【台所でおつかれさま】第8話:できれば楽しく、いつまでも。「食べる時間」は毎日素直に過ごせたら(スタッフ木下)

編集スタッフ 糸井

台所ではどんな時間が流れているでしょうか。料理はもちろん、ラジオを聴いたりドラマを観たり、椅子を置いて仕事をする人もいるかもしれません。

そこには、無意識のうちに自分をケアする習慣が隠れていることも。台所に立つ自分をちょっと俯瞰して見ると、日々大事にしていることが見えてくる気がします。

この連載ではスタッフ宅にお邪魔し、そんな「台所」にまつわるエピソードをきいていきます。今回訪ねたのは、スタッフ木下宅です。

 


#08
スタッフ木下の台所


3LDKに、子どもと3人暮らしの木下。

引っ越したばかりの台所は、リビングとゆるく繋がったオープンキッチン。晴れるといっぱいの自然光が入ってきます。

目に映るのは、大きなダイニングテーブル。白いテーブルクロスが敷かれ、周りのグリーンも爽やかです。

木下:
これまで、住んでいたどのキッチンにも窓がありました。でも、今回はなし。その代わり、顔を上げるとリビングのベランダがあるんです。

手持ちの家具や家電は、ダークトーンばかり。せめてダイニングテーブルは軽やかになればと、白いリネンを敷くようになりました。大胆に何かをこぼしてしまっても洗濯機に入れるだけだから、意外と手軽なんですよ」

 

賃貸だからこそ。引っ越しとキッチンの付き合い方

聞くと、この5年で3度の引っ越しを経験しているのだとか。

台所のしつらえや収納スペースを、その度に整えるのは大変そう。何か、台所選びの基準や整理のコツを見出しているのでしょうか?

木下
「物件探しの段階でキッチンに求めるものは、さほどありません。

その分、こだわるのが『最初のポジション作り』。他の部屋と違い、しょっちゅう大掛かりな模様替えができないので、キッチンだけは特に最初の下準備を欠かさないんです。

この家も、収納スペースが多い方ではないからこそ、どこに置くとベストな収まりになるのか探りました。

まず、キッチンのアイテムを1軍〜3軍に分類。1軍以外は押し入れや、ガレージに入れることにしました。なにも、全てをキッチンに収納する必要もないかなと。せっかくのお気に入りだから、手放すことはできるだけしたくないんです

 

この3日だけは、メモ魔になります

そうして作るのが、引っ越しの度に2、3日がかりだという「キッチンの設計図」のようなもの。

木下:
「物件が決まれば、何度もメジャーを持っていき、引き出しの寸法から何までとにかく測って、メモします。

ここは冷蔵庫。シンクから振り返ったときに何メートル以内にこれが届くように……とイメージしながら。

キッチンは『作業スペース』と見なしているので、まるで厨房のようなストレスフリーな動線を目指すんです。この時間は、引っ越しの楽しいイベント。とても大変なんですけれど(笑)

▲このように図を何ページも作り、調味料からくず入れまで細かく場所を決めるのだそう。

木下:
理想のキッチンを目指そうとするとキリがないけれど、だからこそ用意しているのが、どんなキッチンが来てもどんとこい、という気持ちかもしれません。

システムさえ作れるなら、どんなキッチンに引っ越してもまた自分のキッチンになるから、大丈夫。そう捉えるようになりました

今回のキッチンにはどうしても収まりが悪かった、というゴミ箱。キャスター付きの台車に置き、位置を変えやすくしてみているそう。

 

フレンチのシェフに憧れ、使い始めたスプーン

白いコンロの奥には、たくさんのカトラリーが目立ちます。

木下:
「調理中に何本も取り出すのが『Kay Bojesen(カイボイスン)』のディナースプーン。

昔料理番組で、フレンチのシェフが調理中、味見や計量に何本もスプーンを使い分けるのを見て、なんだか格好よかったんです。試してみたら定着し、お味噌をすくったり、野菜を炒めたりと、なんでもスプーンになりました。

コンロの正面奥には、調味料を。塩に砂糖、それから小麦粉と片栗粉がすぐに取り出せて便利なんです」

▲赤いミルは『アレッシィ』のもの。カイボイスンや、スッカラなども並びます。

木下
「はじめて自分のキッチンを持った記念に迎えたのが、『DANSK(ダンスク)』の白い鍋。20年ほど経ちますが、今でも毎日使っています

釜定さんシャロウパンも、同じ年月愛用しているもの。パンやお肉を焼き付けると、すごくおいしくなるんですよ

▲奥から、ダンスク、Smithey Ironware、釜定のシャロウパン。フライパンについては、手持ちがこの2枚だけなのだとか。

木下:
フライパンや鍋はあまりたくさん持っていなくて。3口コンロを埋めるように、毎日フル活用しています」

こういう状態なの、とコンロに置かれた鍋はみな、なんだか逞しかったです。

 

窓ぎわ、この時間が欠かせません

木下:
「食べたり、呑んだりする時間が何より好きなんです。

最近のお気に入りが、ベランダのテーブルを使いながら、室内で過ごすこと。夕暮れ時、空を眺めながらお酒を嗜むと最高で。室内にいながら、外をちょっと感じられる加減がちょうどいいんです」

木下:
「休日朝の、自分だけのキッチン時間も好きです。集中して、すごく丁寧にカフェラテを淹れたり、最高のトーストを焼いたり。

席につき、口にする瞬間のご褒美があると思うと、自分への食の努力が湧き出るんです(笑)

 

人生色々、でも食べる時間をまず楽しめたら

▲取材前、台所にまつわるものを探していたら出てきた食日記。20年前は、毎日全部つけていたのだとか。ここにメニューを書き込み、一週間分の買い出しをするスタイルだったそう。

お昼ごはんを食べてから、帰り道まで。夜は何を食べよう? と考えるのも、楽しみなのだとか。

木下:
「手元にある雑誌をパラパラと開きながら、どんな気分かなって。でも、
2日頑張ったら1日手抜き、の感覚で。

実家の母いわく、『ただいま』と家に帰ると、すぐに冷蔵庫を開ける子だったそうで。小さい頃から、台所が好きだったんですね。

今日は何があるかな、とのぞく冷蔵庫の中身や、卵を焼くのにはまったときは『今日は砂糖を多めにしよう』なんて実験みたいにできる場所が、自由で、好きだったんです

▲母からもらった古いレシピ本。昔から好きなのが、レシピを見ることなのだとか。テキストを追いながら、工程を想像し、頭のなかで料理が完成すると、幸せな気持ちに。

木下:
「暮らしには色々あるけれど、『食べたいものを楽しむ』ことは欲望に素直でいれたらなと。食事中は、あまり暗い時間にはしないように。喧嘩も持ち込まず、できれば楽しく、そのためのインテリアも整えていけたらと。

ここはまだ殺風景だから、あたたかみのあるところを作りたいですね。まずは壁にエプロンをかけたり、壁の色を壁紙シートで変えたり。賃貸の範囲のなかで、引き続き楽しめたらと思います

そんな木下と台所との関係でした。

さて次は、どのスタッフの台所を訪れましょうか。次回の更新もお楽しみに。

【写真】濱津和貴


これまでの記事はこちらから

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
今から初夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
人気のリネンハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!連休のお出かけにもおすすめですよ。

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像