【昨日も今日も、味噌汁】たっぷり作って冷蔵庫へ。出汁いらずの粕汁レシピ

編集スタッフ 二本柳

今日の味噌汁レシピ
vol.02「塩鮭で出汁をとる粕汁」

「出汁をとることに、とらわれないでほしい」

そう話してくれたのは、料理家のこてらみやさん。味噌汁は、毎日の栄養を支えてくれる「家庭の料理」。だからこそ難しいルールに捉われず、旨味の出る具材を上手に活用したいと話します。

動画「昨日も今日も、味噌汁。」は、味噌汁のレパートリーを広げるレシピ番組。

簡単で栄養満点。いつもの味噌汁がもっとおいしくなるアイデアを、こてらさんに教えていただきました。

 

翌日がおいしいから、たっぷり作って冷蔵庫に。

今回ご紹介するレシピは、京都出身のこてらさんが幼いころから食べてきた「塩鮭の粕汁」。

発酵食品でもある酒粕と、鮭、たっぷりの野菜で体も元気になりそうな一杯です。 いわゆる “味噌汁” ではありませんが、ボリューム満点で白いご飯とも相性ばつぐん!なので、是非お試しください。

こてらさん:
「粕汁は、冷めたときに野菜に出汁が染み、翌日が一番おいしい。だから我が家では、いつも大鍋でたっぷりと作ります」

試食でいただいた粕汁は、出来立てのものと一晩おいたものの2種類。たしかに一晩おいたものはコクが増して、さらにおいしくなっていました。

あらかじめ2日分作り置きしておけば、平日の夜にパパッと食べられてありがたい。お助けレシピとなりそうです。

 

出汁は「塩鮭」から。

塩鮭をつかうのも、手軽さとおいしさを同時にかなえる秘訣です。

こてらさん:
「生鮭でなく塩鮭を選んでください。しっかり旨味がでますから、出汁をとる手間も省けます」

さらに具材にコクを出してくれる油揚げ、甘みのあるにんじんなどの野菜を加えることで、より深い味わいに。

大根やにんじんは繊維をタテにして細切りすると、食感がよく、火の通りも早くなるそう。他の具材も細切りにすることで、食べやすくなります。

こてらさん:
「鮭や鰤のアラ(お酒を振ってひと塩してから湯振りします)で出汁を取ってもいいですし、せりやゴボウ、薄切りの豚バラ肉で作ってもおいしいです。自由度の高いレシピなので、冷蔵庫にあるもので作ってみてください」

 

好みにあわせて、味噌を追加しても。

酒粕は味噌とちがって塩分が含まれていないので、好みに応じて量を調整できるのもいいところ。

こてらさん:
「私は酒粕が大好き!なので、たくさん入れてポタージュみたいに、とろりと仕上げるのが好きですが、ちょっと強いと感じたら、酒粕を半量にして味噌を追加するとまろやかになります。少しずつ加えて、お好みの分量を見つけてみてください。

そうそう、酒粕選びは、ご自分が好きなお酒の酒粕を使われるのがいいと思います。酒粕とひと言では括れないほど、いろんな味がありますからね」

 

レシピは動画でおたのしみください。

レシピは、ぜひ動画でおたのしみください。

【材料】(4人分)

・塩鮭(中辛)…2切れ
・大根(せん切り)…80g
・人参(せん切り)…40g
・ちくわ…2本(70g)
・油揚げ…80g
・こんにゃく…1/2p
・酒粕(板粕)…120g
・薄口醤油…小さじ2
・塩…小さじ1
・青ネギ(斜め切りにして水にさらす)…適量
・七味…適量

【作りかた】

1. 塩鮭は沸騰した湯に10秒ほどくぐらせて水にとり、うろこを取り除いてから小さめの一口大に切る。
2. 大根と人参、ちくわ、油揚げ、こんにゃくは細切りに。青ネギは斜め切りにする。
3. 水1L、塩鮭、2の具材(青ネギ以外)を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせる。弱火で野菜が柔らかくなるまで煮る。
4. 小さくちぎった酒粕と3の煮汁適量を合わせてすり鉢でするか、ハンディミキサーで滑らかにする。
5. 鍋に4を入れて火にかける。ひと煮立ちしたら塩と薄口醤油を加え、味見をして薄いようであれば塩で味を調える。器に盛り、青ネギをのせ、お好みで七味をふる。

 

チャンネル登録で最新動画をチェック!

YouTubeでチャンネルを登録していただくと、最新話のお知らせが受け取れるようになります。モーニングルーティン番組や、ドキュメンタリー、ドラマ『青葉家のテーブル』などのバックナンバーもあわせてお楽しみください。

 

もくじ



こてらみや

料理家・フードコーディネーター。素材のおいしさをシンプルな調理法で引き出した料理を得意とする。ライフワークは、旬の食材でびん詰めを作ること。また、初夏は梅干し、冬は味噌や漬けものと、一年中仕込みものを楽しんでいる。Instagram:@osarumonkey

▽こてらさんの著書はこちらから

 

 


本日の編集部recommends!

調理道具の選び方
伝説の家政婦・タサン志麻さんが愛用する「ティファール」の魅力【SPONSORED】

「クリスマス限定ギフトバッグ」 どれにしようと悩む時間も楽しいひとときに。
今年一年頑張った自分へのご褒美に、大切な方へのプレゼントに、ぜひご覧になってみてくださいね◎

冬のおしゃれは、小物でぐっと可愛く◎
「ショール」や「手袋」など、本格的に寒くなってきた今から迎えたい冬小物が揃っています。

【動画】わたしの朝習慣/ morning routine
長年の夢だった平屋暮らしをスタート。ゆったり海辺で過ごす朝時間。

VIDEOカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像