【愛しい花仕事】前編:押し花に心を弾ませて。家に飾れるステキなフレームの作り方

編集スタッフ 齋藤

まるでぼうっと窓の外を眺めるように、無心で何かをする時間が、私にとってはとても癒しです。

とはいえ一日中趣味に没頭できる日々はまだ来そうになく、でも、たまには手仕事を楽しみたい。

そこで今回は、お花屋さんで一輪買ってくれば30分かからず作れちゃう、押し花を使ったフレームの作り方を教わってきました。

作る時間も、飾った部屋も、きっと心を弾ませてくれるはずです。

教えてくださったのは、東京の青山にある「花屋西別府商店」の西別府久幸(にしべっぷひさゆき)さん。まずは準備するものからご紹介します。

 

用意をするもの
・好きな花
・辞書や図鑑などの厚めの本
・ピンセット
・フレーム(今回当店のMOEBEのフレームA5サイズを使用)

※花は茎が細いものを選ぶと、作りやすいそうです。また2輪くらい咲いているとステキに飾れるそう。野の花でも作れます。

▲上の写真はすでに押し花になっているものを使用しています。

まずは押し花の作り方から。

花のパーツは、花、茎と葉っぱ、根っこに分けておきます。

この方が飾る時に自由な動きをつけられるそう。

しっかりプレスできるように、分厚い本にはさみます。

はさんだら、お家で保管。

乾燥していて、風通しが良く、そして直射日光の当たらない日陰で保管します。

乾燥している時は、一週間くらいで押し花が完成。

フレームに飾っていきます。

折れやすいので、ピンセットで優しく扱って。

土の中のものから飾るように、根っこから場所を決めていくのがコツなのだとか。

根っこ、茎と葉っぱ、花の順番に置いていきます。

ここで2輪を上下にバランスよく配置。

こうすると野に咲いている姿のように、リズムよくステキな雰囲気に仕上がるそうです。

最後にフレームを組み立てたら、あっと言う間に完成です。

楽しくなって来た方は、いろいろな種類の押し花で下のようなものも作っても。

花の名称が書かれた味わい深い雰囲気の紙は、パソコンで制作し、出力したを紙をコーヒーにつけて染めているそうです。

染めた紙に手書きで文字を書いて飾っても、ステキかもしれません。

作る時間も、眺める時間もときめきのため息が漏れるお花のフレーム。

とってもカンタンなので、ぜひ試してみてくださいね。

(つづく)

【写真】上原未嗣

もくじ

profile_futura_lineblack

西別府久幸(にしべっぷ・ひさゆき)

花屋 西別府商店の店主。「はいいろオオカミ」での展示を契機に、空間を共有。木の根やキノコ、古木など、独自の見立てで世界観を表現するほか、自身の個展なども開催している。

▼今回使ったフレームはこちら


感想を送る

本日の編集部recommends!

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

Buyer's selection|春のメイクにおすすめのアイテム
アイシャドウやカラーマスカラなど、おすすめアイテムを集めました。

花との暮らし、はじめよう
チューリップやミモザなど、お花が楽しい季節に向けて。当店のフラワーベースを集めました。

【動画】しあわせな朝食ダイアリー
朝ごはんに取り入れて無理なく続ける発酵メニュー(料理家/発酵マイスター・榎本美沙さん)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像