【衣替えの基本】01:衣替えはいつが適切?ベストなタイミングとは

2018年の衣替えはいつ・何月からやるのが良いのでしょう? 迷いがちなタイミング時期を見極めるポイントをお聞きしました。また、衣替えの由来、収納スペースの掃除・換気方法、衣替えを通して春服・夏服を見直すコツをお届けします。

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

 

衣替えはいつがベスト? おすすめの時期

衣替えをいつすれば良いかは毎年悩みますが、「最高気温」が目安になるそう。

20度前後の日が続くようになったら、衣替えの合図。体感気温には個人差がありますが、羽織やストールを上手に取り入れて、温度調節をしてみましょう。

また、衣替えは1日で済ませようとせず、週末や休みの日を利用して少しずつすすめるのがおすすめ。秋は9月10月の連休、春は5月の連休も良いのだとか。

今年はスケジュールを見ながらスムーズに取り組みたいですね。

 

衣替えは、服を見直すチャンス

衣替えは、手持ちの服の種類、数、状態を見直せる絶好のチャンス!と言う、すはらさん。

だからこそ自分の手で触れ、目で見て確認するのが大切なのだそう。この時に見るべきポイントは4つ。

1)サイズは合うか
2)色あせ、シミなどの汚れはどうか
3)毛玉、ヨレ、型くずれはないか
4)これからのシーズンも着たいと思うか

これらの項目で違和感を感じたら、手放すことを考えるサイン。迷ったら、鏡の前で着てみてくださいね。

服の見直しをすることによって、買い替える服・買い足すべき服のことが分かり、次の買い物の助けになります。

 

収納スペースの「換気・掃除」でカビ防止

衣替えは、収納スペースの環境を整えるのに丁度良い機会でもあります。

扉を開けて自然換気をし、除湿器やエアコンを稼働させて、余分な湿気、こもりがちな臭気を飛ばし、室内と同様に快適な環境に整えましょう、とすはらさん。

また、衣類を動かすことで出る繊維くずやホコリが、床・棚に落ちるので、衣替えの後には掃除をすることも大切。これによって、カビの発生を予防することができるそうです。

 

衣替えの習慣は、四季がある日本だからこそ?

四季のある日本では、古くから季節に合わせて服装選びを行う習慣があります。これを「衣替え」と呼び、季節の変わり目で服の手入れをして、種類、量に合った最適な方法で収納をすることを現代ではさしています。

 

生活スタイルが多岐に渡るように、衣替えの仕方や時間の掛け方もさまざま。

家族構成やスケジュールに合わせて、ご自宅にちょうどいい衣替えの方法が見つかるよう、明日からは衣替えの具体的なアイデアを連載していきます。

 

次の記事はこちら
vol.02 衣替えで必須!防虫剤・防湿剤の使い方のポイント

「衣替えの基本」の記事はこちら
vol.03 衣替え時の「洗濯」で気をつけること
vol.04 衣替えの季節別! 注意するポイントって?

 

【写真】鍵岡龍門
【協力】すはらひろこ https://ouchisuteki.com/


本日の編集部recommends!

Today’s selection
気持ちをかろやかにしてくれるもの

本日の再入荷
この夏大活躍しそうなオリジナルかごバックが再入荷です!撥水スエードのトートバックとポシェットも揃っています♪

期間限定キャンペーン
当店オリジナルLINEスタンプをプレゼント!LINEアカウントを引っ越します。

HOUSEKEEPINGカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像