特集│料理家フルタヨウコさんのアトリエ訪問『そこは、宝の山でした。』その3

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

フルタさんのアトリエ訪問は、本日でいよいよ最終回です。

来客も多いフルタさんのアトリエならではのものが溢れるダイニングで
ジャム作りのこと、よく作るお料理のこと、
私たちが惹きつけられてしまうフルタさん自身の「しなやかさ」のこと、
たっぷりうかがいました。
どうぞ最後までお楽しみください。

佐藤:
ジャム作りを始められたきっかけを教えてください。

フルタ:
父の実家の果樹園農家で、今から5年くらい前にリンゴが霰にやられてしまった時があったんです。そのリンゴをジャムにしたのがきっかけですね。当時、アーティストと食とがコラボレーションする企画展に参加することになっていたのですが、そのときのテーマが「りんご」だったこともあって。不思議なめぐり合わせです。

現在は「HOME.」という屋号でオリジナルジャムの制作をしていらっしゃいます。

佐藤:
一緒にお仕事をしたり、お話したり、社食をいただくなかで、フルタさんってイメージしてた以上にしなやかで柔軟な印象があるんです。一緒にいて本当に気持ちが良い。その源みたいなものって、何なんでしょう。

フルタ:
ありがとうございます。嬉しいです。展覧会での仕事は、その人の作品をいかに魅力的にするか、という表現のサポートが自分の仕事だったんです。自分がこうあるべきとかっていう考えが無いのも、このときの仕事等の積み重ねによるかもしれないですね。あと、自然な出会いを大切にしてきているのもあるのかな。

佐藤:
うんうん。色々なお仕事や学びの背景があったからこそ、ご自分のことも多面的に見ているイメージがあります。

佐藤:
ケータリングなどでは様々なお料理を作ってらっしゃると思うんですが、フルタさんご自身のためによく作るお料理ってありますか?

フルタ:
やっぱり、朝ごはんばっかりになってしまいますね。夜は色々なところに残り物があって…(笑) でも「シンガポールチキンライス」は昔からよく作りますよ。蒸し鶏の煮汁でご飯を炊くんです。西荻窪のお店直伝のレシピが、図書館にあった雑誌に載っていて。今度社食でも作りましょうね。

心地よい風がゆっくりと流れる中、
一つ一つの質問に丁寧に答えてくださったフルタさん。

フルタさんのお仕事や、気持ちのよい生活を表すかのように
食器や道具、家具やオブジェが散りばめられたアトリエは、
やっぱり暮らしっていいな、と心を動かされる空間でした。
フルタさん、ありがとうござました!

今後、フルタさんと新しい企画も予定しています。
そちらもどうぞ楽しみにお待ち下さい。

3日間、どうもありがとうございました!

もくじ

料理家フルタヨウコさんのアトリエ訪問1 (10月22日更新)

料理家フルタヨウコさんのアトリエ訪問2 (10月23日更新)

料理家フルタヨウコさんのアトリエ訪問3 (10月24日更新)


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像