【ドジの哲学】旅のドジは出発前から

文筆家 大平一枝

170324_旅のドジはかきすて


ドジのレポート その19
旅のドジはかきすて!?


 
 私の旅にドジは切っても切り離せない。とくに海外旅行がひどい。
 最近も、苗字と名前をさかさまの登録で航空券を買ってしまい、海外の空港カウンターで「乗せる」「乗せない」の押し問答を体験したばかりだ。

 だいたいドジは、旅の前日からすでに始まっている。2年前に娘とふたりで行った韓国は、なにをどうまちがったか、明洞(ミョンドン)に泊まるはずが、なぜか仁寺洞(インサドン)のホテルを予約していた。ミョンドンは原宿みたいな街で、高校生の娘はコスメや洋服を買おうと楽しみにしていた。仁寺洞はそこから2キロほど離れた街で、古書店やアンティークショップの多い伝統建築エリアだ。つまり仁寺洞は、古い建築好きの私にはぴったりの街で、娘には物足りない。泊まる街を間違えたことに気づいたのが、旅の前日の23時頃である。
 娘には平謝りであった。

 まあ、行ってしまえばそれなりに楽しく、今となっては、ドジもいい思い出なのだが、あのときは焦った。前夜では宿も変えられない。洞という字しか合ってないのに、よく間違えたまま、ここまで気づかなかったものだと、我ながら驚いた。

 旅にドジがついてまわるのは、すべてを自分で手配するからかもしれない。家族の海外旅行も、航空券、宿、レンタカーなど最安値を探してはネットで個別に手配する。もともと注意力散漫なので、そこかしこに粗があり、なにかしら事件が起こってしまうという具合だ。
 すべて自分のせいであるうえ、「なんとかなった」という印象だけが強く残り、どこか反省が甘くなる。その結果失敗を次に生かせず、ドジの堂々巡り、ドジの負のスパイラルは続く。
 
 旅には、ドジさえ思い出に変えてしまう魔力がある。旅の恥はかき捨てということわざがあるが、かき捨てきってはいけないものもきっとある。慣れない英語で、韓国とアメリカの空港で押し問答をしてきたばかりの私はかように痛感している次第である。

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。大量生産・大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに、女性誌、書籍を中心に各紙に執筆。『天然生活』『暮しの手帖別冊 暮らしのヒント集』等。近著に『東京の台所』(平凡社)、『日々の散歩で見つかる山もりのしあわせ』(交通新聞社)『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ』(誠文堂新光社)などがある。
プライベートでは長男(21歳)と長女(17歳)の、ふたりの子を持つ母。

▼大平さんの週末エッセイvol.1
「新米母は各駅停車で、だんだん本物の母になっていく。」

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

わたしの適量
当たり前を減らしてみたら「ちょうどいい」が見つかった。小川奈緒さんがたどり着いたスキンケア[SPONSORED]

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

【動画】あそびに行きたい家
少しずつ憧れのインテリアに。無印リノベ物件に住む、アンティーク好き夫婦の部屋づくり(動画クリエイター・nidones / mioさん yuさん宅)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像