【特集|暑さを忘れる、夏の花】第2話:涼しげなグリーンに、ほんの少しのお花をプラス。

編集スタッフ 二本柳

nonihana_DF2_0014(文・スタッフ二本柳)

フラワースタイリストの増田由希子さんに教わる、夏のためのお花アレンジ。

今回は夏らしいグリーンの植物たちに、ほんの少しのお花をプラスしたアレンジをご紹介します。

 

主役は爽やかなグリーンたち!
そこへ少しのお花をプラス。

nonihana_DF2_0018

増田さん曰く、夏らしい花飾りにはみずみずしいグリーンが欠かせないのだとか。

いつもは脇役のグリーンですが、夏はこちらを主役にしてあげて、そこへちょっと加えるような気持ちでお花を入れてみてください。

グリーンは見た目が涼やかなだけでなく、持ちのいいものが多いそうなので、夏にぴったりですね。

 

グラス系を入れると涼しげ。

nonihana_DF2_0014 (1)

スッと長く伸びた葉っぱが特徴のグラス系植物。

これをひとつでも取り入れると、さわやかな夏の風景を作るアレンジに仕上がるそうです。

今回使った植物は、ベアグラスという名前のリーフ。細長い佇まいがとっても涼しげです。

 

バッグを花器がわりに。

nonihana_DF2_0026

今回増田さんには、バッグを利用した活け方についても教えていただきました。

壁にかけられたバッグに挿したお花は、花器に活けた姿よりもさりげなく、生活の一風景に馴染んでくれるような佇まいが魅力的です。

この場合ペットボトルを中に入れるという方法がありますが、増田さんには吸水の方法をご紹介いただきました。

1. 花束を作る

nonihana_DF2_0021

主役となる花がどれかを意識しながら、そこへ肉付けしていくように植物を組み合せていき、ひとつの束にしていきます。

2. ティッシュで巻いて湿らせる

nonihana_DF2_0024

茎の部分をティッシュペーパーで巻き、水に浸けたら軽く絞りましょう。

3. ビニール袋で包む

nonihana_DF2_0025

最後にそのままビニール袋に入れて水分が染み出ないようにすれば完成です。

吸水の方法は、ペットボトルよりも安定感がありますが、長いあいだ飾ることはオススメできないそうです。

来客があるときなど、「今日はいつもよりオシャレに飾りたい!」という時に、1日限定で取り入れたい飾り方ですね♪

 

今日のまとめ

1. グリーンを主役にすると夏らしい。
2. グラス系の植物を取り入れる。
3. バッグを花器がわりにするのも◎。

元気をくれるような鮮やかなグリーンがメインになると、一気に夏らしいアレンジに仕上がりました。

さらにグラス系の植物は飾ったときもスッと横へ細長く伸び、さわやかなしつらいですね。

次にお花屋さんへ行くときは、グリーンに注目して色々な種類を組み合わせてみると、夏らしい花飾りをたのしめそうです。

 
yukiko masuda_profile2015r02


もくじ



感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
今から初夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
人気のリネンハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!連休のお出かけにもおすすめですよ。

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

GREENカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像