休み方講座

2017年8月10日(木)

【休み方講座】後編:休日したいことを実現するために!疲れないために試せる3つのアイデア。

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

全2話で「休み方」についての特集をお届けしています。

前編では、休日を過ごしたあと「なにか違った」と感じるわたしの悩みを受け、予防医学の研究をしている石川善樹(いしかわよしき)さんに「そもそも休みとは何か?」というお話をしていただきました。

そしてつづく後編でお聞きしたのは、「疲れない方法」について。疲れをどう回復するかではなく、そもそも疲れないためにできることがあるそう。

わたしは「疲れ」といえばてっきり「体の疲れ」だけだと思っていました。でもどうやら、そうではないらしいのです。

 

疲れていたのは、カラダではなく感情?

▲石川善樹さん。

石川さん:
「疲れには主に『肉体の疲れ』『知能の疲れ』『感情の疲れ』の3つがあります。疲れといえば『肉体の疲れ』だと勘違いされやすいのですが、実はもっとも大きいのは『感情の疲れ』。そして原因のほとんどが人間関係です。

例えば子どもがまだ幼く、ご機嫌だと思ったら急に泣き出してしまったり、旦那さんや上司、部下が自分の理想通りに動いてくれなかったり。

感情に振り回されてすごく疲れたという経験、みなさんも思い当たりませんか?」

 

疲れをとるには、寝るのが1番!

石川さん:
「でも、疲れの種類は違っても回復方法は一緒です。それはとにかく寝ること。

睡眠は最初の3時間で『肉体の疲れ』、そして次の3時間で『知能の疲れ』、さらに次の3時間で『感情の疲れ』をとっているんです。

なので原因になりやすい『感情の疲れ』をとるためにも、7時間以上は寝た方が良いと思います」

疲れの原因とそれを解消する方法がわかりました。では、そもそも「疲れない方法」は? 

石川さんに、3つのアイデアを教わりました。

 


疲れ知らずになるためには?
試してみたい3つのアイデア


 

急な対応はジャングルの中と一緒?
仕事をルーティン化しよう。

石川さん:
「仕事でもプラベートでも、突発的な対応を求められやすい状況は、ジャングルの中を歩いているようなもの。とても疲れるんです。小さいことと思っても、その疲労が蓄積されていってしまう。

なので、できるかぎり仕組み化した方が良いと思います。

時と場合によっては、感情の揺れが大きくルーティンをこなすことが難しいと感じる方もいるかもしれません。その場合はルーティンの部分と、自由にできる部分を持つようにして対応しましょう」

 

切り替え上手になるために!
前日にシミュレーションを。

石川さん:
「休みの最終日の夜は、仕事に向けてシミュレーションをしておくといいと思います。

仕事から完全に離れると、リラックスはするんです。ただし次の日の仕事をすごく憂鬱に感じ、それが感情の疲れになってしまいます。

なので会社に着いたらあれを準備してなど、段取りを頭の中でイメージしておく。それだけでもオフとオンの切り替えがスムーズになり、疲れを感じにくくなりますよ」

 

カラダの疲れは脳の勘違い?
思い込みを壊せばラクになる。

石川さん:
「先ほど体の疲れは実はそんなにない、という話をしました。ではどうして体が疲れていると感じるのかというと、原因は脳。脳が『ここが限界』と勝手に決めているんです。

なので少しずつ限界を超える試みをすることで、『体が疲れた』と感じにくくなりますよ。

例えば重い荷物を持つのに10分で精一杯と思っているのなら、試しに20分持ってみる。そうして脳のリミッターを外していけば、自分がたいへんだと思い込んでいたことが、案外ラクだと感じられるようになるんです」

 

「進歩」と「進化」は違う。目標のない人生だってアリ!

石川さん:
「『そもそも休みとは』という話(前編はこちらから)の中で、僕は老後をどう過ごすかなど長期的なプランを立てれば、おのずと今週末何をすればいいか見えてくる、という話をしました。

でも子育てをおえた女性たちを見ていて、そればかりではないなと思うようになったんです。

彼女たちは子どもが手を離れたので、比較的自由な時間があります。その時間で手芸を習ったり、英会話を習ったりしている。

僕はそんな様子を見ていて、一体どこに向かっているんだろう、目的は何なのだろうと不思議だったんです。でも考えていくうちに、『どこかに向かっている』という発想そのものが違うんだ、と気づきました」

石川さん:
「それを僕は『進歩』と『進化』の違いだと思うんです。『進歩』というのはまず目標があって、現在地からそこにたどり着くというアプローチ。それに対し『進化』は、そもそも目標なんてないんです。

ただいろんなインプットをして、いつの間にか独自のものになっている。それが『進化』。

企業でいえば、『進歩』をしている企業は早く大きくなることを目指しているので、短命におわりがちです。そしてその逆に、『進化』をしているほとんどが長寿企業。かれらは今の自分にないものを取り入れる、ということを、地道にやっているんです。

だから例えどこに向かうのかわからなくても、興味のあることや刺激をどんどん取り入れて輝きを増す人生も、あるのだと思います」

全2話を通し、休み方についてお送りしました。

仕事の仕方は会社などで周囲の人を参考にできるため、自然と覚えることができています。でも休みとなると各々ベールに隠れているし、「これでいいのかな」とずっとスッキリしない日々でした。

前編でもご紹介した通り、何を休みと思うかは、人それぞれ違うもの。

まずはわたしも自分にとっての「充実」が果たして何なのか考えるところから、はじめてみたいと思います。

みなさんも、どうぞ自分にとってのステキな休みを見つけてください。

(おわり)

【写真】岩田貴樹(2,3,7,8枚目)、クラシコム(1,4~6,9枚目)


 

もくじ

第1話(8月9日)
充実した休日を、どうしたら過ごせるの?休み方にもコツがありました。

第2話(8月10日)
休日したいことを実現するために!疲れないために試せる3つのアイデア。

 

 

profile_futura_lineblack

石川善樹

1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーヴァード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がよりよく生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。2017年7月、子ども向け理系絵本『たす』〈白泉社〉が刊行。また近日『思想としての予防医学』が刊行予定。https://twitter.com/ishikun3

▽石川善樹さんの著書はこちら


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
今日という日は今日しかない。日常の夫婦写真も撮ってみませんか?

Buyer’s selection
クリスマスプレゼントにおすすめのキッズアイテムをセレクトしました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像