暮らし上手の収納術。

2017年5月19日(金)

【暮らし上手の収納術】第4話:「好き」が詰まった部屋は、あふれすぎない心がけを。

ライター 藤沢あかり

_Q9A5160

物が多くても美しく収納し、大好きなアイテムに囲まれて暮らしたい。

そんな気持ちを叶える特集 「暮らし上手の収納術」 をお届けしています。

伺ったのは、「お買い物が大好き!とにかくモノが多く収集癖もある」 と話す大塚彩さんのご自宅。千葉県の郊外に、夫婦2人で暮らしています。

最終回の今回は、手芸が大好きだという大塚さんの趣味の部屋、アトリエです。

リビングに隣接する6畳ほどの部屋は、とことん「好き」が詰まったスペース。ここも、大塚さんならではの収納アイデアがたくさんありました。

 


第4話
趣味の部屋・アトリエ編


_Q9A4679

部屋に入ってまず目に飛び込んでくるのが、このずらりと並んだ糸巻き。

大塚さん:
「どんどん増える刺繍糸を収納するために作りました。アイデアは画像共有サイト『ピンタレスト』で見つけて。

ホームセンターで購入した板をワトコオイルでアンティーク調に仕上げ、クギを使って100円ショップの木製ピンチをひっかけています」

_Q9A4715

上の 「TRUCK」 で購入したオープンシェルフには、かごを使ってバラバラになりやすい編み棒やチャコペンシルなど、こまごまとした手芸品を収納。中にガラス瓶を組み込み、ごちゃつかない工夫をしています。

 

なかなか捨てられない空き箱の活用法。

_Q9A5107

窓辺には、古いアップルボックスを組み合わせて作ったオープンラックがありました。

かわいい空き箱やガラス瓶などをミックスし、ショップのディスプレイのようにわくわくする一角。

ランダムに積んだボックスの隙間に洋書をしまうバランスも見逃せません。

_Q9A4709

お気に入りのセレクトショップ「The Tastemakers & Co.」の木製ギフトボックスには、アクセサリーづくりのパーツをぎっしり収納。

_Q9A5102

コットンリボンのアクセントがかわいいイイホシユミコさんのボックスは、たくさん重ねてボタンを収めていました。

_Q9A5098

インテリアグッズやお菓子などのデザインが素敵な空き箱は、ついつい捨てられずに取っておきたくなるもの。

こんなふうに、箱のかわいらしさも生かしながらディスプレイ収納に使えたら素敵です。

ちなみに大塚さんは、「かわいいからなんでも取っておく」のではなく、「コレ!」と決めたものや使いみちがはっきりとイメージできるものだけを厳選して残しているそうです。

 

ついつい増える雑誌は「ここに収まるだけ」と決めて。

_Q9A5124

カーテンで目隠しをした本棚は、大塚さんがDIYで作ったもの。

この中には、たくさんの雑誌が並んでいました。

大塚さん:
「雑誌は気に入ったものは何度も見返しますし、やっぱり増えてしまいます。でも、ここに収まるだけと決めて、定期的に中身を見直しています」

_Q9A5162

その向かい側には、これもまた大塚さんの手作りだという家具が2台ならんでいます。

そのうちのひとつには、コレクション心をくすぐる色とりどりのマスキングテープがぎっしり。

_Q9A5057

なんとこの引き出しは、マスキングテープのサイズに合わせて作ったそう。

カーテンで目隠しをした下段には、料理やインテリアなどを中心に、雑誌以外の本をしまってありました。

_Q9A5059▲これなら、使いたい色や柄がひと目で見渡せます。

 棚の上にディスプレイしていたのは、アンティークのような絵付けが美しい陶芸家・比留間郁美 (ひるま いくみ) さんの作品です。

_Q9A4689

大塚さん:
「もちろん実用としても使えるのですが、なんだかもったいなくてここに飾って楽しんでいます」

そのお気に入りとリンクさせるように並べた絵皿には、ピアスやブローチなどのアクセサリーをディスプレイしながら収納。

_Q9A4692

絵皿を並べることで、実用的な収納ながらインテリア要素も加わり、ショップのようなあしらいになりますね。

 

帰宅したら、バッグの中身は定位置へ。

_Q9A5075

どんなものにも「住所」を決めているという大塚さん。

バッグの中身も、アトリエにある引き出しに定位置を作りました。帰宅したらまず持ち物をすべて取り出して、ここへしまうのを習慣にしています。

_Q9A5081

大塚さん:
「バッグは、毎日洋服に合わせて選びたいタイプなんです。

空っぽになったバッグは、その足で2階のウォークインクローゼットへ。その日使ったバッグをしまって、明日のものを出しておき、朝、ここから持ち物を入れるという流れです」

気になる展示のDMや、当日まで大切にしまっておきたい結婚式の招待状なども、この引き出しにしまっているそうです。

_Q9A4853

4回にわたり、「暮らし上手の収納術」 をお届けしました。

お買い物が大好き。気になるものも、趣味もたくさん。でも、気に入って買ったものを大切に愛せるよう、一定量からあふれたら手放す、収納場所を決めてから購入するなど、「買う」のその先を見つめることも忘れません。

大塚さん:
「雑貨を飾ることも大好きですが、それ以上に動線や使い勝手が良くなるように収納を考えることも大好き。毎日、あれこれ試して実験のように繰り返しています」

_Q9A4695

持ち物を最低限に減らす、シンプルな暮らしもすてき。

でも、献立を思い浮かべながら「今日はどの器にしようかな?」と迷ったり、「初夏の空に映えるバッグの色はどれだろう」と選んだり、そんな選択肢がある日々も楽しいものです。

共通しているのはどちらも、「持ち物すべてを大切にできる」仕組みを作り、大好きなものだけに囲まれて過ごしているということ。

それはものの量で決まるわけではなく、心がけ次第だということを気付かせてくれる今回の取材でした。

100人いれば、暮らしも100通り。私たちらしく、それぞれのスタイルにフィットする収納のかたちを見つけていけたら、生活はもっと楽しくなっていきそうですね。

(おわり)

【写真】木村文平

 


もくじ

第1話(5月16日)
ユニットシェルフが主役!ショップスタイルのキッチン収納

第2話(5月17日)
たくさんの洋服をどうしまう?すべてが一軍のクローゼット収納

第3話(5月18日)
DIYならではのカスタム収納!リビングを広く見せるには?

第4話(5月19日)
「好き」が詰まった部屋は、あふれすぎない心がけを。

 

profile_futura_lineblack
profile_otsuka_1705

大塚 彩

千葉県在住。郊外に、シンプルで住みよい「無印良品の家」を建て、夫と2匹の猫・ノノ&ココちゃんとともに暮らす。アパレルECサイトで働きながら、料理にお菓子作り、手芸、DIY……と趣味も多く、夫婦そろって大の洋服好き。休日には自宅へ人を招き、手料理をふるまうことも多い。

 

1704fujisawa_profile

ライター 藤沢あかり

編集者、ライター。大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。執筆媒体は「PLUS1 LIVING」「ONKUL」「tocotoco」「Hanakoママ」など。

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
諦めるには早かった?本多さおりさんに聞く「隠れた収納スペース」の活用法

本日の再入荷アイテム
フィンランドからやってきたロヴィのツリーが再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


HOUSEKEEPINGカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像