【ときめく手みやげ】第7話:問答無用のかわいさ!シロクマほか、涼しさを感じるおやつ4選

編集スタッフ 寿山 編集スタッフ 寿山

雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんに、えりすぐりのお菓子や雑貨など、手みやげにしたいアイテムをご紹介いただく本連載。

7月は、涼しさを感じるおやつをご紹介。冷菓は持ち運びが大変と敬遠しがちですが、常温で持っていけるものもあるそう。取り寄せて楽しめるものなど、バラエティに富んだおやつをお届けします。

※アイテム・金額は2019年6月時点の情報です。

 

NOAKE TOKYO
「キャンディフラッペ 」

▲キャンディフラッペ(5本入り・9月頃までの夏季限定) 2,450円

最初に登場するのは、チョコレートや焼き菓子の販売ほか、オリジナルスイーツのオーダーも受けつけている「NOAKE TOKYO」が夏季限定で販売しているキャンディフラッペ です。

オモムロニ。さん:
「チョコを花束のようにラッピングした『ボンボンキャラメルブーケ』が人気のお店なんですが、夏季限定で販売しているフラッペが、昔懐かしいアイスキャンディやチューペットを思い出すルックス!

ゼリーを凍らせて食べるアイスで、『あのポッキンと折って食べるアイスなんて呼んでた? 何味が好きだった?』など、懐かしい思い出話で盛り上がります」

▲凍らせてカットしたものを炭酸で割っても美味しい

「苺にバラ、りんごにカモミールティー、白桃にバニラなどを組み合わせてあり、色も味も『大人なアイス』。ボックス入りで、凍らす前の常温で持ち歩けるので、夏に外で溶けてしまう心配もありません」

【NOAKE TOKYO】
https://noake.jp/

 

パティスリーヤナギムラ
「ヤナギムラのフローズンしろくま」

▲ヤナギムラのフローズンしろくま810円

続いて鹿児島県にある地元に根ざしたお菓子屋「パティスリーヤナギムラ」のフローズンしろくまです。

オモムロニ。さん:
「見た瞬間にわあっとテンションが上がる、問答無用のかわいさがありますよね。百貨店のお中元コーナーで紹介されていたのですが、思わずミーハーな気持ちで手に取りました。

練乳たっぷりのフローズンミルクを凍らせた、パフェのような冷菓。

1個ずつ手作りしているので表情が違っていて、届いた時にどんな顔が見られるかにもワクワクします」

【パティスリーヤナギムラ】
http://www.yanagimura.com/

 

クレーム デ ラ クレーム
「ラングドシャサンドアイス」

▲ラングドシャサンドアイス(8個入り) 3,780円

つぎは、京都にある原材料にこだわったシュークリーム専門店「クレーム デ ラ クレーム」のサンドアイスです。

オモムロニ。さん:
「ここ数年、美味しいサンドアイスがすごく増えてますが、こちらは牛乳などの原材料にこだわった専門店のアイスなので、アイスクリームがすごく滑らかなんです。さすが京都の味、抹茶アイスも本格的ですごく美味しい。

こういったアイスはボリュームもあって1個で満足ですが、アイスをサンドしているラングドシャがベチャっとならず、2〜3口で食べられちゃう絶妙なサイズ感で、『ん!美味しい……これも……えっとこれも……』と、何個も食べたくなってしまいますよ」

▲横からはみ出るクリームを、こぼれないように頬張る……幸せ

【クレームデラクレーム】
http://www.cremedelacreme.co.jp/

 

観音山フルーツガーデン
「なちゅるん 」

▲1個390円、3個入り〜ギフトボックスあり

最後は、明治時代から6代つづいている果物農家が営む「観音山フルーツガーデン」の飲むゼリー。

オモムロニ。さん:
「友人の出演する舞台などの楽屋によく持っていく、私の定番差し入れです。こういう時は焼き菓子などよりも、フルーツものが清涼感もあってノドにも良くて嬉しいという声を聞いて。

常温でも冷やしても飲めるので、冷蔵庫があるかわからない場所にも持っていけるし、チアパック型なので途中でキャップをしてまた後で、なんてことも可能ですよ」

「もちろん便利なだけじゃなく、和歌山のフルーツ農園から直送のもぎたてフレッシュな味で、大人だけでなくお子さまも好きな味だと思います」

【観音山フルーツガーデン】
https://www.kannonyama.com/

次回もひきつづき、涼しさを感じるおやつをご紹介します。

(つづく)

【写真】市原慶子

 

オモムロニ。

雑貨コーディネーター。東京生まれ、横浜在住。2003年に開始した、気になるモノ・コト・ヒトを発信する「オモムロニ。」がブログ黎明期に人気となり、以降、雑誌やWEBでの執筆、雑貨やギフトなどのセレクトやコーディネートなど幅広く活動。現在雑誌『CREA』『LaLa Begin』『&Premium』で連載中。2019年1月、初の著書となる『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)を上梓。Instagramアカウントは @omomuroni 。


本日の編集部recommends!

在宅ワークのコツ
集中を保つためにどうしてる? スタッフ2名の「リモート事情」[SPONSORED]

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

【最新動画】あそびに行きたい家
模様替えはトライ&エラー。工夫を楽しむ暮らし(編集スタッフ・小林宅)

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

CULTUREカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像