【スタッフコラム】十年前の自分と対面したかのような出会い

編集スタッフ 田中

すっかり寒くなって、秋ですね。

今年の夏の私は、ど派手なスニーカーを買いました。それは最初、私の足元はおろか、うちの玄関にも不似合いで。なんだか勇気が出なくって、天気がなぁ〜とか言い訳しながらまだ履けずにいたのです。

思い切って履いて出かけたある日の帰宅後、たくさん汗をかいたのでいの1番にシャワーを浴びて廊下を歩くと、玄関が、まだまだ〜!と、励ましてくれたように思えたのです。

私には眩しすぎるそのスニーカーが先頭に立って、スクラムを組んでいるようでした。毎日は履けそうにないけれど、たまの休日や、ちょっと元気を出したい日に。

そういえば、久しく会えてないけれど、そんな友達がいました。

会えば、あれやこれやと喋りたおして、そしていろんなところに連れていってもらって、お互い元気になっておやすみを言い合った仲の友達が。あの子は今頃どうしてるだろう。ああ、会いたくてたまらなくなりました。

人と知り合うことがすっかり減ってしまった近頃。先日、ひょんなご縁で十も下の方とお話する機会がありました。

話していると、その年頃の私に似ているような…。彼女の頭の中をいっぱいにしているであろうその話題は、いつしか些細なことに思えるようになってしまうかもしれない。でもその些細なことを考えていた時間が愛おしいな。そんな風に話を聞いた自分に、あれから十も歳をとったのね、と驚きながら。

みんなそうなのでしょうか。まだ若輩者なわたしにははじめての経験で、予想もしないタイミングで十年の月日を思い起こさせられて、ドキドキと興奮してきました。

「その頃にはもう戻れないんだな〜」と懐かしくもさみしい気持ちで思っていると、彼女は「だから私、今の気持ちを忘れないように日記をつけているんです」と話しました。

過ぎてしまうと戻れないことがわかっているから、せめて思い起こせるように記録しておく。

そんな会話をした数日後、昔の自分はどうだったかなと、SNSを遡って投稿を見てみました。

何年かに一度、やっては後悔する恥ずかしい記憶との対面です。

でも今回は不思議と、恥ずかしいけれど、嫌じゃなかった。あの頃の自分も、ありのままで肯定できると思えたような。

寒くなると、ついつい物思いにふけってしまってよくないですね。

彼女が私と同じような十年を辿ることなんてきっとないし、そうだったとしても何も言ってあげられることはないはずなのに、現在の自分を棚に上げて、彼女の未来に幸あれと願う、そんな出会いのあった夏から秋への変わり目でした。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像