【私たちの手みやげ】01:帰省や差し入れのとっておきの定番に。スタッフ太鼓判の「あまいもの」4選

編集スタッフ 藤波

久しぶりに会う家族や友人、仕事で会う方へ。心ばかりの贈りものを用意したいシーンは、意外とよくやってきます。

誰かを想って手土産を選ぶのは楽しいけれど、「気に入ってもらえなかったら」「甘いものが苦手だったら」「見た目もかわいいものを」……と、いつも少しのそわそわと隣り合わせ。

「これ、よかったら」と自信を持って渡せるものが一つでもあったなら、きっと心強いはずです。

そこで、当店スタッフに聞いたとっておきの手土産をぎゅぎゅっと集めてみました。まずご紹介するのは、かわいくて美味しい「あまいもの」4選です。

 

帰省の定番になった、
サクじわ食感のチョコクッキー

スタッフ井戸
「私の一押しは、夫婦それぞれの実家に買って喜ばれた『ピュアココ』。それ以来手土産の定番になっています。

最初は、箱のかわいさに一目惚れしました。丸い箱って、なんだか特別な感じがしてうきうきしますよね。鹿児島睦さんのイラストが大人っぽく上品で、色合いも華やかなところが贈り物にぴったりだなあと。

ピュアココはサクサクのシュー生地をチョコでコーティングしたお菓子なのですが、重たくないのでついぱくぱく食べてしまいます。口に入れると、サク!じわ〜!と美味しさが広がり、大好きな味です」

スタッフ井戸
「帰省したときは、コーヒーを淹れてもらってみんなでおやつの時間に食べました。

箱の中にぴちっと整列しているのではなく、個包装でがさっと入っているので、なんとなく遠慮せずに手に取れるのもいいです。

カラフルな箱の印象もあってか一度持って行ったことを覚えてくれていて、その次からは『これこれ!』という反応で喜んでもらえて嬉しかったです」

【ピュアココ】
・ピュアココ ホワイト&ミルク 24個入 2,700円
・ピュアココ ラズベリー 7個入 860円

https://cheesegarden.jp/collections/pure-coco-1

 

箱にぴっちり並んだ、
すりガラスみたいな寒天菓子

スタッフ小西
「以前
展示会でいただいてからずっと気に入っている『菓匠 花桔梗』寒氷。地元名古屋のお菓子なので、職場への帰省みやげとして重宝していました。

ほかにも、年上の知り合いの家にお邪魔するときにもぴったりで。老舗の落ち着いた雰囲気の包装からかわいらしい小さなお菓子が出てくるので、第一印象で喜んでもらえることが多いです」

スタッフ小西
「寒氷はスリガラスのようにほんのり透明感がある、美しいお菓子。寒天をとかし固めて作られているそうで、周りのシャリっとした食感が面白いんです。 

小さくて甘さが控えめで、ケーキや焼き菓子などより気軽につまめるので、年齢問わず喜ばれるのかもしれませんね」

【菓匠 花桔梗】
名古屋銘菓 寒氷 1,500円
https://hanakikyo.theshop.jp/items/67167177

 

好きな割り方で楽しめる!
カフェオレベースとシロップ

スタッフ齋藤:
『SHOZO COFFEE』は以前からとても好きなお店なのですが、那須にある実店舗を思い出しながらオンラインショップをふらふらする時間も好きでして。

かわいいパッケージの食品がたくさんで、見ているだけで楽しいです。スコーンやシロップなど種類が豊富で金額も幅があるので、渡す方を想像しながらじっくり選んでいます」

▲シロップは炭酸割りのほかにもアルコールドリンクやヨーグルトにかけるのもおすすめだそう

スタッフ齋藤:
「クリスマス近くはオリジナルのジャムが販売されていたので、取材先への手土産で渡しました。チーズに合わせたりスコーンにのせても美味しそう!と、渡した方と一緒にその場で盛り上がりました。

今の季節だったら、カフェオレベースミニシロップが涼しげで夏の手土産にぴったりだと思います。

シロップはジンジャー、レモン&ライム、ローズヒップ&ハイビスカスの3種類。味を想像するだけでもワクワクしますし、好きな割り方で楽しめるのでどんな方にも渡しやすそうです」

【SHOZO COFFEE】
・カフェオレベース(あまい) 1,350円
・ミニシロップ3種セット 1,600円
https://shozocoffee.stores.jp/

 

黒ごまに櫻小豆、かりんとう。
日本うまれの和なアイス

スタッフ馬居:
「恵比寿と京都に店舗がある『Japanese ice OUCA』のアイスが大好きで。ついつい寄っては店頭でも食べるのですが、子どもがいる同僚たちとの集まりに持って行ったところ好評でした。

4種類のアイスをたっぷり詰めてもらえる大盛りを持ち込んだところ、まず見た目に子どもたちが大興奮。それぞれのペースでいろんな味を少しずつ食べられるのが、大勢の集まりには良かったです」

スタッフ馬居:
「フレーバーは牛乳、抹茶、櫻小豆、黒胡麻、かりんとう、黒糖ほうじ茶、きなこ黒蜜など、ミルクベースの和風の味が定番。

ほかにも旬の果物やすいか・トマトなどの氷菓もとっても美味しいです。

ネットショップもあるので、我が家は内祝いとしてアイス専用のスプーンといっしょに配ったことがあります。今の季節だとお中元にもよさそうですね」

【Japanese ice OUCA】
六味ギフト 4,300円
https://www.winwin-select.com/

※アイテム・金額は2023年7月時点の情報です。

***

定番の甘いものだけれど、ドリンクやアイスという選択肢が新鮮でした。

迷ったときには、相手が自由に楽しめるものを選ぶのも手土産選びのコツかもしれませんね。

明日は変わり種になる「しょっぱいもの」をご紹介します。お楽しみに。

(つづく)

【写真】滝沢育絵

雑貨コーディネーター オモムロニ。さんの
「ときめく手みやげ」はこちら


もくじ


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像