【料理家さんの定番おやつ】カスタードプリン

編集スタッフ 津田

kurokawaoyatsu_6_1文・写真 スタッフ津田

黒川愉子さんに教わる
夏休みのおやつ「カスタードプリン」

料理家・黒川愉子(くろかわゆうこ)さんに教わる子どもと食べたい夏休みのおやつ、6つめはカスタードプリンです。

黒川さんのレシピでは、カスタードソースを漉す手間いらずでも、なめらかでおいしいプリンに仕上がるのが嬉しいところ。

夏休みが明けの週末のおやつにも、ぜひ作ってみてくださいね。

 

材料(4人分)

卵黄…2個
牛乳…150g
きび砂糖…50g
バニラのさや…2~3cm

生クリーム…100g
牛乳…50g

粉ゼラチン…小さじ1

メイプルシロップ…適量

 

作り方

[1]ゼラチンは大さじ1の水(分量外)でふやかしておく。

[2]卵黄と砂糖をボウルに入れて、滑らかになるまですり混ぜる。

[3]牛乳とバニラビーンズを鍋に入れて中火にかけ、温まったら2に少しずつ加え混ぜる。

[4]混ぜたものを鍋に戻し入れて混ぜながら火にかける。

kurokawaoyatsu_6_3

 

[5]とろみが出たら火をとめ、ふやかしたゼラチンを加えて溶かし、鍋底を氷水にあてて混ぜながら粗熱をとる。

[6]鍋を氷水から外してバニラビーンズを取り除き、牛乳と生クリームを混ぜる。

[7]6を器に流し入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

[8]メイプルシロップをかけて完成。

kurokawaoyatsu_6_4

 

黒川さんからの、ひと言アドバイス

kurokawaoyatsu_6_2

黒川さん:
「カラメルソースではなくメープルシロップをかけるので、苦みが少なくお子さんでも食べやすいと思います。

やはり作りたてが美味しいですが、冷蔵庫で翌々日くらいまで保存することができます。

このレシピにはカスタードソースを漉す作業はありませんが、なめらかなプリンに仕上げるため『少しずつ加える』などのポイントは、ぜひ注意して作ってみてくださいね」

※今回、登場した器や布:黒川さん私物

 

********************

今回をもって、料理家の黒川愉子さんに教わる、定番おやつレシピの連載は終了です。

来週からは、また別の料理家さんに、秋につくりたい焼き菓子を教わります。こちらもどうぞ楽しみにお待ちください!

 

kurokawa_profile_201507r

439114364X ちっちゃなチーズケーキの本 
黒川 愉子
主婦と生活社
4391633906 ホーローバットで作るうちのお菓子
渡辺 有子
中川 たま
飯塚 有紀子
山戸 ユカ
坂田 阿希子
黒川 愉子
磯谷 仁美
主婦と生活社

 

▼本特集のほかのレシピは下記よりご覧いただけます。kurokawaoyatsu_tokushuichiran_1

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

あの人の朝時間
働きながら小中学生の子どもを育てる。忙しい中で「やること・やらないこと」はどう選択する?[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

Buyer's selection|春のメイクにおすすめのアイテム
アイシャドウやカラーマスカラなど、おすすめアイテムを集めました。

【動画】わたしの朝習慣
目覚ましはかけずに陽の光と共に起きる。朝は1日の中で一番好きな時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像