【初夏の体にやさしいおかず】02:お酢×豚肉で疲労改善。「豚とおくらのさっぱりしょうが焼き」

ライター 瀬谷薫子

暑さやジメジメが気になる季節。気候の変化は身体にひびき、なんとなく不調を感じているという人も多いかもしれません。

そんなこの時期に知りたいのは、体想いの優しいおかず。暑い日でも食べやすいく、体調を整えてくれる日常に寄り添った4品を、料理家であり国際中医薬膳師の齋藤菜々子さんに教わりました。

2品目は、身体のだるさや疲労を感じたときにおすすめの、元気をくれる肉料理です。

1品目から見る

 


お酢×肉で疲労改善
豚肉とオクラのさっぱりしょうが焼き


材料(2人分)

豚ロース薄切り肉(しょうが焼き用)…6枚
オクラ…8本
玉ねぎ…1/4個

A
しょうが(すりおろし)…大さじ1
しょうゆ…大さじ1と1/3
酢、酒、みりん…各大さじ1
砂糖…小さじ2

塩、こしょう…各適量
薄力粉…大さじ1
油(米油やサラダ油など風味の強くないもの)…小さじ2

キャベツのせん切り、大葉のせん切り、ミニトマト…適量(仕上げに添える)

 

「身体のだるさ」に効く食材は?

齋藤さん:
1話目でご紹介した『食欲不振』と同様に、梅雨時の体のだるさや倦怠感の原因は、体に余分な水分が溜まること。それが冷えや消化吸収機能の低下につながり、食欲が落ちて食べなくなることで、身体のだるさや倦怠感を引き起こします。

そんな時におすすめなのが、豚肉。肉はエネルギーを補ってくれる『補気(ほき)』の効能があり、力をつけたい時にぴったりです。

合わせたオクラは、『健脾(けんぴ)』という効能をもつ食材。『脾』とは体の巡りを助ける臓器で、それを健やかにすることで、体全体の力を強めてくれます」

 

作り方

1.豚ロース薄切り肉は筋(脂身と赤みの間)に切り込みを入れ、塩・こしょうを片面に振り、薄力粉をまぶす。オクラはがくの部分を包丁で剥き、斜め半分に切る。玉ねぎは4等分のくし切りにする。Aは混ぜ合わせておく。

齋藤さん:
「豚肉は筋を切っておくことで、焼いたときに縮まずに、きれいに仕上がります。オクラはがくを取り除くことで、ヘタを切り落とさなくても食べられます」

 

2.フライパンに油を中火で熱し、玉ねぎを炒める。透き通ってきたら端に寄せ、豚肉を並べて焼く。両面に軽く焼き色がついたら、キッチンペーパーで余分な油を拭き取る。

 

3.弱めの中火にし、オクラとAを加え、照りが出てくるまで煮からめれば、できあがり。

器に盛り、好みできゃべつ、大葉、トマトを添える。

齋藤さん:
「疲れている時こそ、肉料理がおすすめです。お酢を効かせたさっぱり風味ならぐっと食べやすくなりますし、お酢は疲労改善効果もあるので一石二鳥です。大葉と一緒に食べると、より爽やかに。ぜひお試しください」

 

【写真】濱津和貴


もくじ

齋藤 菜々子

料理家、国際中医薬膳師。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材で作る親しみやすい家庭料理のレシピを雑誌やwebで提案している。近著に『レンチン薬膳ごはん(いつもの食材で体がととのう)』(家の光協会)、『毎日食べたい 整いカレー』(文化出版局)など。Instagram:@nanako.yakuzen


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】しあわせな朝食ダイヤリー
午後へのパワーチャージ。1日2食に見直した『いたわりブランチ』(イラストレーター・柿崎こうこさん)

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像