【フィットする暮らし】第2話:「ルールがあるから自由がある」イェンセン家の決まりごと

編集スタッフ 松浦 編集スタッフ 松浦

シリーズ「フィットする暮らしのつくり方」は、自分らしく心地いい暮らしをつくっている方を取材し、暮らしのヒントをお届けする読みものです。

vol.16 となる今回は、第1話に引き続き、デンマーク出身の著述家、イェンス・イェンセンさんにお話を伺っています。

第1話で、「家族がどうすればもっと良くなるのか」を常に考えていると語っていたイェンセンさん。 第2話では、そんなイェンセンさんの「家庭」での工夫について教えていただきます。 

 

献立はルーティーンに。夫婦の決まりごと

家の中をぐるりと見渡していると、ふと、冷蔵庫に小さな付箋を見つけました。

イェンセンさん:
「これは、夕食の当番表ですね。FARが僕で、MORがマリコ。隣に書いてあるのは、仮のメニューです」

「1週間の献立と分担を、仮で決めておいたんです。火曜はオムライス、木曜は手巻き寿司……という具合にね。

晩御飯のメニューって毎日のことだから大変。

でもこの『仮の献立』があるだけで、悩む時間がなくなるでしょう。これだけで、ものすごく気持ちが軽いです」

イェンセンさん:
「あと、ここには書いてないけど、日曜の朝はパンケーキって決めてます。生みたての卵をとってきて、ホットプレートで子供たちと作るんです」

大人になった時、「日曜日は、パンケーキだったな」と思い出せるのは、何だか幸せな決まりごとだなと思います。

イェンセンさん:
こうして表は作るけど、毎日の気分でメニューは変わっていきます。今晩は疲れすぎて作れないから、外食にしよう〜って日も、もちろんある。

決まりを作ったからって、絶対守らなきゃいけない!ってことはありません。そもそも、気持ちを軽くするため、自由な時間をつくるために決まりを作ったのに、守ることに必死で、辛くなってしまうのはもったいないですよね

決まりをつくると、どうしても「守らなきゃ」という思いが出てきてしまうもの。ルールをつくることで、自由な時間が生まれるというイェンセンさんの考え方は、一見当たり前のようでいて、私にはとても新鮮なものに感じられました。

 

子供たちの放課後の時間割

「ルールをつくることで自由が生まれる」というイェンセンさんの考え方は、子育てにも同じことが言えるようです。

イェンセンさん:
この紙は、子供たちの放課後の予定表。この日は家で過ごすとか、外で友達と遊ぶとか、ざっくりでいいから予定を書いています」

「Gはゲーム、事は家事を手伝う、Fは映画。子供ってどうしても、今ゲームしていい?とか、聞いてくるでしょ。だからゲームの時間もあらかじめ作っておいてます。

そうすると、子供もいちいち確認しなくてもいいし、子供は子供で『火曜日はゲームの日!』と楽しみに帰ってきます。みんながハッピーに過ごすための、ルールです」

夫婦の家事分担だけでなく、親子でも決まりごとをつくることで、家族みんなの自由な時間が増えたと言います。子供たちも、学校の「時間割」に慣れているからか、自然とこのルーティンを楽しんでいるのだとか。

 

家のルールは「義務」じゃない。家族の自由を作るもの

奥さんのマリコさんも刺繍家として活動しているため、ワークショップやイベントで外にいることも多いそう。家事の分担はどうしているのでしょうか。

イェンセンさん:
「基本は、庭の手入れや外の仕事は、僕。洗濯や掃除は奥さん、というように分けています。あと、食事はさっきのルールを元に、料理をつくる人と、洗い物をする人で役割分担してますね

イェンセンさん:
暮らしは楽しいけど、家事はいつも楽しいとは限らない。そもそも楽しいかどうかとは関係なしに、『やらないと暮らしがまわらない』というものですよね。

だからこそ、自分だけがやってる……と思いはじめると、ストレスの原因だし、そこから喧嘩になってしまったりするでしょう?

それなら、決まりをつくってしまった方が、平等だし、もっと自由な時間が増えると思います。ただ注意したいのは、ルールを義務だと思わないこと。ルールは大きなフレームだと思うようにしてます」

「決まりごと」、「ルール」と聞くと、義務のように感じてしまいがち。ルールに縛られて苦しくなったり、ルールを守ってないとイライラしたり。

でも、ルールはあくまでも大きなフレームだと思えば良い。そこにおさまらない日があっても良い。

そんなイェンセンさんの考え方を聞いて、何だかとても軽やだなと思うのでした。次回は、イェンセンさん家の心地よいヒュッゲな空間の作り方を伺います。

(つづく)

【写真】木村文平

 

もくじ

第1話(10月10日)
デンマーク出身のイェンセンさんに聞きました。何でそんなに軽やかなんですか?

第2話(10月11日)
「ルールがあるから自由がある」イェンセン家の決まりごと

第3話(10月12日)
「カーテンはいらない」イェンセンさんにきく、ヒュッゲな空間の作り方

第4話(10月13日)
暮らしと社会。どちらも「自分ごと」だから。


profile_futura_lineblack

イェンス・イェンセン

デンマーク出身。株式会社デンマーク・ヨーグルト代表取締役社長。日本コロニヘーヴ協会・代表理事。Wallpaper*のジャパン・エディターや「Discover  Japan」英語版エディターも務めている。北欧の料理やデザイン、DIY など、手仕事のよさを感じられる北欧のライフスタイルを提案。デンマーク式コミュニティーガーデン「コロニヘーヴ」を日本に広める活動として、2010年「日本コロニヘーヴ協会」を設立。日本の良さを海外に紹介する執筆活動も数多くてかけている。

 

▼イェンス・イェンセンさんの書籍はこちら


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
お菓子だって大切なのは鮮度!おいしさは、人の手から生まれる。

本日の再入荷
スマホ対応のおしゃれな手袋、今年も入荷しました!プレゼントにもおすすめです♪

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像