【スタッフコラム】ラーメン屋に脱走した、ある夜のこと

編集スタッフ 小林

最近、夫と仲がいいんです。(といっても、元々別に仲が悪かったわけではないので、なんだか変な話になるのですが)

いろいろなことを積み重ねたおかげ?なのかもしれませんが、おそらく、単純に自宅で2人で過ごす時間が長くなったからだろうと思っています。

正直に告白しますと、実はわたし、誰かと同棲する生活がどうにも辛くって。

元々自分で自分の生活をコントロールしたいという欲求が強く、さらにひとり暮らしが最高に最強に好きなので、相手が誰とか関係なく、快適とは言い難いんです。

今はそう堂々と断言できるようになったのですが、これをしっかりと自覚する前、まさに結婚して1年も経っていない頃のこと。

ある夜にふと「なんか、いやだ」と思って、プチ家出をしたことがあります。

▲食べたこともない「ビスコッティ」を作ろうとして岩石を生み出した結婚半年目

当時夫は仕事が忙しく、寝るために家に帰ってきているような人でした。

それに反して、わたしはそのとき偶々仕事をしておらず、家にずっといる生活。スーパーとコインランドリーに行くことだけが、唯一の外出でした。

それまで仕事が激務だったことや、元々インドア派だったこともあって、最初のうちは「こんなに穏やかで幸せな時間があるんだ〜」と、いたく感動したものです。

とはいえここは2人の家。だから慎ましくとも、なんとか暮らしを心地よくしなければ。きちんとしなければ。夫ができないぶんは、わたしがやらなければ!

そう思って鼻息荒く、細かいところを掃除したり、作ったことのない料理を作ってみたり。きっと引け目もあったのでしょう。全力で肩に力を入れ、あらゆる不慣れなことをしようとしていた気がします。

きっかけはなんだったのか、今でもわかりません。確かその日も夫は残業で、深夜11時ごろだったでしょうか。

ひとりぼっちの家の中、ただその日その瞬間突然「なんか、いやだ」と、どうにも耐えがたい衝動がむくむくと湧いてきて、我慢できず、お財布ひとつでふらりと家を飛び出してしまったのです。

けれど、どこか行くアテがあったわけでもありません。夜も遅いから、誰かに連絡するのも気が引けます。(そもそも携帯を置いてきてしまったのです)

自分でも、自分がどうしたいのかがさっぱりわからず、困り果てたわたしは、何故か近所のラーメン屋へ入りました。

とりあえずレモンサワーと餃子を頼み、「これからどうしよう」などとぼんやり思いつつも、熱々の餃子をのんきに頬張って。

結局、餃子を食べきる前に、夫に見つかってしまいました。

きっと何かを察したのでしょう。ただ無言でカウンターの真横の席に座られ(気まずい)、無言でお互い餃子とレモンサワーを食し(気まずい)、何事もなかったかのように大人しく(それはそれで怖い)、そのまま2人でとぼとぼ家に帰りました。

何か思うところがあったのか、翌日になっても夫は全く怒りませんでした。

夜遅くに家に帰ってきたら携帯も置きっぱなし、電気も付けっぱなし、なのに財布だけない。最初はコンビニかな?と思ったけど、どうもおかしい。

とりあえず近所のコンビニを見に行ったけれど、どこにもいない。

心配でどうしようかと焦っていたら、なんと目の前のラーメン屋で、わたしが餃子をボケ〜っと食べているところを発見したのです。

今となっては「ラーメン屋脱走事件」として、我が家ではことあるごとに笑い話として語られていますが、もしもわたしが逆の立場だったら、とてつもなく心配し怒ったことでしょう。(本当に心から反省しております)

ただ、その喧嘩にもならないような、たった1時間程度のプチ家出が「多分お互いにこのままじゃダメだよね」という認識を、我々にもたらしたのだと思います。

▲わたし用の冷凍ご飯。左はわたしの寝相で、右はわたしの寝起きの髪型(画・夫)とのこと。

あの頃とは、仕事も、住まいも、考え方も、全てが変わりました。そして変わってもまだまだ、新たに気づくことがたくさんあります。

ずっと自分ばかりと不満に思っていた家事のこと、綺麗にするという概念がどのように違うのかということ、お互いに何が気になって何が気にならないのか、今日の料理は何を考えてどのように作ったのか、自分は1日をどんなリズムで過ごしたいのか。

結婚して4年経っても、未だ些細な点ほどズレがあり、それが無意識のうちに互いのストレスになるんだと自覚する場面はたくさんで。

なんとなく擦り寄ろうと「なんでもいいよ」とか「じゃあそれで」など、ふんわり相手に委ねてしまっていた部分(ある意味責任を放棄してきた適当な部分)もあったのですが、どうやら最近はちょっと様子が違ってきました。

長時間家にいる故に「ここは自分の家であり、暮らしである」という自覚が、互いに等しく、強く出てきたし、具体的な話し合いの機会が、圧倒的に増えたように思います。

▲最近夫にコロッケを作ってもらったら、わたしより上手でした(案の定台所はひっちゃかめっちゃかでした)

もちろん誰かと生きるのを選んだ以上、完璧に自分の暮らしをコントロールすることなど、まず不可能な話。

どんなに話をしたところで、結局それぞれ別の人間なのだから、意見や好みがピタリと一致することなど、今後一生ないでしょう。

きっと「ひとり暮らしって最高だったよな〜」と、ことあるごとに想いを馳せ、自分の理想の暮らしを果てなく妄想し続けては切なくなることも、やめられないでしょう。

けれど何かしらの新しい方法を編み出そうと、二人して必死にない知恵を絞るのは、それはそれで楽しいかもと思えるようになったので。

おそらく当分の間は、深夜のラーメン屋に脱走することはなさそうです。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像