【フライパンで15分】03:たっぷりレタスでお肉を食べる「豚こま肉のしょうが焼き オイスターソースがけ」

ライター 瀬谷薫子

忙しい夜にもフライパンひとつでちゃちゃっと作れ、家族が喜ぶ肉レシピ。今回は料理家の今井 真実(いまい まみ)さんに全4品を教わりました。

3品目は豚こま肉の炒めもの。今が旬のレタスをたっぷり入れた、食感も楽しいひと皿です。
その他のレシピはこちらから

 


仕上げのオイスターソースがミソ!
豚こま肉とたっぷりレタスのしょうが焼き


 

材料(2人分)

豚こま切れ肉…150g
レタス…2/3玉(150〜200g)
しょうが(すりおろし)…1.5cm分(15g)
小口ねぎ(あれば)…適量

しょうゆ…小さじ2
油…小さじ1
オイスターソース…小さじ1

 

作り方

1.豚こま切れ肉を炒める

豚こま切れ肉は1.5cm幅に切り、フライパンに散らすように並べたら火をつけて、中火で炒める。

肉が白っぽくなってきたら、しょうゆ、しょうがを加えて火が通るまで炒める。

今井さん:
「レタスと油をなじませたいので、豚肉は油を入れずに炒めて。そうすることで、全体的に油っぽくならずに仕上がります」

 

2.レタスを加えて炒める

レタスを大きめにちぎり、肉の上にのせる。油を全体にまわしかけ、菜箸とゴムヘラでレタスと肉を手早く絡めるようにしながら炒める。

レタスのかさが少し減り、油が全体にまわってツヤっとしたら火をとめ、お皿に盛る。

熱いうちにレタスにオイスターソースを回しかけ、刻んだ小口ねぎをぱらりとかければ出来上がり。

今井さん:
「レタスは余熱でも火が通るので、半生くらいのタイミングで火を止めるのがポイントです。

オイスターソースは火を止めてからかけることで、レタスから水分が出ず、しゃきっとした食感に仕上がります。

ねぎの代わりにパクチーを散らしたり、レモン汁やお酢をかけてもおいしいですよ」

オイスターソースが絡んだレタスは、大きめにちぎったので食べごたえ十分。肉よりレタスが主役に思えるほど、これだけでご飯がすすみます。

やわらかい豚肉としゃきっとしたレタス、交互にくる食感も楽しいひと皿。定番のしょうが焼きにちょっと飽きたら、レタス+オイスターソースの新しいおいしさを試してみてはいかがでしょうか。

 

【写真】佐々木孝憲


もくじ

今井 真実

料理家。noteに綴るレシピやエッセイ、twitterでの発信が幅広い支持を集め、さまざまなメディアでレシピ制作、執筆を行う。近著に『フライパンファンタジア』(家の光協会)、『今井真実のときめく梅しごと』(左右社)などがある。Instagram:@mamiimai


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像