【密着!】続けられたら、なんとかなる。繰り返しの中でみつけた、いろいろな「良い」との向き合い方。うつわ作家・志村和晃さん

編集スタッフ 澁谷


はじまりは一途じゃなくても

続けることが自信になって


私たちが大好きな「あの人」のいまの生き方に迫る、ドキュメンタリー番組『うんともすんとも日和』、第18弾をお届けします。

今回は、千葉県館山市に工房を構えるうつわ作家・志村和晃(しむら かずあき)さんにご登場いただきました!

藍色の染付が特徴的な作風のうつわ作家志村さん。今のスタイルにたどり着くまでに京都や石川、栃木など、さまざまな場所で陶芸の修行をされてきました。そんな志村さんの書いた「辞めなければなんとかなる」という言葉の意味とは-。

志村さんが陶芸と出会ったのは東京の専門学校に通っていた頃。さまざまな種類の工芸を学ぶ中でも陶芸に一番興味が持てたことが、後にうつわ作家を目指すきっかけになったといいます。

しかし、専門学校の卒業後すぐに作家としてやっていこうと決めていたわけではなく、当時やっていたカフェのアルバイトから社員を目指そうかと思い巡っていたこともあったそうです。

ご自身の性格を「優柔不断」とおっしゃる志村さん。これまでに京都、石川、栃木と3ヵ所で陶芸の修行を重ねてきた中で、それぞれの土地で教わることが違う経験もあったそう。

いろいろな「良い」を経験し、時にはお客さんの反応をみながら真摯に陶芸と向き合う姿に、志村さんのしなやかな強さを感じます。

「はじめからうつわ作家を目指していたわけではない」と話す志村さん。中にはやめたこともあったけれど、うつわ作りは好きだから続けられて、淡々とした繰り返しの中で決意が固まっていったといいます。

高いところをまず目指すんじゃなくて、一つずつステップをクリアしていけばいつの間にか高い位置に行っているんじゃないかな- 。そう語る志村さんの1日に密着します。

 

オリジナルドキュメンタリー、いかがでしたか?

 

バックナンバー

 

志村さんの関連記事はこちらからご覧いただけます。

【愛すべきマンネリ】うつわ作家・志村和晃さん 全2話

 

チャンネル登録で最新動画をチェック!

YouTubeでチャンネルを登録していただくと、最新話のお知らせが受け取れるようになります。モーニングルーティン番組や、ドキュメンタリー、ドラマ『青葉家のテーブル』などのバックナンバーもあわせてお楽しみください。

 


本日の編集部recommends!

平日ごはんも、あきらめない
豚肉の角煮やおでんだって、短時間で。スタッフが「話題の調理家電」を使ってみました。【SPONSORED】

本日の再入荷
フライパンで蒸し料理が作れる蒸しかごや、ちょっと使いに重宝する下ごしらえボウルが再入荷!

残りわずかのアイテムたち
人気のベーシックニットや、着回し力ばつぐんのストラップ付きスカートなどが在庫わずかとなりました。

【動画】わたしの偏愛ストーリー
足元15cmがコーディネートの味方。集まってきた40足の靴下たち

VIDEOカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像