【スタッフコラム】奥深いサンドイッチづくり

お客様係 西 お客様係 西

最近、わが家の休日ごはんの定番にサンドイッチが仲間入りしました。

きっかけは、ずっと気になっていた近所の食パン専門店で、念願の食パンを手に入れたこと。

お店に伺ったのが夕方だったからか半斤はすでに売り切れで、残りは「1斤サイズ」のみ。2人暮らしなのに1斤食べきれる?と一瞬ためらいましたが、ふわふわな食パンを食べてみたいという気持ちが勝り、えいっと奮発。たまに袋から香る匂いを嗅ぎながら、予想以上に大きな食パンを抱えてウキウキと帰路につきました。

翌日、日曜日のお昼ごはん。さぁ、どう食べよう。

ふわふわな食感をできるだけ日が経たないうちに味わいたいし、せっかく1斤もあるからと、サンドイッチをつくることに。

冷蔵庫にあったものを中心に用意した具材は、たまご、コンビーフ、トマト、きゅうり、ハム、チーズ。テーブルにずらっと並べて、思い思いに重ねていきます。

まずは大好きな卵から。実は大人になってから初めてのサンドイッチづくり。手探りで作ったものの、なかなかいい感じです。

「せっかくだからきれいな断面にしたい」と意気込んでいたこともすっかりと忘れて食べ進めている隣で、夫は黙々と具材を仕込み、切り込みを入れています。その断面の美しいこと。そうそう、作りたかったのはこれだったと思い出しました。

見た目の美しさもさることながら、ひと口もらって驚いたのはその味。同じ具材を使っているはずなのに、すごく美味しいんです。挟む順番でこんなに味が違うんだ! と大きな驚きでした。

さっそく真似していろんな具材を組み合わせてみるものの、コンビーフの味しかしない……。どうしてこんなに上手なの?と聞くと、昔お母さんがよく作ってくれて、夫も手伝っていたそう。

夫曰く美味しくつくるポイントは、ただ具材を挟むのではなく、どんな味・食感にしたいかゴールをイメージしながら具材の組み合わせを考えること。長らく一緒に過ごしてきましたが、こんな特技があったとは。つくるのも食べるのも楽しいサンドイッチの魅力と、夫の新たな一面を再発見した1日でした。

これまでパン屋さんで何気なく手に取っていたサンドイッチもお店の方の試行錯誤がつまった一品なのだと感じ、これまで以上に興味津々。お店に立ち寄ると、思わずまじまじと眺めてしまいます。

まだ一歩踏み出したばかりの奥深いサンドイッチの世界。「ん〜!美味しい!」と食べる自分たちの姿を思い浮かべながら、今週こそはとびきり美味しく作りたいなと静かに燃えています。


本日の編集部recommends!

家族はめぐる
巣立つ子におろおろしながら気づいたこと(文筆家・大平一枝さん)【SPONSORED】

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

3つの新デザインで登場!
当店オリジナル段ボールが、3年ぶりにリニューアルしました!

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像