【BRAND NOTE】もう3年以上飲んでます!食いしんぼうスタッフがおすすめしたいお酒

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

「おいしいもの」に目がない私たちが、オススメしたいおいしいお酒

私たちクラシコムスタッフの間で一番多い話題。それはもしかしたら「おいしいもの」に関することかもしれません。

「きのうインスタにあげてた、あのカレーはどこの?」「そのお弁当のおかずおいしそう!レシピ教えて」。社内ではふとした瞬間、食いしんぼうな話で大盛り上がり。

そんな私たちスタッフの間で「おいしい!」と話題になっている、とあるお酒があります。

それが今回BRAND NOTEでご一緒することになった「キリン 本搾り™(お酒)」。

私は今回の取り組みまで知らなかったのですが、果汁とお酒だけで作られた、缶チューハイだそうです。

普段私はそんなにお酒を飲む方ではありません。しかもビールやワインに比べて、チューハイはそもそもちょっと遠い存在。でも、社内では「本搾り™ばかり飲んでるよ〜」という声がちらほら。

おいしいものに目がないスタッフにそう言われ、さらに果汁たっぷりで飲みやすいよ、とまで言われたら、思わず喉がゴクり。

ちょっと気になりはじめてしまいました。

そこで前編では、普段から「本搾り™」を飲んでいるというスタッフの上山(写真中央)と高松(写真右)に、数ある中からこのお酒を選んでいる理由について聞いてみました。

実はふたりとも、もう3年以上も飲んでいるとのこと。そんなに長い間リピートし続ける魅力は、一体どこにあるのでしょうか。

上山の自宅に集まり、おいしさの秘密に迫ります。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で製作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

たっぷり果汁とお酒だけ。缶でこのおいしさははじめて!

ふたりの口からは、「本搾り™はとにかくおいしい〜」という言葉があふれました。

スタッフ上山:
「最初は、スーパーでたまたま新発売されているのを見かけたんです。缶を見て果汁がとても多いと知り、びっくりして。

普段から外食のときはチューハイをよく飲んでいたので、お店の『生搾りグレープフルーツ』みたいなお酒を、家でも楽しめたらうれしいなぁと思ったんです。

そして飲んでみたら、まさに理想通りの味! それからというもの、おいしくてはまってしまいました」

スタッフ高松:
「私も、もともとチューハイが好きだったんです。だから友人と家で飲むときや、趣味でよく行くキャンプの時でも、おいしいチューハイが飲めたらいいなと思っていました。

でも缶では『これだ!』と思える味がなかなか見つけられなくて。そんな時に『本搾り™』を見つけて飲んでみたら、本当においしかったんです。

もう缶チューハイは『本搾り™』以外飲まないくらい、すっかりファンになってしまいました」

さらに「どういうところがおいしいの?」と聞いてみると、ふたりとも「かざらない、果物本来の味」との答え。

そのおいしさの秘密に、もっとふみ込んでみました。

 

45に28?この数字の意味は一体……

本搾り™」の缶を見てみると、オレンジはなんと45パーセントも果汁が入っています。これには思わずびっくり。缶のお酒でここまでしっかり果汁が入ったものは、あまり見かけたことがないかもしれません。

果汁が多いなら、お酒をあまり飲まない私も、なんだかとっても飲みやすそう。

さらによく見てみるとグレープフルーツは28パーセント、レモンは12パーセントと、それぞれ果汁の割合が異なります。

私は、ジュースと一緒で果汁は多ければ多いほどおいしいに違いない、と思っていました。でもお酒の場合、そうとも言い切れないそうです。

本搾り™」が一番大切にしているのは、素材本来の味。フルーツが持つ魅力的な味を引き出しつつ、さらにお酒としておいしく仕上げるためには、果汁とお酒のバランスが重要になってくるそう。

だからフルーツの種類によって、微妙な1%の数値まで、配合を変えているらしいのです。

しかも材料は果汁とお酒のみと、とってもシンプル。香料や着色料などは入っていません。

 

このおいしさは他にはないかも。素材ありのままの味がクセになる

▲このにごりも、果汁がたっぷり入った証

そのこだわりは、上山と高松が「おいしい!」感じるポイントにも、しっかりあらわれていました。

スタッフ高松:
「素材本来の味わいだけだから、香りも味も素朴。最初飲んだ時はちょっと物足りないかも、とも思ったんです。

でも飲んでいるうちにどんどんクセになってくるし、おいしくてしょうがなくなってきました」

スタッフ上山:
「余計な味がしないところが、本当においしい。

中でもグレープフルーツが好きでよく飲むのですが、酸味や甘みの他にグレープフルーツらしいほろ苦さもあって、でも後味はすっきり飲めるんです」

 

甘くない、大人の味が決め手です!

さらに「甘味料ではない、果物そのままの甘み」も、ふたりがはまった理由のひとつだそう。

スタッフ高松:
「缶のチューハイは、甘いものが多いように思うんです。でも『本搾り™』は甘味料が入っていないため甘すぎず、後味のさっぱりした果物本来の甘みだけを感じられます。

私は友人とよく飲むんですが、男友達にもとても人気です」

スタッフ上山:
「私もお酒は、ドライなものが好きなんです。

お酒に余計な味が入っていたり、味が強すぎると、食事を存分に楽しめない気がしてしまって」

本搾り™」は、果汁が本来持っている以外の糖分は入れていないそう。ここでも、素材本来のおいしさの追求を徹底したそうです。

 

ビールやワインに並ぶ!食事に合うのが魅力

ふたりとも、今やビールやワインよりも「本搾り™」を飲む機会の方が多いそう。

甘さ控えめですっきり飲める「本搾り™」は、ご飯との相性も抜群。

高松にいたっては「私はとにかくご飯が大事! だからご飯をおいしく食べられるお酒がいい。それが『本搾り™』なんです」と、なんとも食いしんぼうな発言まで飛び出しました。

さらにそのおいしさを紹介してもらうべく、後編ではふたりが、日頃一緒に楽しんでいる料理も紹介してもらいました。

どれもこれもカンタンにできるものばかり! ということで、上山家のキッチンで料理をはじめた上山と高松。

さて、台所からおいしい香りが漂いはじめたところで、「本搾り™」片手にてんやわんやの、後編につづきます。

 

【information】
果実ありのままのおいしさ!ジューシーなパイナップル味、新発売


スタッフの間でもおいしいと話題の「
本搾り™」から、あたたかくなって来た季節にぴったりの、期間限定パイナップル味が発売されます。

2018年4月17日より全国のコンビニやスーパーの店頭に並びますので、ぜひ見かけた際は手にとってみてくださいね。

(つづく)

本搾り™の詳細はこちらからご覧いただけます

【写真】三村健二

 


 


もくじ

第1話(4月16日)
【BRAND NOTE】もう3年以上飲んでます!食いしんぼうスタッフがおすすめしたいお酒

第2話(4月17日)
【BRAND NOTE】今や定番はこのお酒!ご飯がもっとおいしくなる、スタッフのおすすめの飲み方


本日の編集部recommends!

最新の再入荷情報
オリジナルで作った木のプレートや見せる収納ができるオシャレなバケツなど再入荷してます!

ひんやり爽やかブルーのアイテム
暑い日だからこそ、毎日使うアイテムは涼しい色に。当店の涼しいブルーなアイテムを集めました♪

好評配信中!
西田尚美さん主演、当店オリジナルの「短編ドラマ」をつくりました。

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像