【スタッフコラム】ちょっと良いりんごジュース

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

寒い寒いと言いつつも、寒い季節が結構好きで、空気のきれいさやつんと冷たくて透明感のある匂いなんかを鼻の奥に感じると「あぁ冬っていいなぁ」と思います。肩をぎゅっと上にあげてそそくさと足早に通りすぎる人たちの様子も、なんだか人間らしく、愛嬌があるように感じてしまう。

そんな今の季節に、新しく2つ楽しみが増えました。

一つ目は、朝、空を眺めてぼうっとすること。とても普通のことなのですが、それをベッドに潜ったままするのが、今の私の楽しみなのです。

私の部屋はベッドが壁に横付けされていて、そこに窓がついています。朝方、腕だけ伸ばしてほんの数十センチだけカーテンを開ける。その途端にひやりとした空気が一気にベッドに降り注ぎます。もちろん寒いから布団に顎まで潜り込むのですが、それがまるで清潔な水で顔を洗っているみたいで、なんとも気持ち良いのです。

その後、5分くらい空をただ眺めます。このところ東京は雨模様で、薄べったい灰色の空ばかりでした。曇り空は「どんよりとした天気」なんていう風に形容されますが、ぼうっと眺めたり瞼の裏でその存在を確かめたりしていると、曇りといっても空は光で満ちているのだと感じられます。ただ、光が鈍くてやわらか。上品なペールグレーの空は存在感こそ儚いですが、ニットやワンピースとして仕立てたらきっと素敵になるだろうと思わせてくれる、私の大好きな色です。

そして二つ目の楽しみが、ちょっと良いりんごジュースを飲むこと。

「ちょっと良い」がポイントです。中には1000円近くするものもありますが、私にはそういうものは肩が凝ってしまう気がして、400円程度で買える瓶入りのものを購入しています。でも、十分おいしい。喉をすぎた後の空気の匂いが、しゃくしゃくとりんごを食べた後みたいなんです。ベタベタに甘くなく、ほのかに酸味もある。その素朴さが、飾っていない朝の体にすごく合う。

真っ赤に熟れたりんごを見るたびに、朝食でりんごを食べたいなぁとは思っていたのですが、朝から皮を向く元気がなく、けれど甘さだけが強烈なジュースはなんだか疲れてしまうような気がします。

そんな時に出会えたりんごジュースのおかげで、朝によろこびが増えました。

冬の光と、冷たい空気と、ちょっと良いりんごジュース。

自分なりの楽しみを見つけられたから、もっと、冬を好きになりそうです。

▲冬のいちごの匂いもすごく好きです


本日の編集部recommends!

気持ち上向くスキンケア
敏感肌でも納得できるものを選びたい。エッセイスト・柳沢小実さんを訪ねました。[SPONSORED]

人気のフォーマルシリーズが卒入学前に最後の再入荷です!
あっという間に完売した、バッグやジャケットも揃ってますよ。

いよいよ最終話!アプリにて先行配信
【1月25日(土)21時~】最終話は、当店のアプリだけで先行配信!

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像