【内田真美さんの果実レシピ】第4話:洋梨とかぶのマリネをのせた、北欧風オープンサンド(スモーブロー)

編集スタッフ 奥村

今しか味わえない、秋の果実。

ごくシンプルな工程で、そんな果実のおいしさを引き出すレシピ4品を、料理研究家の内田真美(うちだ まみ)さんに教えていただきました。

第4話は洋梨で作る、朝食にもぴったりの北欧風オープンサンド(スモーブロー)です。

 


洋梨とかぶのスモーブロー


材料(1人分)

洋梨…1/4個
かぶ…1/2個
オリーブオイル…小さじ1
ホワイトバルサミコ酢(または白ワインビネガー)…小さじ1
塩、こしょう…少々

白カビチーズ(カマンベールやブリーなど)…5mmほどの厚さで4〜6切れ
ピスタチオ…5粒
黒パン(ライ麦パン)…1枚
フレッシュタイム…適量

 

作り方
1.洋梨は種をとって薄切りにし、かぶは皮をむいて薄切りにする。ボウルに入れ、オリーブオイルとホワイトバルサミコ酢を加えてよく混ぜる。

2.薄切りにした黒パンの上に、白カビチーズを並べる。

3.その上に1をのせて塩、こしょうをふり、刻んだピスタチオ、フレッシュタイムの葉を散らせばできあがり。

 

内田さん:
「黒パンは、スライスされて袋詰めされているものを使用しました。『プンパニッケル』という名で、成城石井やカルディなどでも手に入ります。

もしくは、パン屋さんのライ麦パンなども相性がいいです。薄切りにしてお試しください。

チーズはブリーチーズやカマンベール、クリームチーズでも。ミルク感のあるものがおすすめです。

朝食や、軽めのランチにも。ナイフでひと口大に切りながら召し上がってください」

全4話でお届けした、秋の果実レシピ。

デザートとしてだけでなく「料理」として堪能するのは、大人ならではの楽しみかもしれません。

果実の旬は一瞬。だからこそ、おいしさもひとしお。

いつもとは少し違う果実の味わい方で、残り少ない旬の時期を楽しんでいただけたら幸いです。

 

 

【写真】濱津和貴

profile_futura_lineblack

内田 真美(うちだ まみ)

料理研究家。雑誌、書籍、広告などで活躍している。台湾の食、人、土地に魅了され、台湾に長年通い続けている、旅好きの一面も。著書に「私の家庭菓子」、「高加水生地の粉ものレッスン」、洋風料理 私のルール」、「私的台北好味帖」など。


もくじ


本日の編集部recommends!

当店で人気の北欧アイテム
憧れの北欧食器や、marimekkoのミニトートなど、新生活に欲しい北欧アイテムが揃っています◎

スタッフの愛用品
私のスタメンポーチは「ラプアン カンクリのサデクーロ」

「朝ごはん」の時間に頼れるアイテムを集めました!
バタバタな平日も、ゆっくり一息つきながらの休日も。自分に合った朝食があれば、一日を気持ちよくスタートできそうです◎

わたしの朝習慣 |44 柚木さとみさん
冷蔵庫の余り野菜で、ほかほかのスープを。気分に合わせて作る朝ごはん

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像