特集|フィットする暮らしのつくり方vol.05 – 関根由美子さん編 第1話『私たち、関根由美子さんを訪ねました。』

商品プランナー 加藤

fit_sekine_1_title_201404

こんにちは、スタッフ加藤です。

本日より、
【フィットする暮らしのつくり方 vol.5】
を公開させていただきます。

柳沢小実さん石井佳苗さん
平井かずみさん一田憲子さんに続き、
今回ご登場いただくのは、関根由美子さんです!

fit_sekine_00_1404

関根さんは、
下北沢にある布小物や雑貨のお店
fog linen work(フォグ リネン ワーク)
を主宰されています。

fit_sekine_shop2_1404

fit_sekine_shop1_1404

当店でも、フォグリネンワークの商品を
一部お取り扱いさせていただいているので、
ご自宅で愛用してくださっているお客様も
いらっしゃるかもしれませんね。

リネンファブリックやワイヤーカゴなど、
関根さんがセレクトされるシンプルで質の高い商品は
私たち自身も愛用している、大好きなアイテムです!

fit_sekine_shop3_1404

今回は、カメラマンの安部さん、
スタッフ齋藤・加藤の女子(?)3名で
関根さんのご自宅にお邪魔をし、
お仕事のことや愛用されている日用品について
たっぷりとお話をお聞きしましたよ。

白を基調としたシックで大人の雰囲気漂う
インテリアに、取材隊の3人は大興奮!
ご自宅の玄関に入った瞬間から
フォグリネンワークの世界観が広がります。

fit_sekine_17_1404

思わず憧れる雰囲気たっぷりの
インテリアについて、雑貨を扱うお店を営む
関根さんならではのさまざまなエピソードを
お聞きすることができました。

fit_sekine_02_1404_1

そんな関根さんのお話を、
ご自宅の素敵なインテリアの写真とともに
4日間連載でたっぷりとお届けしたいと思います。

第1話目の本日は、
関根さんがフォグリネンワークのお店を
始めるまでのエピソードをお届けします。

fit_sekine_4_6_1404

自分の貯金で古本の買い付けに。

関根さんは、ハックルベリーという
洋書を扱う本屋さんで働いていました。

大手の書店ができて競合が増えたころ、
関根さんは本屋さんのオーナーに
海外で古本を買うことを提案したそう。

関根:
「オーナーに『会社ではお金をだせないから
自分の貯金で行くなら休みをあげるし
仕入れた物を店に置いて良いよ。』と言われて
『じゃあ、いってきますっ!』って
30万円ほどの貯金を使って行ったんです。」

fit_sekine_03_1404

加藤:
「ご自身の貯金を使って行かれたんですか!
すごい行動力ですね!」

関根:
「そのときは、若かったんですね(笑)。」

買い付けた洋書の古本は日本でよく売れたので
関根さんはくりかえし海外へ買い付けにでかけ、
そのうち
古本業で独立することになったそう。

関根さんのえい!と思い切った行動が、
買い付けのお仕事のきっかけになったのですね。

fit_sekine_16_1404

fit_sekine_05_1404

ワイヤーカゴからはじまった雑貨の仕入れ。

関根:
「サンフランシスコで宿泊したホテルの近くに
インテリアデザイン事務所があって、
ウィンドウにバスケットが飾られていたのを見て
その事務所の人にバスケットを
卸してもらえないかと相談しました。

そのカゴを日本の雑貨屋に卸したところ、
よく売れたんです。」

欲しい本はそろそろ買い尽くしたな、と
思っていた矢先のことだったそう。

関根:
「本は探して持ち帰ってと大変でした。
でも、カゴはFAXで注文するだけで届く!
って感動しました(笑)。」

fit_sekine_11_1404

サンフランシスコで出会った人たちは、
仕事につながりそうな人や商品のことを
関根さんに沢山紹介してくれました。

関根:
「ひとりでいたのを、周りのみんなが
心配してくれていたみたいで。」

関根さんがひとり奮闘している様子や、
明るく人を引きつける雰囲気が伝わって
そんな出会いが生まれたのかもしれませんね。

関根:
「ワイヤーカゴをはじめ、
小さな雑貨、
Cavallini & Co.の文房具などを買い付けました。
今でもフォグリネンワークで
販売している商品たちですよ。」

fit_sekine_06_1404

店舗を持ったきっかけは、リネン製品。

そんな折、関根さんの叔母さまが
ホームステイを受け入れていた方たちと
リトアニアで和食レストランを
開くことになります。

関根:
「買い付けるアイテムに
布ものが欲しいなと
思い始めた頃ですね。」

リトアニアは麻の産地として有名。
麻のキッチンクロスの買いつけができれば、と
気軽な気持ちで同行した関根さん。

関根:
「でもリトアニアのお店には思ったような
麻の商品は置いてませんでした。
仕入れたいと思うようなデザインのものは、
近所のおばさんに縫ってもらったというもの。

輸出する製品を近所の方に頼むのは難しいので
電話帳をみながら、リトアニアのリネン工場に
片っ端から自分で電話をしました。」

fit_sekine_10_1404

関根:
「たいてい英語が通じなくて、
ガチャン!て電話を切られちゃうんですけどね。」

加藤:
「異国で電話するだけでも緊張するのに…。
私なら、辛くてすぐに諦めてしまいそうです。」

fit_sekine_18_1404

ようやく1社からサンプルを取り寄せたものの、
届いたのは小さな麻の生地の端切れだけ。

関根:
「価格表とか資料を送ってほしいとお願いすると
“特にカタログのようなものはないけれども、
何が欲しいの?”と言われて
そこで布商品の企画をしている友人に
欲しいものを話して、海外の工場へ発注するための
指示書を書いてもらいました。」

できあがった指示書を送ってみると
そうそう、こういうのが欲しかった!
と思える商品がとどいたそう。

関根:
「あるものを買うのより、
こういうのが欲しいと言わないと
駄目なんだということがわかりましたね。

それでこの時からどんどん欲しい物を作って
fog linen work(フォグリネンワーク)
の屋号でお店を始めることにしました。」

fit_sekine_08_1404

fit_sekine_09_1404

これをやってみてはどうだろう、と
はじめてみるとすんなり行かない。
じゃあ、それなら!と
もう1歩踏み込んでやってみる。

自分のお金で仕入れてきたら、と言われれば
いってきます!とぽーんと海外へ行き、
気軽な気持ちでリネン製品を探しにいけば
リトアニアの工場に片っ端から電話をかけている。

小柄で穏やかな印象の関根さんですが、
強い意思と勇気に満ちあふれた
頼もしい一面も持ち合わせた方でした。

fit_sekine_13_1404

関根さんは今でも、
ひんぱんに海外へ買い付けに訪れます。
お家にある日用品のほとんどは、
その時に購入することが多いそう。

そんな、買い付け先の海外で見つけた
関根家の日用品や愛用品の数々、
また雑貨をセレクトされる関根さんならではの
日用品を選ぶ視点をお聞きすることができました。

次回は、その内容をたっぷりと
ご紹介させていただきます。

明日の更新も、ぜひご覧くださいね。

 

sekine_profile2014

写真:安部まゆみ

————————————————————————————————

もくじ

第1話
「私たち、関根由美子さんを訪ねました。」
(4月7日公開)

第2話
「関根さんの愛用道具。」
(4月8日公開)

第3話
「リネンとの付き合い。」
(4月9日公開)

第4話
「暮らしのもの選び。」
(4月10日公開)


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】しあわせな朝食ダイヤリー
午後へのパワーチャージ。1日2食に見直した『いたわりブランチ』(イラストレーター・柿崎こうこさん)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像