連載|socukaの、花日和。 第5回『グリーン×グリーン / 葉もの』

socuka

socukacolumn_main_140226

今年も母の日が終わりました。
お花を贈られる方が多く、忙しい時期でした。

・・・と書いている今はまだ母の日前ですが、
この記事が公開される日には
終わってほっとしていることを願いつつ、、、

春の花も、ある程度ひと区切りしたところで、
今回は少し思考を変えて
グリーンについてご紹介していきます。

器と楽しむ

グリーンと一言で言ってもその種類は多種多様。
濃いグリーンからスモーキーなもの、
シルバーグリーンなどなど。
(右上から時計回りにアイビー、ユーカリ、
コルダータ、ゲーラックス、ダスティミラー、
ゼラニウム、ディクタムナス)

greenA

グリーンだけで飾るのも
すっきりしていいのだけど、
なんだか味気なくなりがち。

そんなときは、ちょっと特徴のある器や
色味のある器に入れると
グッと華やかになります。
これは保存瓶と紅茶の葉の空き缶。
合わせてブルー系の花を1本プラス。

greenB

また、合わせるお花が同じでも、
グリーンが変わるとまた少し
雰囲気が変わります。
こちらは蜂蜜の空き瓶で。

greenC2

器が和風になるとお花まで和風になった感じ。
何となくワンパターンになりがちなグリーンも、
葉の色のトーンを変えたり、器を選んでみると
簡単に雰囲気が変えられます。

greenD

 

雰囲気を作り出す

まだウエディングの仕事を始めたばかりの頃、
お花の種類はいつも違うのに
なぜか毎回テイストが似てしまうと思っていたら、
いつも同じグリーンを使っているからだと
気づきました。

簡単なことだけど、意外と見落としがちなこと。
それからはひとつひとつ、
お花やお客様の雰囲気を汲み取って
グリーンも選ぶようになりました。

greenE

濃いグリーンは元気でフレッシュ、
スモーキーは落ち着いたやわらかい雰囲気、
シルバーグリーンは大人っぽく、、、

そんな風にグリーンを選んで行くと、
お花もいつもとはまた違って
見えてくるのではないでしょうか。

身近な存在のグリーンを
ちょっと違った視点で楽しんでみてくださいね。

socuka_profile_20131004


本日の編集部recommends!

インテリアも洋服も、スキンケアも
「好き」を「愛着」に変える、編集者・安達薫さんのもの選び【SPONSORED】

本日の再入荷
人気の洗える木のプレートや、手のひらサイズの防水スピーカーも再入荷!

残りわずかのアイテムたち
ORCIVALのカーディガンや、着回し力ばつぐんのストラップ付きスカートなどが在庫わずかとなりました。

【動画】わたしの偏愛ストーリー
足元15cmがコーディネートの味方。集まってきた40足の靴下たち

GREENカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像