【春の春巻き】シンプルなのに、旨味たっぷり。サラダ感覚でつまめる「クレソンと桜えびの春巻き」

編集スタッフ 奥村

春野菜がおいしい季節。冬の疲れを癒すような甘くて瑞々しい味は、この時期ならではの楽しみです。

そんな旬の味を生かす軽やかな揚げ物のレシピを、料理家の中川たまさんに教えていただきました。

3品目は、旬のクレソンをたっぷり包んだ春巻き。サラダ感覚でつまめるひと品です。

これまでのレシピはこちらから

 


シャキシャキ食感がたのしい
クレソンと桜海老の春巻き


 

材料(1人分・2本)

クレソン…1束
桜えび…ふたつまみ(約2g)
春巻きの皮(大判サイズ)…2枚

油…適量
薄力粉…少々

【下準備】
・薄力粉は同量の水で溶き、のりを作る

 

作り方

クレソンを3cm幅に切る。

 

春巻きの皮にクレソンの半量と桜えびの半量をのせ、包んでいく。

巻き終わりに水溶き薄力粉をつけて、留める。

 

フライパンに油を2cmほど注いで中火に熱し、2を入れて2〜3分、両面がこんがりきつね色になるまで揚げれば、できあがり。

▲油の温度は170度程度。菜箸を入れると大きめの泡が立つくらいが目安です

中川さん:
「香味野菜をたっぷり包んだ春巻きは、わが家の定番です。クレソンの他には、旬のルッコラや三つ葉、冬なら、せりもおすすめ。

独特の辛味も揚げることでマイルドになり、シンプルなのに奥深い味に仕上がります。

酢醤油に、お好みでからしをつけて召し上がってみてください」

たっぷり包んだクレソンも、揚げるとぎゅぎゅっとコンパクトに。旨味が凝縮されて、桜えびとの組み合わせは、お店で食べるような本格的な味でした。

さっぱりした酢醤油につけると、軽やかでいくらでもつまめそう。

皮に包んで揚げるだけ。なのにこんなごちそうになるのだから、春巻きってうれしいメニューですね。

 

【写真】吉森慎之介


もくじ

 

中川 たま

料理家。神奈川・逗子に夫と娘と暮らす。季節の食材や果実を生かした、家庭でも作りやすいシンプルな料理を手掛ける。近著に『ふわふわカステラの本』(主婦と生活社)、『器は自由に おおらかに おいしく見える器の選び方、使い方』(家の光協会)、『少ない材料で、簡単に作れる たまさんちのおおらかなおやつ』(家の光協会)。Instagram:@tamanakagawa


感想を送る

本日の編集部recommends!

送料無料でお届け!暮らしに「余白」をくれるコーヒーマシン
たった1分でプロの味わいが楽しめる「DRIP POD」。お部屋になじむ美しいデザインも魅力です♩[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】密着ドキュメンタリー公開中!
『hope』ブラウス、完成までの405日の歩みを追いかけました

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像