【あの店のレシピ】第5話:市販の材料で手軽に楽しむ!「ブルーベリーパフェ」(メメミール)

ライター 長谷川未緒

よく行くお店や、あこがれのお店の味を家でも楽しみたい、と思うことがありますよね。そこで、5つの人気店の店主に、家にありそうな材料で、手軽に作れる本格レシピを教えてもらいました。家での料理が楽しくなるヒントも伺っています。

第5回は、東京・浅草橋、鳥越神社近くで「メメミール@T」というカフェを営んでいた安居みおさんです。

 

どこか懐かしいごはんとおやつ

「メメミール」のメメは、フランス語でおばあちゃんという意味なのだとか。料理上手なおばあちゃんから教わった味をベースに、旬の野菜をたっぷり使ったお惣菜が中心のごはんや、プリンやパフェなどのほっとするデザートが人気でした。

お店は、3月末に惜しまれつつ閉店してしまいましたが、今後はイベントやワークショップなどで活動するという安居さん。今回、教えてくれたのは「ブルーベリーパフェ」です。

安居さん:
「お店では、すべての材料を手づくりしていましたが、家で簡単に楽しめるように市販品でアレンジしました。

パフェは素材のおいしさも大切ですが、組み合わせによるハーモニーを楽しむのが醍醐味です。甘かったり、酸っぱかったり、ちょっと塩気も感じたり。家にあるものや市販の素材でも、組み合わせ次第で楽しいパフェができますよ」

 


簡単! 絶品!
「ブルーベリーパフェ」


〈材料〉
・塩気のあるクラッカー…1枚
・バニラアイスクリーム…大さじ3程度
・塩…少々
・加糖ヨーグルト…大さじ3程度
・ブルーベリージャム…大さじ2程度
・レモンシャーベット…大さじ1程度
・(あれば)生のブルーベリー、ミント、クラッカー…適量ずつ

 

〈作り方〉
(1)グラスに砕いたクラッカーを入れる。

(2)アイスクリームをディッシャーかスプーンでくり抜いて入れ、塩を振りかける。

(3)ジャムをかけ、加糖ヨーグルト、レモンシャーベットをのせ、飾りにブルーベリー、ミント、クラッカーを飾って完成。

 

さらにおいしく楽しむには

加糖ヨーグルトとジャムを自家製のヨーグルトババロアとジャムにすると、もっと本格的な味わいになります。

〈ヨーグルトババロアの作り方〉
1.ゼラチン5gを大さじ1の水でふやかす。 2.鍋にグラニュー糖45gと牛乳200gを入れ、沸騰直前で止めて砂糖を溶かし、ふやかしたゼラチンを入れ、溶けるように軽く混ぜる。 3.ボウルに無糖ヨーグルト200gと生クリーム150gを入れ混ぜ、2も漉しながら加えて混ぜる。 4.清潔な容器に移し、冷蔵庫で3~4時間冷やし固める。

*冷蔵庫で2日ほど保存可

〈ブルーベリージャムの作り方>
1.鍋によく洗ったブルーベリー100gを入れ、グラニュー糖40gを加えてよく和え、しばらくおいておく(潰れたものがない時は少し潰しておくと良い。過熟して生で食べれないようなもので良い)。 2.浸透圧により水分が出てきたら火をつけ、アクを丁寧に取り除きながら煮て、トロッとしてきたら火を止める。 3.清潔な瓶などに入れて熱いうちに蓋をして逆さにして冷ます。

*冷蔵庫で2週間ほど保存可

 

季節のパフェを楽しむヒント

安居さん:
「今回紹介したパフェは、ブルーベリー以外に、プラム、キウイ、夏みかんなどでも合います。ジャムも、ほかの果物でも同じ分量で作れます。

パフェを作るときは、食べ進めていく時の味の変化をイメージするのがコツかもしれません。たとえば、暑い時期なら、最初にレモンシャーベットの涼感と酸味がくるといいと思います。

時間があれば、バニラアイスやレモンシャーベットも自家製にしてみるのも楽しいですし、何かが足りなくてもいいし、ちょっと分量が違ってもいい。ゆるい感じが、家庭料理の良さだと思います。

毎日のことなので、イマイチだったならリベンジできるチャンスは何度でもやってきます」

 

全5回で紹介してきた「おうちで作るお店の味」。どれも簡単に作れて定番メニューになること請け合いです。

レパートリーが広がることは楽しいですし、お店のようにとまではいかなくても、自分なりにおいしいものを作れることは、とてもうれしいことだな、と改めて思いました。

 

【写真】安居みお

 

もくじ

第1話(6月2日)
そのままでもサンドイッチにしても!「じゃがいものグラタン」(カフェロッタ/松陰神社前)

第2話(6月9日)
残り野菜がごちそうに!「かき揚げ丼」(あたらしい日常料理ふじわら/東小金井)

第3話(6月16日)
ふだんの食卓にも、おもてなしにも!「あさりのパエリア」(eatrip/原宿)

第4話(6月23日)
多めに作って常備菜にも!「アジアンつくねのバインミー」(スタンドバインミー/学芸大学)

第5話(6月30日)
市販の材料で手軽に楽しむ!「ブルーベリーパフェ」(メメミール)

 

安居みお

料理家。料理上手の祖母に料理を習ったことをきっかけに、料理の道に。飲食店勤務やケータリングを経て、2017年4月〜2020年3月まで「meme meal @T」として、ランチとティータイムのお店を運営。今後はmeme mealの屋号でイベントや料理教室などを行う。インスタグラムアカウント@meme_meal


本日の編集部recommends!

本日の再入荷
洗濯ものの乾燥や、扇風機にも!1年中使えるおしゃれなサーキュレーターが再入荷。

送料無料!暮らしに「余白」をくれるコーヒーマシン
手間や時間をかけずに、おいしい一杯を。当店で一緒に注文した商品も送料無料です♩

【映像特別版】パリのアパルトマン暮らし
朝に弱いクロエさんの気分を上げていく習慣。

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像