【BRAND NOTE】第2話:育児と仕事。忙しい日々でも、子どもに残したい「記憶の景色」(よしいちひろさん)

おしゃれな写真をInstagram(インスタグラム)に投稿している、イラストレーターのよしいちひろさん。働くお母さんでもあるよしいさんは、お子さんにどんな景色を残したいのでしょうか?ミラーレスカメラCanon EOS M10(キヤノンイオスエム10)を使い、1週間の暮らしをフォトダイアリー形式でご紹介します。ファッションに合わせてフェイスジャケットを変えられるのも、EOS M10の魅力の一つ。Wi-Fi機能を使いリモート撮影で、子供や家族ペットの自然な姿の撮り方やアイデア、コツもお届けします。

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

1610_canoneosm_2_098この記事の写真は、全てCanon EOS M10で撮影をしています

働く母が残したいのは、どんな景色?

「暮らしとカメラ」をテーマにお届けしているBRAND NOTE Canon EOS M10編。

1話目に引き続き、今回はイラストレーターのよしいちひろさんにご登場いただきました。よしいさんはご主人ともうすぐ2歳になる息子さん、愛犬おいも君の「3人と1匹」暮らし。

過去にご紹介した当店のインテリア特集や、ご自身のInstagram(インスタグラム)でも暮らしを垣間見ることができます。

1610_canoneosm_2_063(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で製作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

子どもが生まれて変化した、わたしの働き方

1610_canoneosm_2_070

楽しくもあり、大変でもある育児。働くお母さんのよしいさんは、お子さんが生まれてから、働き方にとある変化がありました。

よしいさん:
「自宅での仕事ということもあり、昔は昼夜を問わず仕事をしていました。ですが子どもが生まれて、必然的にメリハリを意識するようになったと思います。

子どもと一緒ですと、どうしても気になってしまい、仕事が手につきません。なので平日は子どもを保育園に預け、その時間に集中して進めるようにしています。

忙しい時期は『もう少し仕事をしたいな』と思っていても、子どもを寝かしつけていると一緒に寝てしまうこともしばしば。そんなときは夜中の1時や2時に起きて、仕事をする日もあります」

育児と仕事の両立に奮闘する、よしいさんの1週間を、フォトダイアリー形式で綴っていただきます。

 

1609_canon_eosm_v4_title_2_yoshii_v3

1609_canon_eosm_v4_week_011_1610_ canon_eosm_2_yoshii_005

犬の散歩からはじまる、月曜日の朝

「朝の犬の散歩は夫の担当ですが、最近は息子もついて行くようになりました。

日曜日から月曜日に切り替わる、すべてが寝静まったような真夜中とそこからの朝。新鮮さと神聖さが好きです。この日は雨上がりだったので、いつもにまして美しく感じられた」

 

1609_canon_eosm_v4_week_022_1610_ canon_eosm_2_yoshii_004

家での仕事だからこそ、服で気分を盛り上げる

「秋に真っ先に購入したもの。素材はベロアやコーデュロイ、色は茶色やバーガンディ。

しばらくシンプルでベーシックなものばかり好んで身に着けていたけれど、今年は秋らしい色がたくさん出ていて、そちらの気分に引き寄せられています。

個人的にはそんなこっくりした秋色に、あえてアイスグレーのコットンブラウスや、レモンイエローのフェイスジャケットを選ぶ。クールで爽やかな色を組み合わせて、微妙なギャップを楽しみたい」

2_1610_ canon_eosm_2_yoshii_012

 

1609_canon_eosm_v4_week_033_1610_ canon_eosm_2_yoshii_015

小さな庭に、好きなものを詰め込んで

「庭にはフェイジョアにブルーベリー、ティーツリー、マートル、ラベンダー、レモンバーベナー… 小さな果樹とハーブ。それにオーストラリアのネイティブフラワーがアクセントに。

見た目に美しいのはもちろん、水を浴びるとたちのぼる香り。剪定という名でこれらを摘んで好きに飾れるなんて、なんて贅沢だろう」

3_1610_ canon_eosm_2_yoshii_011

 

1609_canon_eosm_v4_week_044_1610_ canon_eosm_2_yoshii_007

日々の定点観測

「子どもが生まれるずっと前から、bedroom fitting show(ベッドルームフィッティングショー)と名付けて、寝室でどの洋服にしようかなあと迷っている様を、定点観測でInstagramに載せるのが小さな楽しみでした。

迷惑がる犬を抱えてセルフシャッターアプリを使っていたあの頃ですが、EOS M10はWi-Fi接続でスマートフォンからカメラを操作できて、とてもうれしく思います。

今日は子どもも、飛び入り参加」

 

1609_canon_eosm_v4_week_055_1610_ canon_eosm_2_yoshii_006_1

仕事の息抜きは、ファッションスケッチ

「以前取材で指摘されて以来『こんなにも洋服が好きなのは、どうしてだろう』ずっと考えても、結局十分に納得できる答えはまだ出ていません。

仕事の息抜きに気になった女性をスケッチするシリーズも、不定期にInstagramに載せています。

ファッションにまつわる、コメントのやりとりも含めて好きな時間」

 

1609_canon_eosm_v4_week_066_1610_ canon_eosm_2_yoshii_002

週末は屋上で朝ごはん

「自宅の屋上で朝ごはんをとるのが、この家を建ててから週末の楽しみのひとつになっています。

もう少し子どもが大きくなったら、そのあと読書したり、夕涼みでビール飲んだりできるかなぁ」

 

1609_canon_eosm_v4_week_077_1610_ canon_eosm_2_yoshii_010_1

子どもの成長が、うれしくも寂しい

「今日もいっぱい遊んでいっぱい日に焼けた。秋といえど、まだ日差しは強い。

よく遊び、すやすやと眠る息子。手足が伸びて赤ちゃんの面影もほとんどなくなってしまい、すこし寂しい」

 

どこかセンチメンタルな、よしいさんの写真

1610_canoneosm_2_194

自分らしくEOS M10を使いこなしていた、よしいさん。どこかノスタルジーな写真は、あえてフィルムのような質感を意識しているのだとか。

よしいさん:
「EOS M10は、やわらかく豊かな色の写真が撮れるので、すっかり気に入ってしまいました。

Instagramをはじめてから、色やフィルターを加工するようになり、どうやったら自分が好きな雰囲気なものに近づけられるかなと、試行錯誤する楽しみがあります。

今回はカメラ内で細かく色あいを設定し、より自分の暮らしにしっくりくる写真を残すことができました。

撮影後はWi-Fi機能でスマートフォンに写真を送り、少し補正してからInstagramにアップしています」

1610_canoneosm_2_113▲コントラストや色あいなど、自分好み写りを設定・保存できるピクチャースタイル機能があります。

 

スマホがシャッターに。自然な表情を撮るには?

4_1610_ canon_eosm_2_yoshii_008

木曜日のお子さんと写っている写真は、EOS M10のWi-Fi機能を応用して、よしいさんご自身が撮影したものです。

一体どうやって撮影しているのでしょうか?気になる撮影方法を伺いました。

よしいさん:
「子どもと一緒に写真を撮りたいとき、以前は夫に撮影してもらっていたのですが、少し気恥ずかしいのもあって、自分で写真を撮る方法を探していました。

これはリモート撮影という方法で、スマートフォンとカメラを連動させて撮影しています。

アプリを使いスマートフォンでシャッターを切れるので、子どもや家族と一緒に、いつも通りの自然な表情を撮ることができるんです」

1610_canoneosm_2_069▲ベッドルームの向かいにある棚に、カメラをセッティング。ファッションや気分に合わせて、フェイスジャケットを変えられるのもEOS M10の魅力の一つ。

1610_canoneosm_2_076▲Canon専用のスマートフォンアプリ「Camera Connect」(無料)を使い、スマホとカメラをWi-Fiで接続。画面で構図を確認しながら、シャッターボタンを押すと撮影ができます。

1610_canoneosm_2_053▲自然な瞬間をパシャ!

 

子どものために、まぶしい風景を残したい

1610_canoneosm_2_164

よしいさん:
「EOS M10は子どもにも親しみやすいルックスなので、撮った写真を見たり、カメラもよく一緒に触っていました。

最近では写真を自分のために残すというより、誰かとシェアしたり、子どものために撮っているように思えます。

わたしが子どものころ、自分の見て覚えていた風景に加えて、アルバムに貼られた写真が頭の中に浮かぶことがありました。その2つが混ざりあって、思い出として今でも記憶に残っているんです。

EOS M10は色をすごくきれいに写せるので、目で見たそのものよりも、自分の中に記憶として残ったまぶしい風景を、子どもに残してあげたいんです」

1610_canoneosm_2_185

子育ては大変でも、ふとしたときに喜びがあり、だから「この一瞬を残したい」とシャッターを切る。

写真はただ記録を残すだけではなく、その日の気持ちや愛情が、写りこむように思います。

いつの日か子どもが大きくなり、写真を見返したときに「何か」を感じ取ってくれたら……。それは親として、とても嬉しいことなのかもしれません。

 

*****

3話目ではOYATSUYA SUNの梅澤さんにご登場いただきます。

梅澤さんは30代になって、写真を撮る理由にある変化があったのだとか。それは一体なんでしょう?

カメラを通して、覗いてみたいと思います。

(つづく)

▼EOS M10のスペシャルサイトは、こちらからご覧いただけます
canon3_2

▼EOS M10の使い方や機能は、こちらからご覧いただけます
1608_brandnote_canon

もくじ

第1話(10月3日)
どうして「写真」に残したいんだろう?実はハードな花屋の舞台裏(socukaさん)

第2話(10月4日)
育児と仕事。忙しい日々でも、子どもに残したい「記憶の景色」(よしいちひろさん)

第3話(10月5日)
30代になって変化した「思い出」の残しかた(OYATSUYA SUN 梅澤さん)

 

profile_futura_lineblack

1609_canon_bn_v4_profile_2_yoshii
よしい ちひろ
(イラストレーター)

1979年兵庫県生まれ。おしゃれやお買い物、おとぎ話へのあこがれなど、ガーリーでロマンティックな世界観が人気なイラストレーター。書籍や広告など幅広いジャンルで活躍している。著書に『思いを伝える!かわいいイラストBOOK』(PIEBOOKS)。 https://www.instagram.com/chocochop2

brandnote_B_3

brandnote_A_3


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
今日という日は今日しかない。日常の夫婦写真も撮ってみませんか?

Buyer’s selection
クリスマスプレゼントにおすすめのキッズアイテムをセレクトしました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像