【北欧に暮らすひと】04:スウェーデンの春といえば…。おばあちゃんのレシピでつくる伝統菓子

松浦摩耶


北欧に暮らすひと
#04 おばあちゃんのレシピ

「あそこの店ではもう売り始めたみたい……」「ここは今週末からかな……」年が明けるとスウェーデン人の間ではこんな会話が聞こえてきます。彼らがそこまで心待ちにしているのが、スウェーデンの伝統菓子Semla(セムラ)。

オリジナルドキュメンタリー番組「北欧に暮らすひと」4話目となる今回は、そんなセムラをスウェーデン・ストックホルム在住ソフィアさんのおばあちゃんのレシピでつくります。

スウェーデンの春のお菓子
「セムラ」とは?

「mormor(モルモル)は、とっても料理上手でレシピも細かく記録していく人だったの」冬休みで実家に帰省していたソフィアさんが、そう言って本棚から取り出したのは、モルモル(スウェーデン語で母方のおばあちゃん)のレシピノート。

細かく綴られたレシピを読み解きながら、この日はスウェーデンの伝統菓子セムラを作ることにしました。

セムラとは、カルダモンの入ったパンにマンデルマッサと呼ばれるアーモンドペーストとホイップクリームをサンドしたお菓子。

「セムラを食べれば春はすぐそこ」と言われるほど、暗くて長い北欧の冬に、春の訪れを告げる伝統菓子としてスウェーデンの人々に愛されています。

そんな春のお菓子セムラ。歴史を辿れば、もとはイースター前の断食期間(四旬節)に入る最後の火曜日「Fettisdagen(フェッティスドーゲン)」に食べられていたお菓子。クリームたっぷりの甘いセムラで断食に備えていたそうです。今では、断食はほぼなくなり、セムラを食べる習慣だけが残っています。

この季節になると、街一番のセムラを決めるセムラコンテストが行われ、「あの店はパンが美味しい、あの店はクリームが美味しかった」とセムラの食べ比べに夢中になる人も。

ソフィアさんの家では、パンを少し小さく作るのが伝統。「小さかったら2つ食べれるでしょ?そのほうがハッピーだわ」とおばあちゃんもよく言っていたそうです。

この日は、そんなおばあちゃんのレシピでふつうよりちょっと小さめなミニセムラを作りました。

食べ方は簡単。帽子みたいな蓋をとって、クリームをたっぷりつけてまず一口。そのあとは、かぶりつくだけ。なかには、温かい牛乳に浸して食べる人もいるとか。

日本のお雑煮のように、家によってそれぞれ食べ方があるのもなんだかいいですね。

 

続きはYouTubeでおたのしみください

続きは、YouTubeでおたのしみください。

 

チャンネル登録で最新動画をチェック!

YouTubeでチャンネルを登録していただくと、最新話のお知らせが受け取れるようになります。モーニングルーティン番組や、ドキュメンタリー、ドラマ『青葉家のテーブル』などのバックナンバーもあわせてお楽しみください。

 

もくじ



松浦摩耶(まつうらまや)

『北欧、暮らしの道具店』を経て、現在はコペンハーゲンを拠点に映像や写真を中心に活動中。プライベートでは、デンマークのテキスタイルアーティストKarin Carlanderを追ったドキュメンタリーなどがある。日々の様子はInstagramで更新中(@mayanoue)


感想を送る

本日の編集部recommends!

すこやかなひと
運動が苦手でも、軽やかにつづく。心地よく動ける素肌のようなアイテムに出合って[SPONSORED]

【4/22(月) AM10:00まで】春のトップスタイムセール!
春の羽織としても使えるボレロブラウスや、重ね着を楽しめるニットベストなど、今すぐ使える人気アイテムが対象です!

【4/26(金) AM10:00まで】真っ白なブラウス『hope』ご購入で送料無料キャンペーン!
hope開発秘話をお届けする、インターネットラジオ「チャポンと行こう!」【番外編】も公開中です!

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

VIDEOカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像