お客さま係ノート

2017年11月15日(水)

【スタッフコラム】忙しくなると、なぜかやりたくなるもの。

お客様係 望月 お客様係 望月

▲秋になるとあれもこれもとやりたいことが頭の中を駆け巡ります。

わたしは毎年この季節になると、無性に何かを始めたくなります。

それはきっと、段々と忙しくなってきたこの時期だから。テストが目前に迫っていると、部屋を掃除したくなるあの気持ちに似ています。

今年は、自分自身が何度も挫折したものたちに、チャレンジしようと思っています。

1.ボールペン字

毎朝、保育園の連絡帳を書くたびに、字がきれいな人になりたいな、とか大人な字を書きたいな、と思うのです。( わたしはとても丸文字です )

達筆な人の文字は、わたしにとってまるで芸術作品のようで、うっとりと何時間でも眺めていられます。

小学生の頃、周りの友人はお習字に通っているのに、わたしは大好きな漫画家の文字を真似してばかりだったこと。( 悔やまれます )

これまで数々の通信教育やドリルなどに挑戦しては、地道すぎる「あいうえお」の練習に心が折れ、だいたい、「おはようございます」の練習あたりで時が止まってしまうのです……。

2 .童話『モモ』を読む。

時間どろぼうに時間を盗まれ、それをとりかえす、というお話。小学生の頃から何度も手にとってきたはずなのに、完読したことはありませんでした。

先日実家に帰ったときに、本棚でたまたま目が合った作品。

毎日の時間のやりくりに悩んでいる昨今、「時間どろぼう」というワードに惹かれ、本を持ち帰り読んでみることにしました。

1と2両方とも途中で挫折してしまった経験があるので、始める前からちょっとだけ苦手意識があるのも正直なところ。

以前読んだ本に書いてあったのですが、

“ 対象物に劣等感を持っていると、自分の感覚が信じられなくなる 。
-女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。(2016年)ジェーン・スー P.97

何かを始めると同時に、「続けなくちゃ」と義務感を持ったり、読み進まない本は無理矢理にでも楽しもうとしたり、習い事は上手くならなきゃと過剰に頑張ろうとしたり。

これはいつもの自分のパターンに当てはまるような気がします。やりたくて始めたことが窮屈になってしまってはもったいない。

「今年ならできるかもしれない!」と、せっかくやる気になっている今。自分の感覚にフラットに向き合ってみることから始めてみようと思ったのでした。

▲字がきれいに書けるようになったらあの人にお手紙を書こう!とスタンバイしている切手たちです。

▽本日ご紹介した書籍


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
諦めるには早かった?本多さおりさんに聞く「隠れた収納スペース」の活用法

本日の再入荷アイテム
フィンランドからやってきたロヴィのツリーが再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像