【ロングセラーには理由がある】掃除道具がある風景に、見惚れる日がくるなんて。

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

こんにちは、編集スタッフの齋藤です。今年でオープンして10年経った当店では、新商品をお届けしている一方で、むかしから変わらず愛されている商品があります。

そんな「北欧、暮らしの道具店」のロングセラー商品の魅力を、みなさまにも再発見してもらいたい!そんな想いから、月に一度くらい商品のご紹介ページを新しくし、担当スタッフの一押しポイントもこちらでお届けすることにしました。

第1回目の今回は、イリスハントバーク社のちりとりブラシ。実はこのブラシを売り出した頃の写真は、代表青木が撮影していたそう。(そんな時代があったことにわたしも驚きました……)でもそれほど長年に渡り、当店で扱ってきたブラシなんです。

今回はその魅力を、あらためてみなさまにご紹介します。

 

思わず見惚れる、インテリアになる掃除道具。

今回わたしも実際に手で触れてみて、一番感じたのは、「佇まいの美しさ」という魅力でした。

掃除道具は、目に見えないところにこっそり収納しておくことが多いもの。でもこのブラシは、思わず部屋のどこかに飾っておきたくなる見た目なんです。

手作りならではのぬくもりがありつつ、絶妙にシックで大人っぽいのも魅力的。撮影の際あちこちに置いてみたのですが、場所を選ばず絵になったように思います。

ぽんっと玄関に置いただけですが、「うんうん、いい〜」と、妙に悦に浸りながら撮影。

掃除道具に見惚れる日がくるなんて思ってもみないことでしたが、このちりとりブラシは、部屋の風景も美しくしてくれるのかもしれません。

 

たかがブラシとあなどるなかれ。100年以上の歴史を持つ、名ブラシなんです。

実はこちらは、ブラシとしてはなかなかに値が張ります。わたしも最初お値段を見たときは、びっくりしました。でもものづくりの背景を知り、さらに実物をしっかり見てみて、深く納得。

スウェーデンの伝統技法にこだわったものづくりをしているイリスハントバーク社のブラシは、手作業でひとつひとつ丁寧に作られています。そのつくりの良さは、見た目だけでなく、使い心地にもあらわれていました。

例えば掃いたときの感覚も、今まで使ったどのブラシとも違っていて思わずびっくり。しっかりゴミを集めてくれるけれど、やさしい掃き心地なんです。

いつの間にか掃除をしているというよりも、床をお手入れしている、という感覚になっていました。この気持ちで毎日お掃除できたなら、家の中をもっと愛おしく感じることができそうです。

その他にも、まだまだロングセラーならではの魅力がいっぱい。もっと詳しい情報は、ぜひ新しくなった商品ページでご覧くださいね。

 

▽商品ページはこちらから▽


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
朝のスイッチを入れてくれる、「美味しいコーヒーとトースト」の新習慣

Today’s selection
あったかいものが恋しくなる季節、到来。これからにぴったりなアイテムが揃っています。

うんともすんとも日和|第8弾!
【密着!】歌手と内科医、二足のわらじで見えた「力の抜きかた」(アン・サリーさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像