちの裏返しです。

だからこそ、そんな背中をそっと押してくれる「失敗しないごちそう」レシピを知っていたなら。

 

ワタナベマキさんに教わりました

そんな想いに応えたくて、特集『失敗しないごちそう』では、料理家のワタナベマキさんに、誰でも作れるごちそうレシピを教えていただきました。

「ちょっとしたポイントだけ押さえれば、手順はシンプルでも、充分ごちそうはつくれますよ」とワタナベさん。

ワタナベさんに教わるレシピは、どれも華やかなのに、素材を生かしたやさしい味わい。作り方も、驚くほどシンプルです。

今回は全3話にわたり、誰でも気負わず作れて、特別な日にぴったりの華やかな3品をご紹介します。

第1話目は、イタリアでよく作られている「サルティンボッカ(お肉の生ハム巻き)」。

「サルティンボッカ」とは、イタリア語で「口に飛び込む」という意味。時間をかけず、すぐできることから、そんな名前がつけられたそうです。その名の通り、とても簡単に作れて、気軽にとりかかれるレシピですよ。

 

どうして失敗しないの?

お肉を生ハムで巻くから、味付けいらず!

この料理のポイントは、生ハムを使うこと。生ハムの塩気があるので、お肉に難しい味付けはいりません。

ただ巻いて焼くだけで、間違いない美味しさに仕上がりますよ。

 


味付けは生ハムにおまかせ!
巻いて焼くだけの「サルティンボッカ」


【材料(3〜4人分)】

・豚ロース厚切り肉…3枚(450g)
・生ハム…12枚
・赤玉ねぎ…1個
・じゃがいも…3個
・モロッコいんげん…3本
・レモン…1/2個

・薄力粉…大さじ2
・白ワイン…大さじ3
・オリーブオイル…大さじ2
・塩…少々
・こしょう…少々

※野菜はお好きなものや手に入りやすいものに変えても、美味しくつくれます。そのときはいろどりをぜひ意識してみてくださいね

※オーブンはあらかじめ200度に予熱をしておきます。オススメはオーブンを使って焼く方法ですが、オーブンがない方はフライパンでもつくれます。

 

(1)野菜を大きめに切る

野菜は大きめに切ると、お肉の旨味を吸って美味しく仕上がるのだそう。

じゃがいもは洗い、皮付きのまま2〜4等分に切って、耐熱皿に入れてラップをし、電子レンジで約5分加熱します。

玉ねぎは皮をむき、横に3等分に。モロッコいんげんは端を切り、2等分にします。

 

(2)豚肉を生ハムできつく巻く

豚肉は、2cm幅に切り、薄力粉(大さじ2)を薄くまぶし、生ハムをぐるぐると巻きつけていきます。

このときなるべくきつめに巻くようにします。

 

(3)材料を並べてオーブンで焼く

野菜と生ハムを巻いたお肉をすべて耐熱皿に並べ、全体に白ワイン(大さじ3)とオリーブオイル(大さじ2)をまわしかけます。

野菜に塩を少々ふり、200度に温めたオーブンで約20分焼きます。

オーブンがない場合はフライパンでもつくれるそうです。

その時は蓋をせずに、弱火でじっくり焼き付けるようにして、火を通してくださいね。

 

(4)仕上げにレモンを絞って、完成!

焼きあがったらお好みでこしょうをふり、仕上げにレモンをぎゅっと絞って、出来上がり!

さっぱりとした味わいになりますよ。

 

大皿でサーブするのも「ごちそう」のコツ?

お肉に生ハムを巻く!? と聞いたときはびっくりしましたが、いざ食べてみると、とてもジューシーで食べ応えある一品でしたよ。大皿で出てくるのも、テーブルが華やかになって素敵でした。

「大皿や鍋ごとサーブするのも、ごちそう感がアップするんですよ」と、ワタナベさんのお墨付きです。

家族もいつもとちょっと違う雰囲気に、わくわくしてくれそうです。ぜひプチアイデアとして、試してみてくださいね。

 

続く第2話目は、家庭料理のシチューがごちそうに? 旨味たっぷり「骨つきチキンのホワイトシチュー」をお届けします。

(つづく)

 

【写真】濱津和貴


 

もくじ

 

profile_futura_lineblack

ワタナベマキ

料理家。雑誌、広告などで旬の食材を使用した季節感ある料理を提案している。祖母から受け継いだ保存食を元に、今の時代にも作りやすさとやさしい味付けで何度も作りたくなる味が人気。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像