【BRAND NOTE】アイテムひとつで「居心地」は変わる?自分をラクにする、キッチン道具選びのヒント

ライター鬼頭佳代

今回のBRAND NOTEは、食器洗いの小さなひと手間をさりげなくサポートしてくれる、ライオン(株)の食器用洗剤「Magica(マジカ)」編をお届けしています。

「毎日の食器洗いをできるだけ楽しくしたい」。そんな想いに共感した私たちは、ライオンさんと一緒に、初めてのコラボキッチンアイテム(※)を作ることになりました。

クラシコムデザイナーの佐藤と鈴木に、コラボアイテムのこだわりを聞いた前編。続く後編は、家事をラクにする道具選びを心がけているという当店バイヤー・中居のキッチンを訪ね、アイテムの実際の使用感を聞きました。

※コラボアイテム付き「Magica」の取扱チェーンの詳細は記事下バナーからご確認いただけます。当店での取り扱いはありません。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

バイヤーならでは。スタッフ中居のキッチン道具選び

夫と3歳の息子と3人暮らしの中居。家事と子育て、仕事の両立できっと忙しい毎日を過ごしているはずなのに、キッチンはとてもスッキリしています。

中居:
「キッチングッズが大好きで、ついあれこれ欲しくなってしまうけど、細々としたものが増えると片づけのストレスも増えてしまいがち。できるだけ気持ちよくキッチンに立ちたいから、道具選びにはマイルールを作っているんです。

必ずチェックするのは、飽きのこないシンプルなデザインで、壊れずに長く使える品質かということ。見た目のかわいさだけには飛びつかず(笑)、厳選したものだけを置いています」

デザインも品質も妥協しないというバイヤーならではのこだわりを聞いたところで、さっそくお気に入りの道具を見せてもらうことにしました。

 

シンプルなのに実は万能! 愛用キッチン道具3選

▲当店でも取り扱いのある人気商品です

まずは、毎日欠かさず使っている「towerのポリ袋ホルダー」。

中居:
「生ゴミ処理にずっとモヤモヤしていて見つけたアイテム。このホルダーは好きな大きさのポリ袋をセットできて、野菜クズを入れたらそのまま袋ごと簡単に捨てられるんです。使い終わったら、ペタンと折りたためて収納場所も取らないので、使い始めてからストレスが本当に減りました」

つぎに登場したのは、少し変わり種。2年前に使い始めた「立つまな板」は、サイドのパーツをくるっと回すだけでさっと立てられるのが特徴です。

▲「土佐龍」の「四万十ひのきまな板」Lサイズを愛用

中居:
「材料を切った後、次の作業のためにキッチンスペースを広く使いたい。そう思っていたときに見つけたものです。作業場所を確保できるし、使いたいときにはすぐに戻せるのもうれしいところ」

▲「北陸アルミ」の「ルックインスタンドカバー」 Mサイズ

中居:
「自立式のアイテムは他にも愛用していて、これは立つ鍋ぶたです。置き場に迷いがちな道具なので、調理の合間にコンロ脇にさっと立てられるのは便利ですね。

料理中はもちろん、立てたまま収納できるので、そこもお気に入りです」

 

アイテムひとつで、「キッチンに立つ気持ち」は変わる

さりげなく使っている道具ひとつひとつにも、しっかりと選ぶ理由がある中居。工夫するようになったのは、育児が始まってからなんだとか。

中居:
「目の前の子どもを見ながら台所仕事をしないといけないから、同時に考えることを少しでも減らしたい。家事の効率化を考えたとき、アイテム選びを見直すのが一番ラクだなって気づいたんです。

小さなモヤモヤを感じたら我慢せず、解決できるアイテムを探す。そうすることで、次第に気分よくキッチンに立てるようになりました」

 

コラボアイテムの、使い心地を聞きました

そんな中居が今回コラボアイテムの中から選んだのは、カモメ柄のポンプボトルと水切りマット。それぞれの気に入ったポイントを聞きました。

中居:
「キッチンに出しっぱなしのアイテムは、色柄ものはあまり選ばないのですが、飛んでいるカモメのかわいさに惹かれて思わず手にとってしまいました。

鮮やかすぎず落ち着いた色合いなので、キッチンのステンレスとも違和感なくなじんでくれますね。

清潔感のあるブルーは、キッチンの雰囲気も明るくしてくれてうれしいです」

中居:
「水切りマットは、食洗機に入りきらない食器や、水切りかごから落ちてしまうような細かいものを置いておくのにちょうどいいサイズですね。うちでは、息子の水筒の細かいパーツを乾かすのに重宝しています。

裏面がメッシュ素材なので、乾かして繰り返し使えるのもありがたいですね」

▲野田琺瑯のバット(18取サイズ)に敷いて、簡易洗いカゴ代わりにしているそう

 

キッチンに、「お気に入り」が増えたなら

キッチンにお気に入りのアイテムを増やすこと。バイヤー中居の心がけは、ささやかでも積み重ねることで、日々の暮らしや気持ちに少しのゆとりを生んでいました。

たとえちょっぴり食器洗いが苦手でも、その時間をもう少しだけ好きになれるように。「いいな」と思えるアイテムを取り入れることは、そのきっかけのひとつになるかもしれません。

今回「Magica」とのコラボでお届けする、ポンプ式ボトル、キッチンスポンジ、水切りマットも、そんな「お気に入り」の存在になれたならうれしいです。

(おわり)

 

Information
「北欧、暮らしの道具店」監修のキッチンアイテム付き食器用洗剤「Magica」が数量限定で発売

今回ご紹介したキッチンアイテムは、「Magica」のつめかえ用大型サイズ2本とのセットで販売されます。1セットについているアイテムは1つです(スポンジはメラミンスポンジとの2個セットです)。

食器用洗剤「Magica」は油汚れが「サラサラ落ちる」から、面倒な食器洗いが手早く片づきます。選べる3つの香りタイプに加え、まな板・スポンジ・ふきんの除菌ができる「除菌+(プラス)」、拭く手間を軽減する「速乾+(プラス)」をラインナップ!香りや機能で自分にあった「Magica」が選べます。

今回はこの中からMagicaスプラッシュオレンジの香り、除菌+フレッシュシトラスグリーンの香り、速乾+クリアミントの香りの3種類をご用意しました。

2018年11月21日より順次、全国のスーパーやドラッグストアなどに並びますので、見かけた際はぜひ手にとってみてくださいね。
(数量限定商品につき、取り扱いのない店舗もあります)

【商品に関するお問い合わせ先】
ライオン株式会社 お客様センター
電話番号:0120-556-973
受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始(12/28〜1/3)・夏季休暇(8/11〜8/15)を除く)

▼取扱チェーンなどコラボアイテムの詳細はこちら(販売店詳細は取扱企業の全てではございません)

▶︎こちらの商品は、LOHACOでもお買い求めいただけます。(アイテムは選べません)

【写真】佐々木孝憲
【編集協力】有限会社ノオト


もくじ

 

ライター 鬼頭佳代

有限会社ノオト所属の編集者、ライター。1991年、愛知県生まれ。IT企業のメディア担当や広報を経て、主に教育や報道、観光などの分野のオウンドメディアのコンテンツ制作に携わる。就職を機に上京してから、「自分にとっての心地よい暮らしってなんだろう?」と考えはじめました。趣味は、純喫茶巡りと宝塚歌劇を観ること。


本日の編集部recommends!

すっきり整える習慣
忙しい時こそお助けアイテムに頼って。毎日を気持ちよく過ごすアイデア【SPONSORED】

【送料無料】秋いちボトムスが今年も登場!
創業15周年の感謝をこめて、秋いちボトムスご購入で送料無料に。

キャリア採用
2021年秋のスタッフ募集が始まります(9/30 9:30am 〆切)

【動画】わたしの朝習慣
夫とのコーヒータイムに、友人とのウォーキング。長年続ける毎朝の心地よいルーティン

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像