【着用レビュー】6サイズ展開の「BEAUTIFUL SHOES」のベルトサンダルを、スタッフが試着してみました

編集スタッフ 小林

本日発売になった「BEAUTIFUL SHOES(ビューティフルシューズ)」のベルトサンダル。洗練されたデザインと丁寧なものづくりで、社内でも憧れているスタッフが多いサンダルです。

今回スタッフ5名がはいてみたところ、基本的には普段選んでいるサイズでジャストフィットしている印象です。

ジャストサイズと少し大きめをはき比べて、どちらもはける、というスタッフが多々。少しゆとりが欲しいか、ジャストフィットではきたいか、好みによって選ぶサイズが変わりそうです。

ページの最後には、足のサイズや特徴の異なるさまざまなスタッフの声も集めましたので、サイズ選びの参考にぜひご覧ください。

***

スタッフの試着によると、以下を目安にサイズを選ぶと良さそうです。

幅広、甲高さん:基本的に普段と同じサイズでOK。幅広・甲高の特徴が強めの方、甲周りに余裕がほしい方はワンサイズ大きめにし、ベルト調整するのもおすすめ。

幅狭、甲浅さん:基本的に普段と同じサイズでOK。ベルトでフィット感を調整できるため、足の長さに合わせてサイズを選ぶのが良さそうです。

***

バイヤー 郡
着用サイズ:22.5cm



【足の特徴】
全体的に小さめ、幅がやや狭め。甲高は普通。

【足のサイズ】
スニーカー:23cm、サンダル・パンプス:22.5cm
足長(親指の先〜かかとの先まで):22cm
足囲(甲の一番高いところの周囲):20.5cm

【今回着用したサイズ】
22.5cm:足長・甲周り・幅、どこも緩すぎず、キツすぎず、ちょうど良く感じました。薄手の靴下ならはけるくらいのゆとりがあります。 ハードな見た目に反して足あたりが柔らかく、ストレスなく歩けました。


郡:
「厚底のサンダルですが、私が小柄というのもあり、はいた瞬間にテンションが上がりました!

長めのパンツやワンピースと合わせたときにバランスが取りやすく、本当に嬉しいです。 厚底といっても挑戦しやすい高さなので、ぜひ小柄さんにも試していただけら。

パッと見た印象は重そうに見えるのですが、いざはくと軽くてびっくり。 少しハードな見た目に反して、足を柔らかく包み込むような安心感があり、長時間はいていても疲れにくそうです」


郡:
「スカートに合わせるとパリッと引き締めてくれるし、デニムに合わせてもかっこよく決まりそう。

カジュアルな装いに合わせてもバランスよく決まるので、重宝しそうです。コーデ全体が引き締まる感じがして、個人的にも好み。汚れも目立ちにくいので安心してはけそうです。

何より真正面、真横、自分から見たとき、どの角度から見てもシルエットが綺麗。足元を上品に、美しく見せてくれるサンダルだなと思います」

 

商品プランナー 中居
着用サイズ:23.0cmと23.5cm


【いつもの靴サイズ】
スニーカー:23.5cm、サンダル・パンプス:23cm
足長(親指の先〜かかとの先まで):23cm
足囲(甲の一番高いところの周囲):21.5cm

【足の特徴】
甲がやや浅め、足幅は普通。

【今回着用したサイズ】
23.0cm:ジャストフィット。靴下合わせをするほどの余裕は無さそうだけれど、革が柔らかいのでジャストフィットでもあたりは少ないです。夏の間は素足で着用するのがメインになりそうなので、個人的に買うならぴったりサイズのこちらを選びます。
23.5cm:踵のベルトを縮めるとフィット。甲の周りにゆとりがあるが、歩きづらさはなし。靴下合わせをしたい人であれば、こちらで良さそうでした。

※写真では23.0cmを着用しています

中居:
「 本当に本革?と何度も確かめてしまうほど、とても柔らかく足に馴染みました。裏面の処理もすごく滑らかで、足にまったくと言っていいほど負担がかからないのが嬉しいです。 見た目は重厚な印象でしたが、ソールも軽く、このまま走れそうだなと思うほど。

厚底サンダル自体は身長が低めなこともあってこれまでもよくはいていましたが、革のものはどうしても足が痛くなってしまったり、重たくて歩きづらかったり。見た目・はき心地ともに大満足なものには出会えていませんでした。

実はこのBEAUTIFUL SHOESのサンダル、長年気になっていたのですが今回初めて試してみて、想像以上にはき心地がよくて驚きました。お値段にも納得です。欲しい〜!」

中居:
「革のベルトも太すぎず、細すぎず絶妙。華奢すぎず、ピリリと辛口なアクセントになっている、このバランスが好みです。

私が今回はいたのはブラックですが、革特有の上品なツヤ感があるので重たくなりすぎず、使いやすそうだなと思いました。

レザーのきちんと感やツヤ感が、まるでアクセサリーのようで、あえてカジュアルコーデの足元に合わせても良さそうだなと。 カジュアルなパンツスタイルも、大人らしいコーデに格上げしてくれる気がします」

 

編集スタッフ 二本柳
着用サイズ:23.0cmと23.5cm



【いつもの靴サイズ】
スニーカー:23.5cm、サンダル・パンプス:23cmが多いが、ブランドや靴のデザインによる。
足長(親指の先〜かかとの先まで):23.5cm
足囲(甲の一番高いところの周囲):21.5cm

【足の特徴】
親指の付け根がやや外に出っぱる形の外反母趾気味。甲はやや浅め。

【今回着用したサイズ】
23.0cm:足長がぴったり。全体的にジャストサイズなのはこちら。窮屈感はないけれど、ホールド感がしっかりあり、滑らず歩きやすいなと感じました。
23.5cm:足長はややゆとりあり。横幅が楽だなと感じるのはこちら。かといって大きすぎることはなく、ベルトを調整せずともはけました。パカパカすることもありません。足がむくんだり、靴下をはくことも考えると、余裕のあるこちらを買いたいです。

※写真では23.5cmを着用しています


二本柳:
「このサンダルは、ソールがとにかく心地よいですね。厚底なのに軽いのも、嬉しい。ソールが軽く柔らかいから歩きやすさも抜群で、手持ちのぺたんこ靴よりクッション性があって快適でした。

ベルトのレザーも柔らかいので、靴擦れをするような心配がなく、届いた初日から気軽にはけそうです。

今回サイズ選びで迷ったのですが、足のむくみや、靴下を合わせることを考えると、個人的には余裕のある23.5cmを買いたいなと思いました。ベルトでしっかりホールドされている感覚があり、余裕のあるサイズを選んでも歩きやすいのが決め手でした」

二本柳:
「そしてこの厚底のボリューム感、かわいい! はくだけで、コーディネートがどこか旬になるのが嬉しいです。夏のシンプルなワンピースにも、アクセントになって良さそうですね。

私が試着したアイボリーは、真っ白ではないからこそ、洋服にも馴染みやすいなと感じました。ボリュームのあるデザインなので黒もかっこよくて素敵ですが、このアイボリーはコーデに軽やかさが出て、私のワードローブにはより使いやすそうでした。

カジュアルからきれいめまで、どんなコーディネートにも合わせやすいデザイン。甘めのコーデの日に、小物で引き締めたいときにも活躍しそうです」

 

 編集スタッフ 青木
着用サイズ:24.0cmと24.5cm

【いつもの靴サイズ】
スニーカー:24.0〜24.5cm、サンダル・パンプス:24.0〜24.5cm
足長(親指の先〜かかとの先まで):24cm
足囲(甲の一番高いところの周囲):23.5cm

【足の特徴】
甲高・幅広で左右差がある。ブランドによってフィット感が変わるのでちょうど良いのを見つけるのが難しい。

【今回着用したサイズ】
24.0cm:足長も足囲もぴったり。ベルトを緩めて着用し、特にきついということもありませんでした。足が前に滑らずホールド感があります。ただぴったりすぎるので、むくんだときにどうなるのかが気になるところ。素足ではくことが多いならば、段々と馴染んで革が少しのびてくることを考えてこのサイズを選びます。
24.5cm:私の場合、靴下をはくこともあるので、買うならこのサイズを選びます。こちらは足長も足囲もややゆとりがありますが、甲と踵のベルトでぴったりに調整できるので、問題なし。足が前に滑ることはなく歩きやすいです。

※写真では24.0cmを着用しています

青木:
「厚底サンダル、いいですね〜。服とのバランスがとりやすいです。身長が少し高くなるのも嬉しいです。

はく前は、なんだか重くて革が固そうな印象でしたが、実際はすごく軽くて、肌当たりも柔らかかったです。すぐにへなへなになる柔らかさとは違って、しっかり厚みがあり、安心感がありました」

青木:
「淡い色の服を着たときも、どこかに締まる色を持ってきたいなと思うので、そんなときにぴったり。コーディネートもしやすそうです。

またここ数年は、1日素足で過ごすと冷えすぎたり、疲れたりしてしまうこともあって、サンダルでも靴下をはきたいなと思うことが増えました。

このサンダルはレザーの幅が広めで程よくカジュアルな雰囲気があるので、色々なタイプの靴下が合わせられそうなのが心強いです」

 

バイヤー 木下
着用サイズ:24.5cmと25.0cm

【いつもの靴サイズ】
スニーカー:24.5〜25cm、サンダル・パンプス:24.5cm
足長(親指の先〜かかとの先まで):24cm
足囲(甲の一番高いところの周囲):25cm

【足の特徴】
幅広、やや外反母趾ぎみ。

【今回着用したサイズ】
24.5cm:足長はジャストサイズ。ベルトを調整せずとも、きつくはありませんでした。履いた瞬間は外反母趾のところがちょうどベルトに当たる気もしましたが、歩いてみると問題なし。買うならこちらを選びます。
25.0cm:長さにゆとりあり。ゆとりがある分、ベルトに当たっている外反母趾の部分が歩くうちにズレて痛くなりそうな予感。

※写真では24.5cmを着用しています

木下:
「25.0cmは比較的長さに余裕あり、24.5cmはジャストサイズという印象でした。足幅についてはどちらもサイドに余白が残らず、ジャストフィットです。

足を入れた瞬間はちょっときついように感じましたが、しっかり足を入れて歩くとそこまで窮屈さはありません。でも、フィット感はかなりありますね。甲を覆うレザーはしっかりしていて、ホールドされている感覚があります。

ソールは固くなく、かといってものすごい柔らかい訳でもなく、歩きやすい柔軟さです。 突っかかって転びそうになる心配もなさそうでした」

木下:
「はくときにベルトを外すことなく、さっとはけるのが良いですね。

長さや幅に余分な余りがないせいか、厚底なのにスッキリと見えるところも好み。コーディネートの縦ラインがきれいに作れそうです。足元がしっかりしていると全身のバランスが取りやすくなるシーンも多そうで、厚底もいいな、と感じました。

今回はいたアイボリーは黒と白の2色が使われているので目立ってしまうのではと心配しましたが、重くなりすぎず、むしろ軽やかな印象になるのがいいですね。

友人と食事を行くときなど、気張りすぎず、程よくカジュアルダウンさせたいおしゃれにぴったり。ちょうどいい足元が作れそうだと思いました」

 

スタッフレビューを集めました!

◎買うなら22.5cm
・いつものサイズ:22.5cm
・足の特徴:甲や幅は普通。足が小さいので合うサイズを見つけるのが難しい

「22.5cmと23.0cmをはきました。22.5cmはジャストフィットなはき心地。かかとのベルトを縮めるとよりホールド感がありました。

23.0cmでもブカブカではなく、こちらを選んでも大丈夫そう。ただ、歩くと踵が若干浮く印象があります。

私はフィット感のある22.5cmを選びたいですが、ゆとりのあるはき心地が好みの方や、靴下合わせでもはきたい方は23.0cmを選んでも問題ないと思います」

◎買うなら23.0cm
・いつものサイズ:23.0cm、ものによっては22.5cmを選ぶことも
・足の特徴:甲や幅は普通。わずかに外反母趾

「22.5cmと23.0cmをはきました。22.5cmは、ベルト穴を一番緩めても足長に対して余裕がなく、パツパツ。

23.0cmはピッタリサイズ。甲、幅ともにちょうどいいです。踵のベルトを少し縮めるとパカパカせず、より歩きやすくなりました」

◎買うなら23.5cm
・いつものサイズ:23.5cm
・足の特徴:甲高、幅広

「23.0cmと23.5cmをはきました。

23.0cmは足長がちょうどぴったりで余り寸がない状態。横幅が少しソールから溢れますが、はき心地に痛みはありません。ただ、見た目が少し窮屈そうな印象。

23.5cmは長さは程よい余り具合で、横幅はピッタリ。靴下をはく場合も、これ以上サイズを上げる必要はなさそう。踵ベルトを一番奥の穴まで縮めると、よりホールド感が出て歩きやすくなりました」

◎買うなら23.5cm
・いつものサイズ:23.5cmが多いが、24.0cmをはくことも
・足の特徴:甲浅、幅狭。外反母趾気味

「23.5cmをはいて、ジャストサイズ。長さに余りがないくらいピッタリなので、これ以上サイズを下げるのは難しそう。歩くとやや踵が浮く感じはありますが、踵ベルトを奥まで縮めるとフィット感が高まりました。

甲にはゆとりがあるものの、ベルト2本でしっかりホールドされているので心許なさはありません。

24.0cmだと甲や幅が余りすぎてしまいそうなので、私は23.5cmを選ぶと思います」

◎買うなら24.0cm
・いつものサイズ:23.5cmか24.0cm
・足の特徴:甲、幅ともに普通

「23.5cmと24.0cmをはきました。

23.5cmは長さがジャストで少し飛び出そう。甲や幅もかなりジャストなので、もう一つ上のサイズの方がゆとりを持ってはけそうです。

24.0cmは、指半分くらい余る程よい長さ。甲や幅が当たっている感じもせず、薄手の靴下も合わせられそう。

ベルト調整をせずともパカパカせず、緩さも感じません。ちょうどいいホールド感があるので、歩いて疲れなさそうです」

◎買うなら24.5cm
・いつものサイズ:24.0cmか24.5cm
・足の特徴:甲や幅は普通。踵が少し小さめ

「24.0cmと24.5cmをはきました。24.0cmは長さ、甲、幅すべてジャスト。窮屈すぎるほどではないものの、甲ベルトのキワが当たる感じがし、歩くと擦れてしまうかも。

24.5cmは、程よくゆとりのあるはき心地。

踵が小さく歩きながら踵が抜けてしまうことが多いので、サンダルはワンサイズ下げて24.0cmを選ぶことが多いですが、こちらは踵ベルトをキュッと縮められるため、24.5cmでもパカパカしなさそうです」

◎買うなら25.0cm
・いつものサイズ:24.0cm〜25.0cmのいずれか
・足の特徴:甲高、幅広。外反母趾気味

「24.5cmと25.0cmをはきました。

24.5cmはジャストサイズ。レザーが柔らかく、窮屈さや痛みは感じません。外反母趾の指の付け根の出ているところが2本のベルトの間から逃げ、そこが当たらないのではきやすいです。

25.0cmは程よくゆとりがあるはき心地。多少緩さは感じますが、歩行には差し支えなし。靴下合わせをするならこちらが良さそう。

どちらを選んでも問題なさそうですが、サッと脱ぎはきがしやすい方が好みなので25.0cmを選びたいです」

【写真】1枚目:清水奈緒


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

FASHIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像