【春コーデを楽しみたい】前編:一歩先のおしゃれが叶う、春いちボトムス「ペールグレー」をつかったコーデ集

編集スタッフ 田中

毎年この時期になると、冬服に飽きてしまいます。明るい色や柄ものが気になったり、いつもと違う雰囲気の服で背伸びしたくなったり。

そんなとき頼りになるのは、先月発売された「春いちボトムス」。シンプルでいて、生地やシルエットにこだわっているから、いろんなタイプのトップスとの着こなしが叶い、しぜんと登場回数も多くなります。

この着まわし力で、春のおしゃれ欲を満たせないだろうか?と思い、大人っぽさの中に遊び心のあるアイテムセレクトが素敵な、スタイリストの高上未菜(たかうえ みな)さんへコーディネートを依頼することに。

高上さんと一緒に、「ペールグレー」の春いちボトムスをベースにした、ちょっとだけ冒険心を満たしてくれるおしゃれをお届けします。

 

 

ワントーンコーデのポイントは
「くすみカラー」と「締め色」

コート ¥44,000 /LOISIR、ネックレス¥9,800/ADIEU TRISTESSE、バッグ ¥9,800/rapiecage

最初は、ホワイト1色で統一するワントーンコーデ。憧れはあるけれど、すべてのアイテムが真っ白だとなんだか清潔感がありすぎ?悪目立ちしそう?と、難しさを感じることも。

高上さんがおすすめしてくれたのは、くすみカラーのアイテムを使うこと。

高上さん:
「春いちボトムスは、グレーとアイボリーの間のようなニュアンスのある色。

くすみカラーでもあるので、全体の印象が真っ白にならず、バランスよくまとめてくれます」

バッグ ¥9,800/rapiecage、アクセサリーはスタイリスト私物

そしてワントーンコーデをよりおしゃれに見せてくれるのが、締め色になるバッグやアクセサリー。

今回はバッグの黒い紐やイヤリングの黒いビーズがいい仕事をしてくれたようです。色のバランスの取り方がわかったら、ちょっと冒険ができそうな気がしてきました。

 

ガーリーアイテムを
いつものコーデになじませるコツ

黒カットソー¥12,800/LOISIR、白フリルブラウス¥13,800/congés payés ADIEU TRISTESSE、バッグ¥12,000/ADIEU TRISTESSE

次におすすめされたのは、甘さのあるガーリーアイテムを取りいれること。

シンプルな服が好きですが、時折ショーウィンドウで見かけるフリルのある服やピンクのアイテムなど、可愛らしいものも手に取ってみたくなります。でも手持ちの服とあわせられる自信がなくて、ずっと買えずにいました。

「甘い雰囲気のものは、コーデに新鮮味を出すのにうってつけ。不安があるなら、まずはモノトーンコーデにアクセントとして取り入れるのがおすすめです」と高上さん。

例えば、フリルブラウスは黒いカットソーを合わせて、襟だけのぞかせてポイントに。チャイナピンクの靴下は、フリンジのついた黒革のストラップシューズと合わせて差し色にしました。

高上さん:
「気をつけたいのが、シルクやレーヨンなどとろみのある素材と合わせると、より甘い印象になってしまうこと。春いちボトムスやカットソーなどカジュアル感のある素材となら、甘さ控えめのコーディネートになります」

足元も少しガーリーにまとめたくて、ストラップシューズと合わせてみましたが、ローファーなども合うそうです。

(靴はスタイリスト私物)

フリルもピンクも小さなアクセントにするなら、いつものコーデとまとめられそう。それがわかったら、ガーリーな服を買ってみようかなと思えました。

 

春の柄物を選ぶなら
「チェック」が一押し

チェックブラウス¥16,000/FIL DE FER、サンダル¥18,800/ADIEU TRISTESSE、バッグ¥25,000/ADIEU TRISTESSE

最後に、おすすめの柄ものコーデを教わりました。柄があると一枚でサマになるからラクだとは思うものの、ストライプやボーダーだと少し物足りない……なんてこともあります。

そんなとき、高上さんのおすすめはチェック柄。さらに、どのボトムスとも合わせやすいチュニックならコーデが楽にまとまるうえに、大人っぽさもあります。

足元はサンダルと靴下で春っぽさを出して。サンダルに合わせる靴下は、トップスに使われている色(今回はイエローやオレンジ)を選ぶと、バランスよくまとまるそう。

ストライプやボーダーよりも大人っぽいチェック柄も、この春に手にとってみたくなりました。

 


 

高上さんに教わった春を楽しむコーディネート。ちょっとだけ一歩先に連れていってくれるアイテムとの付きあい方がわかって、服を選ぶ時間もワクワクしそうです。

また、「ペールグレー」の春いちボトムスの色や生地の質感は、どんなトップスとも合うと、改めて魅力に感じました。

さて、つづく後編は春いちボトムスのネイビーを使った着まわしを。こちらはシックなおしゃれを追求した、また一味ちがうコーデ集です。

 

photo:濱津和貴
styling:高上未菜

 

もくじ

記事に登場した当店アイテムはこちら

– 衣装協力 –  掲載アイテムのお問い合わせ先

LOISIR(ロワズィール) 03-6861-7658
rapiecage(ナンバー吉祥寺店) 0422-27-2600
ADIEU TRISTESSE(アデュー トリステス) 03-6861-7658

congés payés ADIEU TRISTESSE(コンジェ ペイエ アデュー トリステス) 03-6861-7658
FIL DE FER(フィル デ フェール たまプラーザ店) 045-904-3890

※表記のないものはスタイリスト私物もしくは、当店アイテムです。

 

高上未菜

スタイリスト。南 拓子氏に師事後、2009年に独立。『FUDGE』、『kiitos.』、『リンネル』などの雑誌を中心に、WEBサイト、カタログなどで活躍中。instagram→@minatakaue16


感想を送る

本日の編集部recommends!

MORE SALE!
ヌキテパのワンピースやルームウェアなどが新たに追加!人気アイテムもさらにお買い求めやすくなりました

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

【動画】新番組|北欧をひとさじ
ノルウェーの透き通るような青空を思い出す。桒原さんちの夏の習慣

FASHIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像