【密着!】自然豊かな安曇野で、”備える”を楽しむ。60代で東京から引っ越した徳田民子さんの暮らしのモットーとは?

編集スタッフ 鈴木 編集スタッフ 鈴木


定年後の安曇野暮らし

都会にはなかった”刺激”


私たちが大好きな「あの人」のいまの生き方に迫る、ドキュメンタリー番組『うんともすんとも日和』、第15弾をお届けします。

今回は、ファッションコーディネーターの徳田民子(とくだ たみこ)さんにご登場いただきました!

ファッション誌『装苑』などの編集長を経て定年退職。60代で「縁もゆかりもなかった」という長野の安曇野へお引越しされたそうです。そんな徳田さんの書いた「ひと手間の備えで」という言葉の意味とは-。

ご主人とともに一目惚れするように移り住んだという長野県、安曇野市。終の住処というつもりはなくて、いつでも気が変われば引っ越してもいい、と考えながらもう10年以上お住まいなのだそうです。

ファッションのことを続けていきたい、とファッションコーディネーターとして活動する徳田さん。安曇野に引っ越してからは、ベーシックなお洋服を自分なりにアレンジすると、リラックスしておしゃれを楽しめることに気がついたといいます。

そんな徳田さんに東京の暮らしとどう変わったか聞いてみると、「四季や自然をはっきりと感じるんです」と答えてくださいました。

栗の木や畑の収穫どきになると猿がきて荒らしていってしまったこと、荒らされた後の処理に困ったことなど、自然と共に暮らすことの大変さを痛感する一方で、四季折々の生活の変化に、都会に住んでいた頃とはまた違った刺激を感じているのだそう。

夏には冬のための薪を用意したり、毎日少しずつ収穫したベリーを集めてジャムにしたり。身近にお店がないため、手にはいらないものは手作りで生活を整えていこうと決めているそうです。

心地よい生活をするために、「備え」が必要。その備えもまた、生活のリズムを形作っていく- 。そう語る徳田民子さんの1日に密着します。

 

オリジナルドキュメンタリー、いかがでしたか?

 

バックナンバー

 

徳田さんの関連記事はこちらからご覧いただけます。

【ボーダーの似合うひと】「定位置」を見つけて。60代で始めた、第二の人生

【バックナンバー公開】70歳でピアスを開けた、元『装苑』編集長・徳田民子さんの連載を、メルマガ限定で配信中です。

 

チャンネル登録で最新動画をチェック!

YouTubeでチャンネルを登録していただくと、最新話のお知らせが受け取れるようになります。モーニングルーティン番組や、ドキュメンタリー、ドラマ『青葉家のテーブル』などのバックナンバーもあわせてお楽しみください。

 


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

VIDEOカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像