【昔ながらのシンプルおやつ】第3話:つるん!さわやかパイナップル牛乳かん

ライター 長谷川未緒

手作りのおやつに憧れはあるけれど、時間がかかりそうだったり、道具を揃えなくちゃいけなそうだったり、ちょっと面倒……。

でも昔ながらのシンプルなおやつなら、手軽に、家にあるもので作れるのだとか。

そこで、気負わずにおいしく作れる簡単おやつを「かえる食堂」の松本朱希子(まつもと あきこ)さんに教えてもらいました。

第3話では、蒸し暑い日にうれしい、牛乳かんをご紹介します。

第1話 あずき蒸しパン第2話 カステイラ

 


優しい甘みとフルーツの酸味
喉ごしの良い牛乳かん


材料(70mlのゼリー型6個分)

・牛乳…250ml
・砂糖…25g
・水…40ml
・粉寒天…2g
・パイナップル…約60g

*砂糖は三温糖がおすすめ。コクのある、やさしい味に仕上がる。

 

1.材料を混ぜる

小鍋に牛乳250gと砂糖25gを入れ、混ぜながら沸騰直前まで火にかける。

別の小鍋に水40gと粉寒天2gを入れ、火にかける。ゴムベラで混ぜながら、沸騰後1分ほど煮て、火を止める。

寒天液に牛乳を加えて混ぜる。

 

2.型に流し入れる

氷水を張ったバットにゼリー型を並べる。

パイナップルを5mm厚さのいちょう切りにし、型に数個ずつ入れて、牛乳を深さ1cmほど流し入れる。

固まってきたら、残りのパイナップルと牛乳を流し入れ、粗熱が取れたらラップフィルムをかけて冷蔵庫で冷やし固める。

牛乳の風味と、パイナップルの甘酸っぱさがノルタルジックで、きゅんとするおいしさ。寒天特有のほろり、つるんとした食感は、食欲がないときにもおすすめです。

松本さん:
「子どものころ、母が缶詰のフルーツでよく作ってくれました。わたしも娘の離乳食がはじまったときに、よく作りました。

パイナップルは入れなくてもおいしいですし、みかんの缶詰やプルーンなどを加えてもいいですよ」

寒天は必ず沸騰させること、牛乳も温めることで、寒天と合わせたときにダマができず、ムラのないなめらかな仕上がりになるそう。

大きな容器で作って、すくいながらいただくのも楽しそうですね。

最終話となる4話では、懐かしいけど、新しい白玉のレシピをご紹介します。

(つづく)

 

【写真】濱津和貴

 

もくじ

 

松本朱希子

料理家。「かえる食堂」主宰。実家の広島から届く野菜や果物、魚を使い、季節に寄り添った料理を提案。


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】6/28(金)10時まで!大人気の「オイルインミスト」が再入荷
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像