【ホットドリンクの時間です】第1話:マグカップに注ぐだけ。いがらしろみさんの「ホットジンジャーレモネード」

編集スタッフ 栗村

起き抜けに飲む白湯や、息抜き時間のコーヒー、夜更かししながら作るチャイ……冬に飲むホットドリンクを想像すると何故だかわくわくしてきます。

本格的に冬が始まる12月、心も体も温まる飲み物のレシピを知れたら、これからやってくる寒い季節がちょっぴり楽しくなるかも知れない。

そう思って訪ねたのが『romi-unie(ロミ・ユニ)』の代表で、菓子研究家のいがらしろみさん。

飲みたい時にさっと作れるものから、コトコトと作る時間が楽しいものまで、身近な材料を使ってできる本格的なホットドリンクを教えてもらいました。1週間に1つずつ、全部で4つご紹介していきます。

今回は、火を使わず忙しい朝でもリズミカルに作れるホットレモネードのレシピです。


マグカップでそのままつくる
体ぽかぽかホットレモネード


材料(マグカップ1杯分)

・しょうが少々
・レモン1/2個(20cc)
・グラニュー糖小さじ1
・はちみつ大さじ1

 

作り方

まずはお湯を沸かして、お気に入りのマグカップを用意する。

使うカップの大きさは200~300ccのお湯が入るくらいの大きさがちょうどいい。

あとは材料をカップに入れていくだけ。はじめに半分にカットしたレモンの果汁をぎゅっと絞りいれる。

生姜の量はお好みで。使う部分だけ皮をとって、すり下ろす。

小さじ1杯のグラニュー糖を。

レモンの果汁に砂糖を加えてあげると、甘味がくっきりとしてよりおいしくなるのだそう。

熱いと甘さを感じにくくなるため、はちみつはたっぷり入れて大丈夫。大さじ1杯をたらり。

最後にあつあつのお湯を注げばあっという間に完成。

 

できあがり!起き抜けにぴったりな、やさしい酸味と甘み

いがらしさん:
「忙しい平日の朝でもマグカップに材料を加えるだけ、手軽でリズミカルに作れるレモネードです。

はちみつだけだと甘さがぼんやりするので、ちょっとだけ砂糖を入れるとよりおいしくなりますよ」

やさしい甘さと、レモンのほんのりとした酸味が起き抜けの体にぴったり。体をじんわり温めてくれる1杯でした。

さて次回はおやつの時間に作りたい、濃厚なホットチョコレートのレシピをご紹介します。

(つづく)

【写真】木村文平


いがらしろみ

小さな頃からお菓子づくりが好きで、短大卒業後、フランス菓子店製造部に就職。その後パリに留学。ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。帰国後、ル・コルドン・ブルー東京校事務局に勤務。2002年より菓子研究家・romi-unieとして活動をスタート。2004年に鎌倉にジャムの専門店「Romi-Unie Confiture」を開店。以降焼菓子やチョコレート菓子のお店もオープン。その他、商品開発やアドバイザーなども務める。新著「romi-unieのうちで作るからおいしいおやつ」(オレンジページ)が発売中。

▽いがらしろみさんの著書

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

わたしの適量
当たり前を減らしてみたら「ちょうどいい」が見つかった。小川奈緒さんがたどり着いたスキンケア[SPONSORED]

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

【動画】あそびに行きたい家
少しずつ憧れのインテリアに。無印リノベ物件に住む、アンティーク好き夫婦の部屋づくり(動画クリエイター・nidones / mioさん yuさん宅)

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像