【春コーデを楽しみたい】後編:どんなアイテムもシックにまとめる、春いちボトムス「ネイビー」の着まわし術

編集スタッフ 田中 編集スタッフ 田中

毎年この時期になると、冬服にちょっぴり飽きてしまいます。色や柄ものが気になったり、いつもと違う雰囲気の服で背伸びしたくなったり。

そんなとき頼りになるのが「春いちボトムス」です。

今回は、春いちボトムスを使っておしゃれ欲を満たすべく、スタイリストの高上未菜(たかうえ みな)さんにコーディネートを依頼しました。

前編は「ペールグレー」との組み合わせを。後編は、シックにまとめたいときに重宝する「ネイビー」とのコーディネートをお届けします。

前編「ペールグレー」はこちら

 

スカーフに挑戦したいとき
コーデをまとめるコツ

ジャケット¥24,000/F.McGREGOR、靴¥18,000/ADIEU TRISTESSE

いつかはチャレンジしたいスカーフのおしゃれ。けれど、トップスの色味とどう合わせよう?と迷ううちに、結局クローゼットにしまいこんだままなんてことも。

そこで、スカーフとトップスの合わせ方を高上さんに聞いてみました。

高上さん:
「このコーディネートには今おすすめのくすみカラーのトップスを持ってきました。そのくすみカラーとスカーフを合わせるなら、パキッとした色や柄が入ってるものを選ぶと、メリハリがついて顔色も明るくなると思います」

さらに、全体をシックにまとめてくれるのが、ネイビーの春いちボトムス。色柄のあるスカーフやトップスには、ネイビーやブラックなど濃いめの色のボトムスを合わせると大人っぽい雰囲気を作りやすいのだそう。羽織りものは、ボトムスと同系色のものを合わせて、さらにまとまりよく。今回はデニムジャケットと合わせました。

(スカーフ/スタイリスト私物、アクセサリー/nezu

高上さん:
「私はいつも全体のバランスを見ながら、最後に彩りを添えるイメージでスカーフのおしゃれを楽しんでいます。

例えば、白いトップスにネイビーのボトムス、他がシンプルならアクセントになるような明るめの色や柄が大きめのアクセントになるようなスカーフにしたり。逆に、ストライプシャツなど柄物のトップスなら、ベージュなどのニュアンスカラーや細かい柄のスカーフを合わせたりします」

このコツを聞けて、スカーフのおしゃれに近づけたように思います。

 

 


ボーダーを大人っぽく着こなす
フレンチカジュアルの作り方

ボーダーカットソー¥15,000/ARMEN、カーディガン¥14,000/F.McGREGOR

季節の変わり目になると、なぜか着たくなるボーダートップス。ただ、最近はカジュアルになりすぎてしまうのが気になっています。

高上さん:
「裾をボトムスにインしてウエストマークを作り、ボーダーの分量を少なめにすることで、カジュアルというより、上品な印象に仕上がります」

色数が少ないボーダーコーデには、赤をアクセントにしたいところだけど、やりすぎかな?と感じる時は、マスタードカラーが便利だそう。目立ちすぎることなく、ちょうどいい塩梅の差し色になってくれるといいます。

高上さん:
「ボーダーとデニムは定番の組み合わせで好きなのですが、カジュアル感が増します。大人っぽくまとめたいなら、春いちボトムスはぴったりだと思います。

裾にインしたときの絶妙なシルエットに、柔らかさのある生地で、ラフすぎず、シックな雰囲気に仕上がりました」

さらに、ボトムスに合わせて小物をすべてダークカラーで統一することで、シックさが増すのだとか。

(全てスタイリスト私物)

 

 

春さきどり「シャツワンピ」を
上品なカジュアルコーデにするなら

ニット¥12,000/F.McGREGOR、シャツワンピース¥19,000/F.McGREGOR

最後に、まだ寒いけれど、ニットはもう飽きたというときに。シャツワンピースを上品に着こなす組み合わせを教わりました。

高上さん:
「ニットの上にシャツワンピを重ねると、見た目が軽やかになって春っぽさを先取りできます。このときモノトーンなどのニットを選びがちですが、あえて赤を持ってくると、顔色も明るくなるし、差し色のおしゃれも楽しめます」

高上さん:
「シャツワンピースにはネイビーとブラウンの格子柄を。ボトムスのネイビーとも馴染むし、ベースが白い地なので春の爽やかさが増します。

足元は、白いリブソックスとキャメルのローファーと合わせてトラッドな雰囲気を出すと、品のあるカジュアルコーデにまとまります」

シャツワンピースにハイネックニットは定番のコーディネートですが、色や小物の合わせ方で、大人っぽく仕上がるのだそうです。

 


 

カジュアルなボーダーカットソーやシャツワンピース、ちょっとハードルの高いスカーフも、ネイビーの春いちボトムスでシックにまとめられるのは嬉しい発見でした。

冬と春の合間、おしゃれ心がむくむくと湧き出すころ。春いちボトムスとなら手持ちの服との組み合わせにも困らず、冒険アイテムへの挑戦も安心して楽しめそうです。

さて、この春はワードローブに何を追加しましょうか?

 

photo:濱津和貴
styling:高上未菜

 

もくじ

第1話(3月4日)
一歩先のおしゃれが叶う、春いちボトムス「ペールグレー」をつかったコーデ集

第2話(3月5日)
どんなアイテムもシックにまとめる、春いちボトムス「ネイビー」の着まわし術

記事に登場した当店アイテムはこちら

– 衣装協力 –  掲載アイテムのお問い合わせ先

F.McGREGOR(フェリシティ 原宿)  03-3478-3305
ADIEU TRISTESSE(アデュー トリステス) 03-6861-7658
ARMEN(ビューカリック&フロリック) 03-5794-3553

※表記のないものはスタイリスト私物もしくは、当店アイテムです。

 

高上未菜

スタイリスト。南 拓子氏に師事後、2009年に独立。『FUDGE』、『kiitos.』、『リンネル』などの雑誌を中心に、WEBサイト、カタログなどで活躍中。instagram→@minatakaue16

 


本日の編集部recommends!

はじめたこと、続いていること
意気込みはいらない?エッセイスト柳沢小実さんに聞く、自分に合った習慣づくり【SPONSORED】

送料無料キャンペーン4/28(水)18時まで!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

わたしの朝習慣
仕事前のひとり時間を有効活用。気分に合わせて選ぶ「朝ごはんのお供」

ついに決定!映画『青葉家のテーブル』6/18(金)全国劇場公開♩
片桐仁・蛙亭の中野周平など追加キャスト&本編予告動画も発表です!

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像