【BRAND NOTE】毎月じゃなくても。「節目」に選ぶことにした、我が家の残したい時間

ライター 小野民

「子どもの写真はどんどんたまるけれど、管理できていない」「アルバムを残してあげたいけれど、手間を考えると手をつけられない」など、子どもの写真にまつわる悩み。

それを解決してくれると当店のママスタッフの間で人気なのが、スマホで撮った写真を「ましかく」にプリントし、無料で毎月ポストへ届けてくれる「ALBUS(アルバス)」というサービスです。

写真選びから注文までスマホで完結する手軽さや、リーズナブルな価格で、根強い支持を得ています。

3回目のお取り組みとなる今回は、愛用者の「それぞれの使い方」をご紹介。前編は「毎月届くの楽しみ!」という圷(あくつ)美穂さんを訪ねました。

後編では、毎月ではなく「まとめて注文派」のママが登場します。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

いつもはスマホで撮りっぱなしだけど…… 「まとめて注文」という使い方もあり?

小学1年生の息子と2歳の娘、2人兄妹の母親である岸野恵加(きしの けいか)さんは、編集者としてフルタイムで働きながら子育て中です。

岸野さん:
息子が小さい頃は、まだ『ALBUS』はなかったんです。ずっと撮りっぱなしになっていた写真は、娘の育休中に全部まとめようとフォトブック作りに手をつけました。

だけど、息子が1歳までのものを一冊にするのがやっとで。何十ページ分ものレイアウトを考えなくてはいけなくて、それはそれは大変でした(笑)。

なんでも凝りすぎるタイプだから『ALBUS』の “選ぶだけ” のシンプルさが、私にはちょうどいいし、毎月こまめに注文できなくても自分なりの使い方で活用しています」

岸野さんが写真を注文するタイミングは年に1、2回。誕生日の前には、1年を振り返りながら、スマホから写真を選びます。娘さんの1歳の誕生会のときには、月齢毎に同じ画角で撮っていた写真を「ALBUS」でプリントして壁に飾ったそう。

▲「家にある電飾とドライフラワーで即席でつくったスタイリングだったんですが、思いのほかかわいくて、1年間続けました(岸野さん)」

岸野さん:
「毎月頼まなくちゃと思うとプレッシャーですが、節目にまとめて注文するのも、それはそれでいいと割り切っています。

この間は、誕生日の前に1年分の写真を100枚くらい選んで一気に注文しました。選ぶ段階ではレイアウトなどは考えなくていいので、意外と苦じゃないんです。アルバムに収まらなければ、壁に飾ってもいいですし。

日頃はゆっくり、子どもの成長を見返す時間もないので、いいきっかけになっています」

 

「自分好み」にするために、Instagramの写真をチョイス

「ALBUS」のアプリでは、Instagramとアカウントを連携し、過去にアップした写真のなかから、注文写真を選べる便利な機能もあります。岸野さんは、これを活用しているそう。

岸野さん:
Instagramから写真を選ぶと、すでに自分好みに加工してあるし、数が絞られているから決めやすくて。私はぱきっと鮮やかな色味よりも、トーンが落ち着いている写真が好きなので、グレイッシュに加工しているんです」

 

「アップばっかり」に要注意。余白をつくって空気感も伝えて

▲過去の分を注文しても、撮影月のマンスリーカードが一緒に送られてくるのも嬉しいポイント

そんな岸野さんが、写真を選ぶときに気をつけていることも、伺ってみました。

岸野さん:
「子どもって表情がかわいいし、どうしても気づくと寄ったものばかりになってしまいます。だからあえて、全身がしっかり入った写真を撮るようにしています。

背景があると子どものサイズ感もちゃんと残せるし、あとで見返して『あんなに小さかったんだな』と思い出しやすいんです」

もうひとつ、岸野さんの「ALBUS」の特徴は、子どもが写っていない写真もたくさん差し込まれていること。

岸野さん:
「美しくて感動した夕焼けや、旅の思い出、毎日当たり前に見ているものって、本人は小さいからきっと忘れてしまう。だから、一緒に見た景色は、残しておくようにしています」

今年4月に引っ越したばかりなので、アルバムには真新しい頃の新居の写真も。子どもを取り巻く世界もしっかり写しておく。「子どもに寄りすぎないで」という撮影ポイントのアドバイスは、なんだか子育ての視点にも通じるような気がしてハッとしました。

 

今だけかも?年の差兄妹の絡みはシャッターチャンス

岸野さん:
あと兄妹の写真も意識して残しています。

うちの子どもは、5歳差でしかも男女なので、どうしても別行動が多いんです。もっと大きくなったら、一緒にいる時間はさらに少なくなるのかと思うと、2人でなにかしている様子が愛おしくって。すかさず撮るようにしています」

時を経れば毎日繰り広げられる兄妹げんかさえ、愛おしいもの。「今しか撮れない」は、嫌になるくらい精一杯の日常にこそ潜んでいるのかもしれません。

 

注文はスマホで、アルバムづくりは手作業で。他にはない「ちょうど良さ」

岸野さん:
『ALBUS』のように、1枚1枚、『写真』として残すことと、アルバムにすることがセットになったサービスって意外とないんですよね。写真がそのままページに印刷されたフォトブックとは、やっぱり手触りが違う気がします。

スマホで撮った写真を選べばOKの手軽さと、届いた写真を1枚ずつアルバムに差し込んでいくアナログ加減が、わたしにとってはちょうどよくて。

たとえ年に1回でも、思い入れのある写真に触れながらどんなレイアウトにしようかと悩むのは楽しいし、すごくいい時間だと思います。

わたしのなかでは、『ALBUS』はアルバムというよりは思い出が立ち上るビジュアルブックのような位置づけなんです。ちょっと大げさにいえば、自分が見せたい世界観を作れるというか……。

子どもだけの成長記録にとどまらないよう、注文タイミングも写真選びも “自分好み” を大切にしています」

 

「いま」も「いつか」も。どちらも大事にしたいから

取材のあと、わたしも「ALBUS」デビューしました。

我が家では、写真を選ぶのはわたし、アルバムにしまうのは3歳の娘という役割分担に。すると、娘は写真を差し込みながら1ヶ月前の思い出を楽しそうに話すのです。これにはびっくり。

アルバムを埋めながらの娘との会話は、わたしの1月に1回の楽しみになりそうです。

人それぞれ、写真の視点も暮らしのペースも違う。だからこそスマホで完結する手軽さと、ひと手間をかけられるアルバムづくりがセットになった「ALBUS」は、忙しい、だけど何かしてあげたいという親心にそっと寄り添ってくれるサービスな気がしました。

アルバムについて思いを巡らせながら、自分が3歳の頃のアルバムも開いてみました。すると、多くの写真で姉が私の肩に手をかけていてくれたことを発見。

何が未来への贈り物になるかは予想がつきません。わたしも娘も、30年後も楽しく見返せるアルバムをつくっていきたいものです。

注文ステップはたったの4ステップで完結♪

[1]カメラロールから注文したい写真を選びます

[2]配送先を入力します

[3]メールアドレス、パスワードを登録します(初回のみ)

[4]支払い方法を入力して、注文完了!

▲キャリア決済は3キャリア対応となり、表示は実際とは異なります

 

抽選で合計20名様に、専用アルバムをプレゼント!


※2018年10月31日(水)23:59をもってプレゼントキャンペーンの募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

抽選で合計20名様に、ALBUSのましかく写真を収納できる専用アルバム1冊をプレゼントいたします。初めてお使いいただく方はもちろん、すでにお使いの方も対象となりますので、ぜひご応募くださいね。

初めてALBUSをお使いいただく方

下記バナーよりALBUSアプリをダウンロードし、ユーザー登録画面で招待コードを入力して新規登録の上写真をご注文いただいた方の中から抽選で15名様に、アルバム1冊をプレゼント!
招待コード:E8F

すでにALBUSをお使いの方

Instagramにて、下記2つのハッシュタグ+ご自身の招待コードをつけた、ALBUSに関する画像を投稿していただいた方の中から抽選で5名様に、アルバム1冊をプレゼント!
ハッシュタグ:#albus_is#albus_kurashi

※シェアいただく画像は、アプリで生成されるシェア用画像でも、実際に届いた写真・アルバムの様子でも構いません。

応募期限:2018年10月31日(水)23:59まで
※色は選べません。
※当選者の発表は、2018年11月中旬頃の発送をもってかえさせていただきます。

▼スマートフォンアプリ(無料)のダウンロードはこちらから
“app”“google”

(おわり)

【写真】木村文平


もくじ

 

 

profile_futura_lineblack

岸野恵加

ライター、編集者。エンターテイメントの情報を発信するメディアの編集部員として働く会社員。2児の母。インスタグラム(@kemonokeika)には、趣味の子ども服や日常の風景をアップ。自身が編集長を務めるインタビューZINE「meine」をこの秋創刊予定。

 

onotami_profile

ライター 小野民

編集者、ライター。大学卒業後、出版社にて農山村を行脚する営業ののち、編集業務に携わる。2012年よりフリーランスになり、主に地方・農業・食などの分野で、雑誌や書籍の編集・執筆を行う。現在、夫、子、猫4匹と山梨県在住。


本日の編集部recommends!

夏の肌をいたわろう
さっぱり、しっとり洗い上げる。プロのヘアメイクさんに聞く洗顔のコツ【SPONSORED】

手帳キャンペーンが今年もはじまりました!
当店オリジナル「クラシ手帳」をお買い物いただいた方、全員にプレゼント!今年は「北欧の湖」がモチーフです。

ちょこっと買い足したい! プチプラアイテムまとめ
すべて2,200円以下!プチプラなだけじゃない、可愛くてキュンとするアイテムたちが大集合♪

【動画】うんともすんとも日和
少しのお節介と、愛や思いやりのある食事を。ライムンダケータリングサービス・下田愛さん

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像