【着用レビュー】アトリエナルセと作った2型のフォーマルワンピース。身長別にスタッフが着てみました!

編集スタッフ 奥村 編集スタッフ 奥村

▲「コクーン」(左)と「プリーツ」(右)

本日発売の、アトリエナルセ×当店オリジナルフォーマルワンピース。今年は「コクーン」と「プリーツ」2型のデザインを、「レギュラーサイズ」と身長155cm以下の方向けの「小さいサイズ」の2サイズご用意しました!

それぞれのデザインや、サイズごとの着用感は気になるところ。そこで今回は身長の異なるスタッフが、それぞれに合うサイズのワンピースを着てみました。

2サイズの中間にあたる身長155cmのスタッフには、両サイズを着用してもらいましたよ。ぜひ、サイズ選びのご参考にして頂けたら嬉しいです。

 

153cm・バイヤー中居(小さいサイズ)

▼プリーツタイプ

バイヤー 中居:
「プリーツタイプは、ふくらはぎの真ん中くらいのほどよい長さ。

身長が低い私には、『フォーマル服』は丈の長いことが多かったので、ちょうどいいサイズに出合えて嬉しいです!

私ならプリーツタイプは、よりフォーマルなシーンに合わせたいです。今まで結婚式用にはドレス、子供の入園式用にはツーピース……とフォーマル服を使い分けていたのですが、このワンピースならどちらのシーンにも着られそうですね」

▼コクーンタイプ

バイヤー 中居:
「コクーンタイプはカジュアルなシーンにも使えそうだなと思い、アトリエナルセのタイツを合わせました。

袖丈は手首がすっぽり隠れる10分丈。ラフに着たいときは、袖を少したくし上げるのもおすすめです。着丈はプリーツタイプより少し短いので、ショートブーツなど足首が隠れる靴もよく合います。

大きめのピアスやカラフルなネックレスでアレンジできる、シンプルなデザインは嬉しいですね」

バイヤー 中居:
「フリーサイズのジャケットも、長すぎずちょうどいい丈感でした。肩幅も大きすぎず、ぴったりサイズ。インナーの形を選ばないので、カーディガンの代わりに羽織にも使えそうです。

袖丈はそのままだとぴったり10分丈くらい。軽やかに着たいときは、ひと折りすると良さそうです」

PICK UP !
プリーツタイプ (小さいサイズ)
コクーンタイプ (小さいサイズ)
ジャケット

 

160cm・編集スタッフ 田中(レギュラーサイズ)

▼プリーツタイプ

編集スタッフ 田中:
「プリーツタイプはふくらはぎの中間にかかるくらいと、足が見えすぎない安心の長さでした。袖丈は手首がのぞくくらいの8分丈。写真では袖をひと折りして軽やかに着ています。甘すぎないプリーツだから、カジュアルなタイツともよく合います。

私はいかり肩なので、ワンピースのデザイン選びは慎重になりがち。これは肩まわりのドロップラインのおかげで、特に上半身がすっきり見えて嬉しいです」

▼コクーンタイプ

編集スタッフ 田中:
「コクーンタイプはひざがしっかり隠れるくらい。少し着丈が短くなるので、全体のシルエットが軽やかな印象です。袖丈は手首にかかる10分丈でした。

裾にかけて細くなるシルエットがおしゃれなので、アクセサリはシンプルでも、ちょっと気のきいた装いに見えて嬉しいです」

PICK UP !
プリーツタイプ (レギュラーサイズ)
コクーンタイプ (レギュラーサイズ)

 

165cm・バイヤー 竹内(レギュラーサイズ)

▼プリーツタイプ

バイヤー 竹内:
「プリーツタイプは昨年より少し長め丈になって、身長の高い私にはより着やすく感じました。ひざがしっかり隠れるくらいで、フォーマルな場にちょうどいい丈感です。

肌触りのいい生地なので、するりと着脱もしやすかったです」

▼コクーンタイプ

バイヤー 竹内:
「コクーンタイプはプリーツタイプに比べて少し着丈が短く、ひざ下ちょうどくらいの丈感。ワンポイントになるナルセのタイツを合わせました。短めとはいえ、腰を掛けた時にはちゃんとひざの隠れる安心の長さです」

バイヤー 竹内:
「ジャケットは、プリーツワンピのウエスト位置と同じくらいのちょうどいい着丈。袖丈はひと折りしても、折らなくても少し手首が見えるので、重たすぎない軽やかな印象です。ボックスシルエットで全体にゆとりがあるので、身長の高い私でも窮屈なかんじもなくゆったり着られました」

PICK UP !
プリーツタイプ (レギュラーサイズ)
コクーンタイプ (レギュラーサイズ)
ジャケット

 

身長155cmのスタッフが、2サイズを着比べました!

今回のワンピースは、「小さいサイズ(身長155cm以下の方向け)」と「レギュラーサイズ」の2サイズをご用意しています。

そこで今回は、サイズ選びに迷ってしまった方向けに、ちょうどボーダーラインの身長155cmのスタッフが、2サイズを着比べてみました!

▼プリーツタイプ

スタッフ 望月:
「ふだん着る服は、トップスがSサイズ、ボトムスはMサイズを選ぶことが多いです。

プリーツタイプの小さいサイズはひざがしっかり隠れるくらい、レギュラーサイズはふくらはぎの中間くらいの着丈です。袖丈は小さいサイズで8分丈、レギュラーサイズだと9分丈くらいになりました。

上半身はすっきりしたデザインなので、レギュラーサイズでもぶかぶかに感じることはなく、フィットして着られました。下半身はレギュラーサイズの方が丈が長い分、すとんと下に落ちて少し落ち着いた印象に。小さいサイズの方が丈が短い分、プリーツのふんわりした可愛らしさが際立ちました。

どちらも着心地には問題がないため、プリーツのシルエットや着丈の長さで好みが分かれそうです。私は大人っぽく着たいので、長め丈のレギュラーサイズを選びたいです」

▼コクーンタイプ

スタッフ 望月:
「小さいサイズはひざ小僧が隠れるくらいの丈感で、座ってもひざは見えません。袖丈は小さいサイズだと手首が少し見えるくらいで、レギュラーサイズは手首がしっかり隠れる長さです。

コクーンタイプは切り替えしのないすとんと落ちたラインなので、レギュラーサイズを着たときの『ゆったり感』がプリーツタイプより際立って感じました。丈の長さはレギュラーサイズの方がより安心感があります。

個人的には、ゆったりすぎない小さいサイズを選びたいです」

▲ジャケットとの相性は、どちらもバッチリ!

スタッフ望月:
「身長155cmのわたしが着ると、レギュラーサイズはどちらも少しゆったり・着丈長めですが、アウターはもたつかず、小さいサイズと同様に着られました。

同時発売のジャケットが着丈短めのデザインなので、もしも合わせて着るなら、かえって『長め』丈のレギュラーサイズでも相性がよく感じましたよ」

 

昨年のフォーマルワンピとジャケットの相性も調べてみました!

▲モデル身長:158cm

2017年の秋に発売した2型のフォーマルシリーズのワンピース、「襟付きAライン」と「ふんわりプリーツ」とも、今回のジャケットを合わせてみました!

バイヤー 加藤:
「どちらのワンピースとも相性◎! ジャケットとの丈感のバランスもばっちりです。

襟付きAラインのワンピースは、首元に襟がついていますが、ジャケットを着る上でじゃまになることはありませんでした。襟とノーカラーのジャケットのバランスが気になる方は、写真のように前ボタンは閉じて着るのがおすすめです」

長く大切にしてほしい、フォーマルワンピースとジャケット。ぜひ、フィットする一着を選んで頂けたら嬉しいです。

 

▼商品ページはこちらから


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
笑顔も泣き顔も。 “そのときだけ” の表情を閉じ込めて。

LAPUAN KANKURIT|ウールブランケット(VERSO)
ラプアンカンクリ社から、広げて眺めていたくなる新しい柄のブランケットが届きました!

スタッフ募集
「社内託児室」のシッター業務に従事してくださる方を募集します!

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像