【あの人ならどう着る?】「秋いちボトムス」でたのしむ、私服コーディネート

渡辺靖子さんと岡美里さんのテーパードパンツのコーデをご紹介します。元カフェオーナーだった渡辺さんは、小柄でも上手に着こなせるコツを。美術作家の岡さんには、テーパードパンツと靴下をあわせるコーデを見せてもらいました。2人のおしゃれなコーディネートをぜひ楽しんでご覧ください。

編集スタッフ 岡本 編集スタッフ 岡本

「シーズンのはじまりに、これ一本あれば安心」

季節の変わり目にそう思えるような、頼れるボトムスを作りたい!そんな思いから生まれた当店のオリジナルボトムス企画。

大変ご好評いただいた春の第一弾に続き、本日から『秋いちボトムス』の販売がスタートしました!

この特別コンテンツでは、私たちの思う「素敵な女性」である渡辺靖子さんと岡美里さんのお二人に、私服とあわせた秋いちボトムスのスタイルをご紹介いただきました。

30代の頃、マーガレットハウエルのアトリエで働き、帰国後はカフェを営んでいた渡辺さんは、ベーシックでありながらセンスを感じる着こなしが魅力。

一方、『暮らしノオト』でエッセイを書いてくださっている岡さんは、美術家として作品を描くように、ファッションも自由な発想で楽しんでいました。

それでは早速、そんなお二人の提案する秋いちスタイルをご紹介します。もし自分のワードローブに秋いちボトムスが加わったら……。そんな想像を膨らませながらお楽しみいただけると嬉しいです。

 


秋いちスタイル(グレージュ編)
体型とのバランスを意識した、大人の着こなし


渡辺 靖子さん

YASUKO WATANABE

一見スタンダードなアイテムなのに、不思議と目を引かれるのが、渡辺さんのスタイル。その理由は、体型とのバランスにありました。

「自分の体型をよく知ること。そして、それを否定したり誤魔化したりするのではなくて、体型を生かすことが大切だと思うんです」と話します。

コーディネートについてお話を聞いていても、かなり細かい部分まで気を配って洋服を組み合わせていることが伝わってきました。

渡辺さん:
「じつはこのボトムス、私のワードローブにはない新しいタイプ。色も明るいグレーってあまり持っていないの。でも実際履いてみたら、まず一番に履き心地がよく快適で驚きました。

私は身長153cmなので、小さいサイズの丈感がちょうどいいかな。

このボトムスはタックが贅沢に入ってるから、自分の体型に合わせてタックを主役にしたり、ストンと落としたりして履くと、ぐっと自分らしく着こなせる気がします」

渡辺さん:
「ただのグレーではない、ほんの少しピンクがかった優しいグレーなのね。

こういう柔らかい色にはネイビーや黒が合うんじゃないかしら。薄い色どうしを合わせると全体的にぼやけてしまうから、迷ったときは濃淡をつけるときまりやすい気がします」

 

ワントーンコーデは濃淡をつけてかっこよく

▲身長153cm、小さいサイズを着用

渡辺さん:
「着心地がばつぐんのこのトレーナー。2色持っているんだけど、明るいグレーのボトムスに合うように濃い方を選びました。

ほどよくコントラストを効かせて、上下ともゆるめのシルエットでもリラックス感が出過ぎないようにしています」

渡辺さん:
このくらいの丈のボトムスに、ショートブーツを合わせるスタイルが好きなんです。靴に裾がかぶるように履くと、さりげなくあげ底になってスタイルアップにもなるでしょう?おすすめですよ。ふふふ(笑)」

▲底を張り替えたり、クリームを塗ってケアし続け、20年以上愛用している革のブーツ。マーガレット・ハウエルのアトリエで働いていたときに出会ったものだそう。

渡辺さん:
「私の体型ってお尻がないのがコンプレックスなんです。そういう私みたいな体型の人はウエストを『後ろだけひと折り』するのもおすすめ。すっきりしたシルエットになりました。

反対に、女性らしい丸みのある腰まわりの人は、タックを主役にした着こなしにすると素敵です。隠そうとする方もいらっしゃるのですが、生かすほうが絶対に綺麗ですよ。

このボトムスは応用力があるから、ウエストを折ったり、ロールアップしてみたり、自由にいろいろ試してみるのはどうかしら。

隠していたらおしゃれを楽しみきれないときもあるでしょうから、少し開き直るのが鍵ね」

 

秋コートはネイビーを選んで、シックにまとめる

渡辺さん:
「秋口は、涼しいトップスに軽めのコートを羽織るスタイルが定番。このグレーにはきっとネイビーが合うだろうなと思ったので、コートは黒に近い濃いネイビーにしました。

全体的に落ち着いたトーンだけど、小物は白で揃えて暗くなりすぎないように。かごバッグって、夏だけじゃなく秋服との相性もよくて好きなんです」

渡辺さん:
「コートを脱いだらおめかしスタイルになるよう、トップスはシルク素材のものを選びました。

秋いちボトムスはゆったりしたデザインでしょう?だから、コンパクトなトップスを合わせるのがセオリーと思いがちなんだけど、ふんわりAラインのトップスとも綺麗なバランスでした。

トップスをインしたら、また印象が変わった感じ。ウエストのボタンやタックがアクセントになって、ボトムスが主役のコーディネートになりました。

このボトムス、カジュアルに着るだけじゃなくて、きちんとしたスタイルにも使えて便利ですね」

▲まだ暑いうちはタンクトップに合わせて。イン・アウトどちらもバランスが取りやすい

渡辺さん:
「今でも、外出前には鏡を見ます。その日の服を着た自分を見て、バランスはどうかしら?って。

歳とともに体型も変わっていくし、日々観察していると、自分の体型のちょうどいいところが分かってくるから。

秋いちボトムスもそうやって、自分の気持ちのいい着こなしで履けるボトムスだと思いますね」

渡辺さん着用の秋いちボトムスはこちら

 


秋いちスタイル(ブラック編)
マットな「黒」は、色柄との合わせをたのしんで


岡 美里さん

MISATO OKA

洋服はその人らしさを映し出す鏡。岡さんの装いを見るたびに、本当にその通りだなと感じます。

そんな「自分に似合う」を熟知している岡さんの洋服選びは、映画からヒントを得ているのだとか。

岡さん:
「ウディ・アレン監督の作品が好きでよく見るのですが、そのときにこのシャツの形いいなとか、このチェック素敵だなと知らぬ間にイメージがストックされているんです。

洋服を選ぶときは、その溜めてきたイメージをヒントにすることが多いですね。

試着室の鏡に映る自分を見て、あの映画に出てきそうかも!と思うと気分が上がります」

 

ニュアンスのある黒だから、コーデの幅も広がる

▲身長162cm、レギュラーサイズを着用

「この黒、いい黒ですよね」

打ち合わせの場所で顔を合わせたと同時に、そう声をかけてくれた岡さん。

岡さん:
「じつは黒い服って、スタンダードなように見えて、意外とコーディネートが難しいと思うんです。黒という色自体、主張がつよいので、原色などと合わせると浮いてしまうことがあって。

でもこのボトムスはダークグレーのような、ニュアンスのある黒。これなら色柄ものとも合わせやすいなと思いました」

▲ハイカットスニーカーの紐を後ろで結んで、足首周りをすっきりと。

「そう思って合わせたのが、グレイッシュなグリーンとベージュの柄が入ったMARNIのヴィンテージとベージュのコンバース。ボトムスの素材にマットな光沢があるおかげで、他の色と馴染みやすい印象です。

太陽が高く昇る夏は、青とかコントラストの強い色を着ると、それだけで映えますよね。でも秋になると日差しも柔らかくなるから、彩度の高い服は違和感が出てくることも。

そうすると、ついネイビーやブラウンなど、落ち着いた色ばかりになってしまうんです。全体的に暗いトーンになりやすい秋冬だからこそ、色柄ものとも相性のいいボトムスが一枚あるだけで、ずいぶんとコーディネートの幅が広がりますよ」

 

ラインを見せて、すっきりシルエット

岡さん:
「一見カジュアルなシルエットですが、着方によってはきちんとしたレストランにも着ていけるボトムスだと思います。

それでいて、フォーマルになりすぎず、ほどよく肩の力が抜けていいですね。

ジャケットは真っ白だとコントラストが強くなりすぎると思ったので、オフホワイトを選びました」

▲靴下が好きで様々なテイストのものをコレクションしているのだそう。

岡さん:
「実際に履いて過ごしてみたのですが、期待以上に動きやすいですね。ふだん自転車によく乗るので、この足さばきの良さは嬉しいです。

見た目はきちんとしているのに、リラックスして履けるので会食などの場面でも活躍しそう。

靴下好きには嬉しい丈で、座ったときにチラリと見せるのがポイントです」

 

黒と黄色の組み合わせがお気に入り

岡さん:
「秋口はトレンチコートよりも軽めのアウターが着たくて、リネン素材の羽織りを合わせました。

このボトムスの絶妙な黒は、マスタードとか少しくすんだ色味との相性がいいんです。個人的に黒と黄色の組み合わせが好きなので、このコーディネートは着ていて気持ちが上がりましたね。

40歳を過ぎてからTシャツが似合わなくなってきたので、中のトップスにはブラウスを合わせて。羽織りが長め丈でゆるいシルエットなので、ウエストにインしてバランスを取りました」

岡さん:
「一目見たときからいい黒だなと思っていたので、いろいろなコーディネートを組んで改めて秋冬にひとつはほしいアイテムだと思いました。

小技の効いたベーシックな一枚があるからこそ、トップスを気にせず選べるというか。

あれこれ考えず、おしゃれな装いを叶えてくれるボトムスだと思いますね」

岡さん着用の秋いちボトムスはこちら

渡辺さんと岡さん、テイストも服選びの基準もそれぞれ違ったこだわりを持つお二人。でもそれぞれのスタイルに秋いちボトムスはしっくりと馴染んでくれました。

着こなしによって印象がガラリと変わるので、幅広いコーディネートで活躍してくれそうですね。

少しずつ秋めいてくるこの季節、はじめに手にとって、一番頼れるこの一枚をぜひお試しください。

photo:上原未嗣


本日の編集部recommends!

健やかな肌を保つ洗うスキンケア
肌のうるおいを守りながら、汚れをきちんと落とす、おすすめの洗い方って?[SPONSORED]

本日の再入荷
人気のサイドテーブルや、イタリアのシルバー食器などが再入荷しました♩

LINEスタンプを無料プレゼント!ネコカルタ新作登場 ♪
【お知らせ】当店からのLINE配信は公式アカウントへ移行します。

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像