【メイクのはなし】付け心地や発色は?リップとアイカラー、私物コスメと合わせたからこそ分かったこと(スタッフ筒井編)

編集スタッフ 岡本 編集スタッフ 岡本

この特集では「雑貨のように、インテリアのように、洋服のように」という思いを込めて誕生したオリジナルメイクアップシリーズを、スタッフが使うなかで感じたリアルな声とともにご紹介しています。

すでに日頃のメイクで活用いただいている方はもちろん、「自分に似合う色が分からない」「実のところ使い心地ってどうなんだろう?」と迷われている方にも、参考にしていただけたら嬉しいです。

話を聞いたのは、スタッフの中でも特に「コスメ好き」な3名。斉木編星野編につづき、今回はコーポレートグループの筒井に聞いてみました。

 


コーポレートグループ筒井

「トライの数だけワクワクに出合えるから」


ふだんのコスメ選びのポイントは?

筒井:
「私の場合、コスメそのものというより、コンセプトやアイテム展開の仕方、店頭での接客など、ブランド全体を好きになって選ぶことが多いです。ひとつのブランドに没頭するので、ある時期はポーチの中がTHREEばかりでグレー一色になったこともありました。今はwhomeeにはまっているので、徐々にピンクが増えていますね。

そして惚れ込んだブランドから商品を選び、それぞれにどんな特徴があるのか探求するのが面白いんです。

どこか研究者のような気持ちでメイクアイテムを見ているところがあって、『これは黄色に見えるけど、まぶたにのせるとベージュになるなあ』とか、『目のキワに細くラインを引くだけでシャキッとした印象に見えるんだ』と、日々実験を繰り返しています。

けっこう臆さず試していて、太い眉メイクをやりすぎて「眉毛がつながっているように見えるけど大丈夫?」と夫に言われたり、普通の日なのにパーティメイクのように目をキラキラさせて会社の先輩をびっくりさせたことも(笑)

そんなトライがありつつも新しい発見があるたびにワクワクして、コスメの持つ力にまた引き込まれていくんです」

 


私にフィットした理由、リップ編
「ゴールドのスキンジュエリーを纏うように」


筒井:
「細かいゴールドのラメがちょうどいい塩梅で、とっても上品ですね。小さなゴールドのピアスをつけているときの、さりげない存在感に近い気がします。

ブラシを使わず直接塗っても大丈夫。ラメ入りは荒れやすい傾向があって避けていたのですが、これは平気でした。口紅が苦手で避けていた人にこそ試してほしいアイテムです」

01_アミュレットレッド

筒井
「唇の色と相まって、綺麗に発色する絶妙な色合いです。自分の唇と馴染んで、表情を明るく見せてくれるリップってなかなか出合えないんですよね。まさに『私にフィットした』感覚がありました。今回のシリーズの中でも一番気に入ったアイテムです。

直塗りした雰囲気も私は好きですが、指につけてぽんぽんとのせる感じもナチュラルで素敵だと思います」

02_ウィッシュオレンジ

筒井:
「本体は少しくすんだ色味ですが、こちらも唇にのせるとちょうどよい発色具合。

細かなラメのおかげで元気な印象になりすぎず大人っぽく仕上げてくれるので、オレンジのリップを試したことがないという方にもおすすめしたいです」

 


私にフィットした理由、アイカラー編
「ひとつで何役もこなす優秀アイテム」


04_フィーリングブラウン

筒井:
「このアイカラーは、発色の良さに驚きました。ブラシで一回ざっと塗るだけでもきまるのが新しい感覚です。発色もラメもしっかりしているので、アイカラーがこの一色だけでOKなのが嬉しいですよね。

二重の幅にたまって線になってしまったり、下まぶたにラメが飛んでしまうこともなく、付け心地もよかったです。

すりがらすのようなグレーのパッケージもきれいで、好きなポイント。フタを開けずに中の色がわかると、付けたい色を迷わず選べて助かります」

筒井:
「ひとつのアイカラーでいろいろな付け方ができるのも魅力のひとつ。上から、指・ブラシ・チップで試したところ、それぞれに異なる表情があって使い勝手がいいですね。

手持ちのアイカラーは発色弱めでマットなものが多いのですが、いざ使ってみると『こういうのもありかも』とまた新しい気付きがありました。実際に試さずにトライする面白さはオンラインショップならではなので、メイクでそういった出合いを体験できて嬉しかったです」

オリジナルメイクアップアイテムをはじめ、私物とも交えてお届けしたスタッフ3名のメイク事情。

ここ数年、同じリズムを刻むように毎日のメイクをしていたけれど、少し手を止めて鏡に映る自分を見つめては「こんな色なら試してみたいかも」と想像を膨らませる時間が増えました。

「雑貨のように、インテリアのように、洋服のように」

そうして生まれた当店のメイクアイテムが、皆さんの暮らしを楽しむ小さなきっかけになれば嬉しいです。

(おわり)

▼筒井が選んだアイテムはこちら

 

▼「選ぶならどのカラー?」動画でもご紹介中

▼すべてのメイクアイテムはこちら

もくじ

第1話(6月9日)
【メイクのはなし】当店オリジナルメイクアイテム、なに使ってる?コスメ好きスタッフが選んだお気に入りの一本(スタッフ斉木編)

第2話(6月10日)
【メイクのはなし】万能アイカラーを味方に。大人が似合うきらめきメイクを楽しみたい(スタッフ星野編)

第3話(6月11日)
【メイクのはなし】付け心地や発色は?リップとアイカラー、私物コスメと合わせたからこそ分かったこと(スタッフ筒井編)

第4話(8月27日)
【メイクのはなし】くすみカラーなら、単色で垢抜けた雰囲気に。コスメ好きママスタッフの似合う色の見つけ方(商品プランナー 中居編)

第5話(9月10日)
【メイクのはなし】引き算方式で必要なものだけをシンプルに。暖色系アイテムで脱・マンネリメイク(編集チーム 田中)

第6話(9月23日)
【メイクのはなし】洋服を目印に色を選んでみたら……。服好きスタッフのお気に入りメイク(商品プランナー加藤編)

第7話(10月7日)
【わたしの朝支度】組み合わせって楽しい。洋服選びから始まる朝支度(デザイナー 波々伯部)

第8話(10月20日)
【わたしの朝支度】まずは鏡で自分の顔をのぞくところから。子育て中ママスタッフの身支度(編集スタッフ 齋藤)

第9話(11月4日)
【わたしの朝支度】内側から体を温めて活動モードへ。朝が苦手なスタッフのスイッチの入れ方(動画チーム 鈴木)


本日の編集部recommends!

在宅ワークのコツ
集中を保つためにどうしてる? スタッフ2名の「リモート事情」[SPONSORED]

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

【最新動画】あそびに行きたい家
模様替えはトライ&エラー。工夫を楽しむ暮らし(編集スタッフ・小林宅)

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像