【ケーキが一台焼けたなら】ワンボウルで混ぜるだけ♪ バターを使わない「チョコレートケーキ」

編集スタッフ 奥村 編集スタッフ 奥村

平日の夜でも焼けるくらいに簡単なケーキ作りの方法を、菓子研究家の吉川文子(よしかわ ふみこ)さんに伺っています。

めんどうな工程を解消するポイントを教わった第1話に続き、第2話では、技術いらずでできる「チョコレートケーキ」のレシピを教わります。

日頃からケーキを焼いている吉川さんが考える、平日でも作りやすいレシピとは? 今回は実際に作ってみながら、レシピを見ただけではわからない工程の「コツ」も伺ってきましたよ。

 


ワンボウルで「混ぜるだけ」♪

基本のチョコレートパウンドケーキ


材料

(縦18×横8×高さ6cmのパウンド型1台分)

ココアパウダー(純ココア)…20g
グラニュー糖…60g
牛乳…40g(40ml)
プレーンヨーグルト(無糖)…50g
植物油…60g
卵…1個
薄力粉…70g
ベーキングパウダー…5g(小さじ1)

※シナモンやバニラオイルがあれば少量、香りづけに加えても

吉川さん:
「砂糖は家にあるものでOKです。もしも買うなら、すっきりした甘さに仕上がるグラニュー糖がおすすめ。三温糖や上白糖だとよりしっとりした生地になり、甘みが強く感じられます」

 

下準備

・オーブンを180度(電気オーブンの場合は190度)に予熱する
・ケーキ型にオーブンシートを敷く

 

1.粉類を合わせてふるう

吉川さん:
「薄力粉とベーキングパウダーを合わせてボウルに入れて計量し、ふるいます。ふるった粉は、オーブンシートや紙の上に落としておきましょう」

 

2.ココアと砂糖、牛乳を混ぜる

▲1つの材料を計り終えたらリセットボタンで0gに戻し、新しい材料を加えます

吉川さん:
「ボウルにココアパウダーと砂糖を計り入れ、牛乳も加えて混ぜます。ココアのダマが消え、なめらかなクリーム状になるまで混ぜましょう」

 

3.ヨーグルト、油、卵の順に加えて混ぜる

吉川さん:
「続いて2にヨーグルトを計り入れて混ぜ、オイルを合計60gになるよう、2~3回に分けて計り入れ、その都度よく混ぜます」

吉川さん:
「オイルは生地に混ざりにくいので、数回に分けて加えるのがおすすめです。

上の写真は表面に油が浮いていて、混ぜ足りない状態です。下の写真のように油浮きが消え、表面が滑らかになるまで混ぜましょう。

しっかり混ざったら、卵を割り入れ、好みでシナモンやバニラオイルを少量入れて混ぜます」

 

4.粉を加える

吉川さん:
「最後にふるっておいた粉類を一度に加えて、同様に混ぜます

吉川さん:
「写真のように白い粉が見えなくなったところでストップ。ボウルの側面や底にくっついた生地をゴムヘラやスプーンでなじませて、生地の完成です」

オーブンに入れるまでの作業時間はわずか20分ほど。計量しながら作れたので、あっという間です!

 

5.型に流し入れて焼く

吉川さん:
「生地を型に流し入れたら、型を持ち上げ、トントンと軽く落として空気を抜きましょう。

オーブンの下段に入れて、180度(電気オーブンの場合は190度)で25分焼きます

吉川さん:
「焼きあがったら、ケーキの中心に竹串を刺して焼け具合をチェックします。ドロッとした生地がついてこなければできあがり。焼き足りない場合は、もう5分焼き時間を追加しましょう」

吉川さん:
「ひと晩寝かせた翌朝の方が、味がなじみ、よりしっとりとおいしくなります。冷蔵庫で1週間、冷凍なら1ヶ月間保存できるので、多めに作っても安心ですよ」

 

「焼き上がりの見極めが難しくて……」

スタッフ奥村:
「わたしがいつも迷うのは、焼き上がりの見極め方です。

わが家の電気オーブンは火力が弱いのか、レシピ通りの焼き時間では足りないことが多くて。

また焼きムラも出やすいから、一部だけが焦げついてしまうこともあります。焼き方にコツはありますか?」

吉川さん:
「ガスオーブンに比べて、電気オーブンは火力が弱めです。レシピの温度よりプラス10度を目安に設定してみるといいですよ。

また、残り10分のところで一旦オーブンの扉を開け、ケーキの向きを180度反転させて焼いてみてください。火のあたる向きが変わることで、均一に火が通るようになります」

 

具材を足して、かんたんアレンジ♪

吉川さん:
「基本のレシピが作れたら、好みの具材を生地に足すだけでアレンジが楽しめます。

板チョコ一枚の約半分を細かく砕いて生地に混ぜ込み、残りの半分を大きめに砕いて上にのせて焼けば、より濃厚なチョコレートケーキが出来上がり」

吉川さん:
「バナナ1本を一口大に切り、生地に挿して焼けばチョコバナナケーキになります。そのほか、オレンジなど好みのフルーツを入れるのもおすすめです」

 

ケーキも、気負わない「ふだんの料理」になる?

今までなかなか変えられなかった「ケーキ作りはめんどう」のイメージ。

けれど今回教わってみて、「計量もワンボウルでOK」や、「道具は家にあるもので代用できる」など、がんばりすぎなくてもいいポイントに気づくことができました。

自分に無理のないやり方で、ケーキが一台焼けたなら。手作りのケーキはもう憧れじゃなく、ごはんを炊くように、気負わないふだんの料理にできるような気がしました。

(おわり)

【写真】木村文平


第1話(2月5日)
【ケーキが一台焼けたなら】平日の夜でも気負わずに、ケーキは焼ける?

第2話(2月6日)
【ケーキが一台焼けたなら】ワンボウルで混ぜるだけ♪ バターを使わない「チョコレートケーキ」

吉川文子

菓子研究家。1995年より自宅で洋菓子教室を主宰。伝統的なフランス菓子をベースにしながら、新しい風味や作りやすさを追求したレシピで人気を集める。“バターを使わないお菓子”を提案し、著書も多数、そのおいしさに多数のファンを持つ。http://kougloflove.blog120.fc2.com/

▽吉川文子さんの著書はこちら


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
賃貸のキッチンは、制約だけじゃない。選べる「自由」がありました

最新の再入荷情報
人気のSilkeborgのブランケットが今年も入荷しました♪

手帳プレゼントキャンペーン
今年もはじまりました!お買い物いただいた方全員に、当店オリジナル「クラシ手帳」をプレゼント!

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像