缶詰をめぐる冒険

2016年7月4日(月)

【缶詰をめぐる冒険】第1話:パッケージ買い!「かわいい缶詰」を食べてみた。

編集スタッフ 長谷川 編集スタッフ 長谷川

160629_canning_12

 

知る人ぞ知るツナ缶の衝撃。

とある高速道路のサービスエリアにて。ふわふわと棚を眺めていたら、ドーンとたくさん缶詰が並んでいました。

地元ではもちろん、雑誌でも紹介され、知る人ぞ知るツナ缶であるらしい。ただし、お値段はいつも買うものの5倍くらいする。

うーむ、と一瞬思ったけれど、興味が勝ってひとつ買ってみました。これが「あと何個か買っておけば!」と後悔するほどおいしかった。身は肉厚でしっとりやわらか、浸かっているオイルの風味もよく、そのままでも調味してもおいしい。

それからすっかり「缶詰は、保存がきいて、手軽で、おいしいもの」と頭の中で印象が書き換わりまして、それこそ毎日のように缶詰を食べています。

 

気になる缶詰、試してみました!

スーパーで缶詰コーナーを見るようになってから、最近はパッケージがかわいかったり、高級な食材をつかっていたりと、手にしたくなる缶詰が増えたなぁと感じるようになりました。

そこで、この機会に未体験の缶詰をどっさり買ってトライしてみました。今日から3話の連載、題して「缶詰をめぐる冒険」に、どうぞお付き合いのほどを!

初回のテーマは「見た目がかわいい缶詰たち、お味はどうなのかしら?」です。

(※登場するアイテムは、スタッフが店舗またはインターネット通販で買ったものです。過去に購入したものを紹介しているため、現在手に入らないもの、パッケージの絵柄が変更になっている可能性もございます。どうぞご理解、ご了承いただけると幸いです)

 


もくじ

第1話(7月4日)
パッケージ買い!「かわいい缶詰」を食べてみた。

第2話(7月5日)
旅行気分で!「ご当地缶詰」が美味おもしろい。

第3話(7月6日)
驚きのツナ缶!ラクうまレシピで「ごちそう缶詰」の実力試し。


 

並べても絵になる、陶器みたいな花柄の鯖フィレ缶詰。

160629_canning_32
青い花柄に目が惹かれる、マルハニチロの「La Cantine」シリーズ。陶器みたいな見た目だから、食器棚に並べても似合いそう。

使われているのはノルウェー産の鯖。皮や骨、血合いをとりのぞき、オリーブオイルに漬けてあります。キャッチコピーの「ワインにフレンチ・マリアージュ」の誘ってる感に、お酒好きな僕はまんまと誘われてしまいました。

ちなみに、ここでいう「フィレ」とは、「三枚におろして骨を抜いた魚の切り身」の呼び方だそうです(鯖にそういう部位があるのかと思って調べてしまいました 笑)。

160629_canning_38

側面までしっかり花柄。積み上げる時ってこの面が見えますものね。いい感じです。

とはいえ、「デザインが良くても肝心の味はどうなのかしら……」なんて、いじわるな表情を浮かべながら、いざ開封。

大きめの身がドン!とお目見え。漬かっているオイルも澄んでいて、このまま「こちら、鯖のフィレでございます」ってサーブできそう。

すっとフォークが入った身はしっとりしていて、缶詰にありがちな固さは感じません。噛んでいくと塩気を感じますが、このままつまんで食べられるくらいの加減。

なるほど、これはたしかにワインね、マリアージュね、と思いながら水をひと口グッと飲む(仕事よ早く終わりたまえ)。

そのままでもおいしいのですが、骨ものぞかれていて使いやすく、素材としての「プレーンさ」を感じるのでレシピに活用したいところ。漬かっているオリーブオイルごと、茹でたてのパスタと絡めるだけで一品仕上がりそう!

 

しゃれた雰囲気まとってます。パンパンに詰まったパンの缶詰。

160629_canning_7

まるでホテルのロビーか、高級なチョコレートの包装みたいな佇まいを感じるパンの缶詰。ボローニャFC本社の「缶deボローニャ(メープル)」です。

プレーン、チョコ、メープルと味のバラエティもありました。元々は京都の祇園でオープンし、評判を呼んだ屋台のパン屋さんからスタートした会社だそう。

「デニッシュの美味しさを缶にとじこめました」の言葉が楽しみになるのですが、パンの缶詰って「乾パン」くらいしかイメージがない……どちらかというとサクサク、パサパサした食感なのかしら……。

160629_canning_27

缶を開けた瞬間に、おおっ、ふわーっとメープルの香り。ほとんど缶いっぱいに、薄葉紙にくるまれたパンがみっちり入っています。

160629_canning_28

ずずず……と引き上げてみると、思ったより大きい! 大人の握りこぶし1つ半はあるかなと思えるほどの高さです。

生地はみっちり詰まっています。そして肝心のパサツキ具合は薄葉紙の効果もあってか、生地はしっとりしていて感じませんでした。香りも食感も、缶詰だと言わればければ気づかないくらい!

メープルの香りや甘さが主張しすぎていることもなく、やさしい味わい。トースターであたためてみたら風味、食感ともにアップ。甘いパンが食べたいなーと、ふと思った時に戸棚で見つけたら絶対嬉しくなります、これ。

かなり食べごたえがあるので、ひとつでしっかりお腹もふくれます。この美味しさで保存期間は3年。このパンの缶詰、すごい。主食になれる。

 

開けるところから楽しい!デンマーク生まれのお肉缶詰。

160629_canning_8

どこかレトロな配色とデザインが愛らしい、チューリップ・フード・カンパニーの「Danish Pork Luncheon Meat(デニッシュ・ポークランチョンミート)」。

なんでもランチョンミート業界では、このデンマーク生まれのTULIPと、アメリカのHormel Foods(ホーメル・フーズ)が二大巨頭だそう。ホーメルのランチョンミートは「スパム」と呼ばれている、あれです。

TULIPのランチョンミートは沖縄県でよく食べられていて、メジャーな商品だとか。

160629_canning_25

カギ状のパーツをつかって、巻きつけるように缶を開けていきます。

キッチンを通りかかったスタッフが「こうやって開ける缶詰、昔は結構あったよねぇ」と懐かしみながら手伝ってくれました。子どもの頃、お母さんに「やっといて〜」と声をかけられる定番だったそうで。

パカン!と開けるのはラクですが、キリキリとゆっくり進めていくうちに、中のランチョンミートが見えていくとテンション上がります。

160629_canning_26

1cm厚くらいで切って、何もかけずに、シンプルにソテーしてみました。お、塩気がキツくなくて、おいしい!

肉汁がきらきらと切り口に輝くのも食欲を増してくれますし、食感も軽めでいいですね。噛んでいるとうまみが出てくるので、ビールなんかをぐいーっと合わせると大変よろしいのではないでしょうか。「お肉食べてる感」がしっかりあって嬉しい。

そのまま食べるだけでなく、料理の素材として使いやすそうですし、沖縄に思いを馳せつつチャンプルーにしてもおいしそう。とかく塩加減が適量で、食感が軽めなのがいいなーと感じます。

 

積みあげたい!オリーブオイル漬けの “サヴァ” 缶詰。

160629_canning_30

イエローカラーが売り場でもひときわ目を引く、岩手県産株式会社の「Ça va?缶」。

「Ça va?(サヴァ?)」はフランス語で「元気?」と声をかける時の挨拶なのだそう。ネーミングも含めて、ポップな雰囲気が伝わってきます。

160629_canning_33

開けてみると、やわらかそうな大きな身と、たっぷりのオリーブオイルが登場。

よくある「水煮缶」を思い浮かべながら開けてみたのですが、たしかにこれなら「オリーブオイル漬け」の文字が似合いますね。

サバはやわらかく煮えていますが塩気はあまりないので、素材として使うのが良さそう。オリーブオイルも有効活用して、サラダに使ってみるとか。

定番のパスタも良さそうですし、他の具材も加えてアヒージョに仕立てるのも……あぁ、うん、ワイン持ってきます。

 

お家でサクッとバル気分♪ おつまみ缶詰でワインを。

160629_canning_14

ワインが飲みたくなったところで、お手軽に家バルが楽しめそうな、こちらのシリーズにも手を伸ばしてみました。

マルハニチロの「TINNED(ティンド)」シリーズから「牛肉のシェリー酒煮込」を。缶を開けたそばから、シェリー酒の奥行きのある香りに、トマトの酸味が合わさって、グッと食欲をそそってきます。

そのままでもおいしいですが、あたためるとお肉のホロホロ感が増してGood! ガーリックトーストとかリュスティックみたいな、ちょっとかたーいほそーいパンと相性が良さそう。赤ワインおかわりください。

もうひとつ、同じくマルハニチロの「CASA de BAR(カーサ・デ・バル)」シリーズから「マッシュルームとムール貝のアヒージョ」です。

なかなかスパイシーな仕上がり。マッシュルームのプリっとした感じは、「これが缶詰?」とちょっとびっくりするほどイイ線いってます。ムール貝も粒感はちゃんとあり、どちらかというと「しっとり」タイプの味わい。

全体的に味がハッキリしているので、パンやクラッカーなどのシンプルなものと合わせたら、ワインおかわりコースに突入できます。お店同様にグツグツのアツアツでいただきたいところです。

どちらの缶詰も量はそれほど多くないのですが、味わいがしっかりしているから、お酒と一緒なら満足感ちゃんとあり。オードブル感覚でいただくもよし、いくつか持ち寄って楽しむもよしでしょうか。

 

明日はご当地缶詰で、小さな旅に出てきます。

160629_canning_21

結論、かわいい缶詰は、本格派の味ばかりでおいしかった!おみそれしました!

見た目が良いから、キッチンカウンターや食品棚にポンと置いても絵になりますね。調理道具のひとつというか、雑貨的な楽しみで缶詰をそろえてみるのも楽しそうです。

お気に入りの缶詰は登場しましたか? 食料品店やインターネット通販で手に入るものばかりですので、気になったものはぜひお試しいただければ嬉しいです。みなさんの“愛用缶”も聞いてみたいところ!

明日公開の冒険譚では「家にいながら国内旅行!ご当地缶詰の実力とは?」をテーマにお届けします。

(つづく)


もくじ

第1話(7月4日)
パッケージ買い!「かわいい缶詰」を食べてみた。

第2話(7月5日)
旅行気分で!「ご当地缶詰」が美味おもしろい。

第3話(7月6日)
驚きのツナ缶!ラクうまレシピで「ごちそう缶詰」の実力試し。


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
なんでもない日を記録しよう。石川家の「夫婦も主役」の家族写真

本日の再入荷アイテム
自分へのご褒美にもおすすめ!ケラススやFALBEの人気アクセサリーが再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像