【新商品】当店初!あの「生活の木」と一緒にオリジナルの「ロールオンコロン」をつくりました。

バイヤー 中居 バイヤー 中居

こんにちは!バイヤーの中居です。

本日は、およそ1年前から試行錯誤をつづけ、ようやく完成した当店初となるオリジナルアイテムのご紹介です。

期待と不安の入り混じった気持ちでとてもドキドキしています……!

お届けするのは、肌につけて香りを楽しむオリジナルの香りの「ロールオンコロン」。

ハーブとアロマテラピーの老舗ブランド「生活の木」とコラボして、「気持ちをつくる香りのおまもり」をつくりました。

なぜ香りのアイテムをつくりたいと思ったのか、なぜ「香りのおまもり」なのか。

何度も話し合いながら大切に進めてきた企画です。ぜひその開発過程からご紹介させてください。

 

私たちが「香り」をつくった理由

きっかけは店長佐藤のコラム、はじめてネットショップで香水を購入した体験が綴られたものでした。

想像を膨らませて香りを選んだこと、到着を楽しみに待ちわびたこと、届いた香りは想像とちょっぴり違ったけれど、その体験が新しい扉を開くきっかけをくれたこと。

まだ入社前だった私は、影響されて同じように香水をネットで購入。すると確かに、新しい自分に出会えたような新鮮で面白い体験だったんです。

と同時に、一ユーザーとして「『北欧、暮らしの道具店』だったらどんな香りをどんな手法で提案するのか見てみたい……」という興味も抱きました。

入社後、その思いを企画書にしたため「こういう体験をぜひ私たちなりのやり方で届けましょう!」と提案したのがはじまりでした。

香り一つで気分や目線が変わり、前向きにもなれる。香りは気持ちに直結するものだとも思いました。

日々コラムや商品を通じてさまざまな思いをお届けしている私たちだからこそ、香りに乗せて「気持ちをつくる体験」を皆さんに提案できるのではないか?

そんな考えのもと、「今までやってこなかった大きな取り組みだけど、チャレンジしてみよう」と満を持して走り出したのがちょうど1年前のことでした。

 

天然精油の香りにこだわった、「生活の木」とのお取り組み

肌につけるものなので、香り立ちがやさしく、植物由来の「天然精油」を使った香りづくりがしたいと考えていました。

そこでご相談したのが「生活の木」です。

ハーブが日本でまだあまり知られていないころから40年以上も研究開発を行ってきたハーブとアロマの専門店。

生産地など背景がわかる素材調達、アロマ関連商品はもちろんハーブティーなど、健やかなライフスタイルを提案するものづくりをされています。

私たちの思いに賛同いただき、一緒にオリジナルの香りづくりをしていただけることになりました。

▲左がご担当の澤田さん。埼玉県飯能市にある「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」に伺い、香りの調合秘話やものづくりへの思いをお聞きしました。

 

「気持ちをつくる香りのおまもり」ができるまで

まず考えたのが、香りのコンセプト。それが「気持ちをつくる香りのおまもり」です。

誰しも自分に自信が持てないとき、ヘコんでしまうときがあるはず。そんなときどうしているのだろう?

そのヒントを得るためスタッフにアンケートを取ってみることに。

するとそれぞれが日々悩んで落ち込んだとき、気持ちを切り替えるための様々な対処法を持っているということがわかりました。

その代わりに、いつも持ち歩けて手軽に使える「おまもり」のような香りアイテムがあったらいいのではと考えていったんです。

気持ちを切り替える行動やシーンは、おおよそ3つのカテゴリーに分類できました。

例えば、甘い物を食べて緊張をほぐす人、ひたすらノートに書いて課題を乗り越えようとする人、運動したり音楽をかけたりして気分転換する人。

それが、3種の香り「ゆるめたいときに」「向き合うときに」「はじめるときに」のもととなりました。

デザインチームと一緒にそれぞれのシーンを想像し、香りにつながる色やイメージを膨らませていきました。

コンセプトとイメージをそのまま「生活の木」の調香師さんにお伝えし、香りをブレンドしていただきました。

驚いたのは、私たち以上にコンセプトへの理解を深め、シーンや心情のイメージをさらに膨らませて試行錯誤してくださったこと。

おかげで最初のサンプルからまさにイメージしていた通りの香り。こうして自信を持ってお届けしたい3種の香りができたのです。

「ゆるめたいとき」はベルガモットとほのかに甘いバニラが香る女性らしい香り。一日の終わりの夕暮れ時、 張り詰めていた気持ちをほどき、ゆるめたいときに使ってほしいです。

「向き合うときに」はサイプレスやローズマリーといったハーバルウッディ調の、たおやかで凛とした雰囲気の香り。夜眠りにつく前や、自分らしさを取り戻したいときに助けてくれるような香りです。

「はじめるときに」は明るい朝の日差しが窓から差し込むような、フレッシュで爽やかな柑橘の香り。雨上がりに輝く緑のような雰囲気で、朝出かける前や、前向きに考えたいときにおすすめです。



すべて異なるブレンドですが、張り詰めた気持ちをゆるめ、自分と向き合い、新たな気持ではじめて……と流れで使ったり、重ねて使ってもしっくり馴染む組み合わせなんです。

さりげなく自然な香りなので、周囲を気にせずつけられるのも嬉しいポイント。時間帯やその日の気分によって使い分けていただくのもおすすめです。

 

香りで気持ちをつくれたら


日々理想と現実のギャップに落ち込むことの繰り返しだけれど、きっかけがあればいつもの自分に戻り、前向きな気持ちをつくることができる。

そんな自分であるための「おまもり」があれば、もう少しだけ強くいられる気がします。そんな人になれたらいいな、という憧れも込めてつくった香りです。

もしかしたら想像とちょっぴり違ったなんてこともあるかもしれませんが、そんな体験も含めてぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです!

今回は当店初の試みということで、店長佐藤の思いと開発エピソード、当店スタッフ5名が実際につかった感想を特別コラムでご紹介しています。

ぜひあわせてご覧ください!

 

▼店長佐藤の思いと、スタッフ5名の感想はこちら

▼商品ページはこちら


本日の編集部recommends!

プレゼントキャンペーン|数量限定
お買い物いただいた方全員に「青葉家のテーブル 公式ブックレット」をプレゼント中♪

最新の再入荷
絶妙サイズのスリム家具や収納ラックが揃ってます。お部屋のプチ模様替えはいかがでしょう?

うんともすんとも日和|第4弾!
当店の人気連載「私にちょうどいい美容」を執筆してくれた長田杏奈さんが登場です。

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像